挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
先日、僕らの街が終了した件について-崩壊後- 作者:おもち
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/76

怪奇の幕が開いた(1)

趣味で書き始めました。
「先日、僕らの街が終了した件について」の続きです。
読む前に、以下の注意に目を通してください。

【注意事項】

・ハーレムなし。
・デスゲームなし。
・俺tueeeは少なめ、チート能力は多め。
・キモイ主人公。
・読みづらい。
・残酷な描写や暴力表現あり。
・この作品はフィクションであり、実在の地名や人名、団体名とは一切関係ありません。
 201x年、7月。
名古屋市を取り囲むように巨大な柱が出現し、怪物が次々と市民を襲い始めた。
化け物に襲われて死んだ者の一部は「動く死体」となり、襲撃の列に加わった。
都市が大混乱に陥る中、超能力者達はそれぞれの目的のため、街中を奔走した。
それから5か月が経過した。

 この間、街では餓死者が大量に出てしまった。
柱の力場に阻まれ、外部の支援は満足に行き届かなかったのだ。
ライフラインが停止したことで生鮮食品も傷みだす。
あちこちで略奪や窃盗が横行した。

 それも覚束なくなると、市民の一部は異常食に走り始めた。
8月に入ると、街の至る所で奇怪な植物や動物が出没するようになっていたのだ。
怪物ではない。名古屋を満たす妖気の影響を受けた、既存の生物であった。
浮浪者や動物が食用と識別した種類を、勇敢な市民は少しづつ口にするようになった。
副作用は覚悟している。とにかく腹が減るのだ。

 これで命を繋げることがわかると、少しづつ生存率は上がり始める。
人や物資を吸い込み、名古屋は再生を図る。
季節が秋に変わる頃、街には幾つもの共同体――通称コミュニティが生まれていた。

「よぉ!冬彦」
「大輔…」

 中日ビル4階の中日文化センター跡。
そこに「人材派遣ネット」の事務所がある。
ビル内は電灯で照らされ、フロアの奥まで楽に見渡せる。
ここは未だにあちこちで配電・変電設備の欠損が見られる名古屋で、電気を使うことができる数少ない施設だ。

 下野冬彦しものふゆひこは受付で興田大輔おきただいすけに声を掛けられた。
相談があるとの事だが、これから受諾した依頼を果たしに行く。
待ち合わせの約束をして、大輔と一旦別れた。


 午後7時頃、依頼を終えた冬彦は山王を訪れていた。
夏に氷雪を率いた巨人が現れ、街を蹂躙していった。
その爪痕は隅の方に、未だ残っている。
大輔の住居は被害が少ないが、電気がまだ通っていない。

「それで話って?」
「おお」

 ランプで照らされた大輔が口を開く。
彼は派遣ネットで、南雲竜二なぐもりゅうじという失踪者の捜索依頼を引き受けた。
発見の手がかりになりそうな品を入手したのだが、それが一風変わった代物だったのだ。
その鑑定をして欲しい、というのが相談の内容だった。

「鑑定って、映像が見えるだけだぞ?」
「何でもいいじゃん。お前も好きだろ、こういうの?」
「まぁ…それじゃ、ちょっとやってみるわ」

 目の前に並べられたのは、大きな外套と暗緑の板だった。
大きな布切れは全体が黄色く、所々に茶褐色の染みが付着している。
板には見たことの無い文字で何か記されており、手触りはレンガを思わせる。
冬彦は素手で触れたまま、能力を発動させる。

――サイコメトリー。

 物品に籠った情報をサイレント映像として把握する能力を、冬彦はそう呼んでいる。
冬彦は名古屋で誕生した超能力者――通称、異能者の一人だ。
彼が異能者となったのは、7月の異変の最中。
変容したての頃は、見たくもない情報を読み取ってしまい、随分苦労した。

 まずは布切れを手に取る、浮浪者が映った。
遡る。その次は暗闇。

 ひたすら遡るうち、光が差し込む。
場所はどこかの薄暗い地下室。
暗闇の原因は、捜索対象の少年が鞄に押し込んでいたからだった。更に戻る。

(これは…何かの儀式か?)

 冬彦が触れている物と同様の布切れを纏った6名の人影が、豚の死体を囲んで立っている。
彼らは死体に短刀を突き立てたまま、唇を小刻みに動かす。
6名は頭部を晒しており、その顔は蝋燭の明かりで確認できる。
さらに遡り、少年と彼らが顔見知りらしい事を確かめた。

「どうだ?」

 2時間以上経ってから、大輔が声を掛けてくる。
追憶の中の6名はまだ呪文を唱えていた。

「何か儀式のようなものに、捜索対象は参加していた。こいつを除外すると、5人」
「儀式?…BTDじゃそんなのやってるのかな。そいつらの顔は?」

 閲覧を解除した冬彦が、男女の顔を説明する。
追憶の映像を写真に収めるわけにもいかず、2人は苦心して、拙い似顔絵を制作する羽目になった。

 暗緑の粘土板らしきものに移る。
板に触れたまま能力を展開した直後、異常が起こった。
手が吸い付いたように感じた瞬間、激しい頭痛に襲われたのだ。そして見た事のない景色が次々と点滅する。

――紫色の空に屹立する、グレーの尖塔。
――複雑怪奇に絡み合った針金の山。
――菌糸類の森に鎮座する、精悍な顔立ちの男。
――一昔前のSFを思わせる、機械都市で暮らす卵型の生き物。

 冬彦の奥深くに、言語化できない知識が刻まれていく。
気絶する刹那、冬彦が見たのは、自分を見る24の目であった。



 翌朝、意識を取り戻した冬彦は自分が見たものを、大輔に説明した。
彼は訝しげな素振りを見せ、呟く。

「SF風の街、針金の塊…」
「…悪いな、今回は大して役に立ちそうもない」

 大輔の目に気遣いが浮かぶ。

「いやいや、貴重な意見が聞けたよ。昨日はありがと」

 温い酒を交わして、大輔と別れた。
冬彦はぐったりとした体を引き摺るように帰宅。
途中、勤めていた会社を通りかかった。
通い慣れたビルの半ばから折れ、その残骸が街路に落ちている。
今もって、再開の目途は立っていない。

冬彦は自宅に着くと、フローリングに突っ伏して眠りについた。
その晩、見たのはひどい悪夢だった。
ありがとうございました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ