挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

【true end】のその先 2

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/104

人形のまま

『……実は、道が分からなくなって。気がついたらここに流されてしまって……』


 と。
 まぁ。
 そんなわけで。
 ゼグロさんにここに来た流れを説明。
 ゼグロさんはなるほどとうなずき。



「迷子か」


 と。
 私の心を抉った……。


『えぇ。まぁ……』
「……でも、変だね。リースが言うような人ごみが城内に押し寄せたことも、城門があっぱらぱーなんて、ありえないことだよ」
『え? じゃぁ、私、どうしてここまで……?』
「さぁ? 不思議なこともあるもんだね」
『えぇ。本当に』
「さてと。泣き止んだことだし、仕事に戻らないと」
『あ……。ご迷惑をおかけしました』
「あぁ、いいって。気にしないで」
『ですが……』
「大丈夫大丈夫。じゃ、またね!」
『あ、はい』


 そう私が返事を返すよりも早く、ゼグロさんはいなくなっていました……。
 転移の術式ですね。
 さて。
 何十人でやっと発動して、転移できるのはたったの一人と言う祖国の王宮魔導師達は、この国ではどれほどの力の持ち主となるのでしょう…………?
 なんて。
 とてもとても失礼な疑問が頭をかすめた。
 だから私はその疑問を早々に忘れ。
 踵を返し、家路につきました。
 ……といっても、まぁ。
 人形になったまま城門を過ぎたところで、『何故人形になっているのか』を思い出したのでゲートを使って屋敷に帰りました。
 …………私ったら、うっかりし過ぎね……。
 でも。
 そんなうっかり屋な私でも、直接屋敷内にゲートを繋げるなんて事。
 出来るわけないでしょう……?
 だから私。
 良くわからないのだけれど、何処かの町の広場に居るの……。
 広場中央には色とりどりの花が植えられた花壇があって、その真ん中には今日の日付と現在の時刻。
 冬の90日の十一時二十三分を示している魔力掲示板があるの。
 私はそれを眺められる位置に置いてあるベンチに腰掛けて……人形のままだということに気がづいた。
 …………今更、人型に戻っても奇妙よね……。
 もう良いわ。
 このまま人形でいましょ……。
 ……あぁ。
 それにしても。
 せっかく市に出かけたというのに、何も買えなかったわ……。
 お姉様のお話だと、面白いものがたくさんあるとのことでしたのに……。
 はぁ……。
 …………あら?
 ちょっと待って。
 以前ミリーに掛けられていた記憶操作の術……。
 あれって、もしかして……たいしたことなかったのかしら…………?
 そして。
 私はそのたいしたことのない術を解除することすら――……やめましょう。
 空しくなるだけだわ……。
 過去の事は忘れましょう。
 それでなければ、この国の人々が異常なのだと。
 認識を改めましょう……。
 ……まぁ、今更なのですがね…………。

『うふふ……。空しい…………』

 泣きたくなるわ……。
 私はそこまで考えて、膝を抱えて立てた膝に頭を載せた。 

『どうせ……私なんて魔力が盛大に偏っててまともに扱えないし、部屋の明かりすらつかないし、蛇口すら回らないし、コンロも使えない。全面介護状態のダメ人間ですよ。使用人をしてくれている皆が居なければ私なんて、私なんて……』

 嗚呼。
 本当に、私は皆に迷惑をかけているのね……。
 しかも。
 今日も盛大に迷惑をかけたし。
 何より、心配させちゃったよね……。
 ……こんなことになるなら。
 もう少し、ちゃんと考えるべきだったわ…………。
 後。
 ここ。
 どこ、かしら……?

『ふっ……くっ……ぅ~~~~~っ』


 再びあふれ始めた涙に、私は両手で顔を覆った。
 いくらゲートでどこへでも行けるからって、油断し過ぎたのよ……。 
 というより。
 ここはどこ?
 屋敷とどれくらい離れているの?
 そもそもここは屋敷のある国なの?
 このゲートはどこへでも行けるみたいなのよ。
 だから、海を越えていたりしないわよね?
 あぁ、でも魔力掲示板があるということは、大陸から離れてはいないのよね?
 だって。
 魔力掲示板だなんて……。
 って。
 どっちにしても私――

『また、ひっ……まい、ごっ…………!』

 くやしい……。
 なにに悔しいのか、ですって?
 そんなもの。
 自分に対して以外にないでしょう?!

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ