挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
退屈からの転生 作者:ゆっくり霊夢

第一章 始まり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/72

少年の人生

どうもゆっくり霊夢です。
初投稿なのでいろいろ誤字脱字があるかもしれませんが許してください
主人公はオリキャラです
それではゆっくりしていってね!
夢とはなにか
人生とは何か
僕はずっと考えていた。
誰かの陰口を言うクラスメイト
自分より下がいるといつまでも見下す人
マナーを守らない不良
社会でストレスを抱えている人
夢を持てという先生
普通に愛をくれる親
そんな世界で生きているのがいつしか退屈になっていた。
生きている理由すらわからなかった。
見つけることもできなかった。
大切な人さえいなかった。
それでもただ死にたくないから僕はずっと生きていた。
そして今日高校に行っている僕は交通事故にあってしまった。
主人公いきなり死んでいますが次回生き返るかも
よければ次回も見ていってください
それでは!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ