挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

呪い

作者:モコショコ
アナタはどう読みますか?

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が私を好きになる呪い。

 ほら、貴方は私にメロメロじゃない。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 私が嫉妬する呪い。

 だって、貴方が他の女に囲まれていると胸がズキズキ痛むのだもの。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が嫉妬する呪い。

 だって、他の人と話す私を見る貴方の目が不機嫌そうだったのだもの。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が私の、私が貴方のものになる呪い。

 分かったら、さっさとその指輪を私の手にはめて頂戴。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が私を一生忘れない呪い。

 だから、旅先で他の女にうつつを抜かしたら許さないわ。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 私以外貴方を殺せない呪い。

 だからね、ちゃんと無事に帰って来なさいよ。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が恋しくなる呪い。

 ねぇ、早く帰ってきなさいよ、馬鹿。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が愛しく想う呪い。

 ……会いたいの。

 

 眠い、眠い、ええ私は眠いのだわ。

 でも、もう少し起きていないと。

 貴方がもう帰って、くるの、だから。

 

 一晩、二晩、そして三晩たったわ。

 その後貴方が帰って来た。

 楽しそうに笑って、帰って来たわ。

 

 大丈夫、大丈夫、ええ私は大丈夫なのよ。

 少しだけ具合が悪いだけなのよ。

 だから、貴方のお話をいっぱい聞きたいわ。

 

 笑って、笑って、ええ笑って貴方は話したわ。

 旅先で見た沢山のモノ。

 素敵な女性や、素晴らしい友人、貴方は沢山のモノを得たのね。

 

 呪い、呪い、ええこれは呪いなのだわ。

 貴方が私を忘れる呪い。

 私はもう一緒にいられないから、素敵な人と一緒になってね。

 

 涙、涙、ええこれは涙ね。

 泣かないで頂戴。

 私は貴方の笑顔が好きなのよ。

 

 呪い、呪い、そうこれは呪いなのよ。

 私を忘れる呪い。

 どうか、貴方は、幸せに。

 

 ーーー

 

 魔王討伐の旅から帰った勇者は最愛の婚約者を失った。

 のちに、別の人と結婚し子を成した勇者様は語った。

 これは呪いなのだと。

 その顔は複雑な表情を浮かべていたとか。
「呪い」は「のろい」とも「まじない」とも読めましたよね?
さて、彼女のはどちらだったのか。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ