挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
訛り雀がチュンと鳴く 作者:福山陽士

第1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/25

6.ネコの記憶

 瞼を、開く。
 真っ先に視界に入ってきたのは、見慣れない白い大きなソファーだった。
 俺の家のソファーとは違う。うちのはベージュ色だ。そして、もう一回り小さい。
 ということは、他所の家の中か? どこなんだここは?
 確か、俺はさっきまで学校にいて、猫の妖怪と対峙して……。
 そうだ! 猫! それにチュンはどこだ!?
 体を動かそうとするが、なぜかピクリとも動かない。それどころか、俺の意思を無視して体が勝手に動きだした。
 うわぁっ!?
 俺は思わず声を上げた――つもりだった。なぜか、声が出なかったのだ。
 え、何だよこれ? 止まれ止まれ止まれ!
 懸命に頭で念じるが、体は言うことを聞かない。俺の命令を無視した体は、半開きのドアを潜り、廊下へと出た。
 そこで俺は、やっとあることに気付く。
 目線がありえないほど低いのだ。壁が高すぎて視界に入りきらない。背が低いとか、そういう次元じゃない。まるで、脚に目が付いているのかと錯覚してしまうほどの低さだ。
 動いていた体は、この家の玄関まで来て止まった。そこには、十歳ほどの見知らぬ女の子が佇んでいた。くりくりとした大きな目で、こちらをにこにこと見つめている。
 女の子は丁度靴を履き終えたところらしかった。トントン、とつま先を軽く鳴らした後、俺を、いや、俺ではない「何か」に向かって手を差し出した。

「それじゃあ、行ってくるね。ご飯を買って帰ってくるから、良い子で待ってるんだよ」

 そういうと「俺」の頭や咽を撫で始めた。

「にゃあ」

 俺でない何かが一声鳴く。

――あぁ、そうか。俺は今、猫の中にいるんだ。

 ようやく、俺は今の自分の状況を理解した。今の俺は、自分でも驚くほど冷静だった。チュンといるせいで、少し耐性ができてきたのだろうか……。確証は持てないが、これは妖怪猫が、まだ普通の猫だった頃の記憶ではないだろうか。

「あいちゃーん! 鍵を閉めるから早くー。お父さんも待ってるよー」

 考えを巡らせていたところで、外からこの子の母親らしき声が聞こえる。車のエンジンのかかる音も聞こえてきた。

「はーい。じゃあ行ってくるね、トラ」

 俺……いや、トラは玄関の戸が閉まるのを確認した後、リビングへと引き返した。






 一家が出掛けてから、かなりの時間が経っていた。
 トラは昼寝をしたり家の中をうろうろしたり、一人で遊んでいたりしていたが、そろそろ飽きてきたみたいだった。
 窓の外は、薄紫色に染まっている。
 いつもより帰りが遅いのだろうか。トラはそわそわし出して、落ち着きがなくなっていた。
 あの親子は、どこかで外食でもしているのだろうか。徐々に部屋の明度は落ちていく。
 だがその日、一家は帰ってこなかった。






 朝、空腹を我慢しながら家中をうろつく。しかし、一家の姿を見つけることはできなかった。
 トラは不安になりながらも、何か食べる物がないかと、家の中を探し始めた。
 キッチン、リビング、洗面所、個室――。隅々まで歩いて探す。しかし、どこにも食料はなかった。何とか冷蔵庫を開けようとしていたが、当然開くはずもなかった。
 トラは水入れ容器に残っていた、僅かな水をひたすら舐めていた。
 空腹を誤魔化すかのように、その日トラはずっと寝ていた。一家が帰ってきたら、すぐに会える玄関で。
 しかしこの日も、一家は帰ってこなかった。






 七日目の朝、腹を満たすため、トラは女の子の部屋のゴミ箱をひっくり返し、僅かに散らばったお菓子の破片を舐めていた。破片と言うより、粉と言った方が正しいかもしれない。当然ながら、腹を満たすような物ではなかった。
 台所のゴミ箱は真っ先にひっくり返していたのだが、一家が出かける日がちょうどゴミ出しの日だったのだろうか。目ぼしい物は何も入っていなかった。
 僅かに残っていた水も、ついに底をついてしまう。
 トラは蛇口を捻れば水が出てくることを知っていた。だが、何度チャレンジしても猫の手では蛇口を捻ることはできない。少し古い家なのか、家の中の蛇口は全て捻って出すタイプだった。蛇口の先を舐めてみるも、滴り落ちてくる水はなかった。
 外に出れば何かありつけるかもしれないと思ったのだろう。開いている窓がないか何度も前足で押して確かめていたが、窓には全て鍵がかかっていた。
 トラは諦め、この日も玄関でずっと待っていた。
 やはり、一家は帰ってこなかった。






 何度朝を迎えたのかも、わからなくなっていた。
 トラは目を閉じ、ただひたすら横になっていた。もう、前足をピクリと動かす気力すらない。そして俺の中に流れてくるのは、トラの感情と切実な欲求。
 何か食べたい。水が欲しい。お腹減った。どうして帰ってこない?
 のどが渇いた。水。水。会いたい。
 体が動かない。何か食べたい。苦しい。帰ってきて。動けない。憎い。
 会いたい。帰ってきて。会いたい。帰ってきて。憎い。
 のどが渇いた。辛い。会いたい。水水水。
 お腹減った。憎い。何か食べたい。会いたい。会いたい。憎い。水。お腹減った。会いたい。
 会いたい。憎い。
 憎い。会いたい。食べたい。
 憎い。憎い。会いたい。
 会いたい。食べたい。
 憎い。
 会いたい。
 憎い。食べたい。憎い。会いたい。憎い憎い憎い憎い憎い憎い――――!
 俺の中に洪水のように押し寄せるのは、感情という名の荒波。
 俺の心は成す術もなく、その荒波にもみくちゃにされる。鉄棒で腕を強打した時とも、転んで足をざっくり擦りむいた時の痛みとも違う。今まで経験したことのない耐え難い苦しみに、俺はただひたすら悶え続けることしかできなかった。
 苦しい苦しい苦しい苦しい苦しい!
 誰でもいい。誰か、誰か助けてくれ! 俺をここから引き上げてくれ! この苦しみから解放してくれ!

「――護」

 やがて俺の眼前に広がっていた闇が、徐々に光へと変わり――。

「悠護!」

 ………………。
 名前を、呼ばれた。
 トラの名前ではない、俺の名前を。
 あぁ、今のはチュンの声か。

「悠護! 大丈夫か!? しっかりせぇ!」

 瞼を開けると、今にも泣きそうな顔で俺の顔を覗く、少女の顔があった。
 どうやら現実へと帰ってこれたようだ。

「チュン……」

 俺はそのまま、仰向けに倒れていた。さっきまで『トラ』と共有していた感覚が抜け切らず、全身に力を入れることができなかったのだ。
 視界一杯に広がるのは、雲一つない夜空。小さな星に混じり、明るい星が何個か見える。あぁ、ここは学校の屋上か。俺はどれだけ意識を失っていたんだ。
 しばらく、夜空をぼんやりと見つめる。今は何も考えたくなかった。

「悠護……」

 尚も不安げに名前を呼ぶチュンを安心させるため、俺はゆっくりと上半身を起こした。その瞬間、ポタリと俺の腕に落ちる雫。
 泣いていた。
 誰が?
 俺が。
 自分でも気付かない内に、俺はなぜか泣いていた。
 いや、涙が出ても仕方がないじゃないか。だって俺は、あの猫の死を体験したんだから。
 あの猫――トラはずっと待っていたんだ。
 希望と絶望の間を往来し、空腹と孤独に耐えながら、家族が帰ってくるのをずっと待っていた。でも、一家は何らかの事情で帰ってこなかった。そしてトラの家族への愛情は、やがて憎しみへと変わっていった。
 だけどそれでも、トラは家族を完全に憎みきることができずにいた。その葛藤の内に、妖怪へと変貌を遂げてしまったんだろう。

「そうだ! あの猫は!?」

 肩の袖で涙を拭い、俺はチュンに問いかける。

「おめぇに飛び掛った後、体をすり抜けてそのまま外へ飛んで行ってしもうたんじゃ」
「えっ!? すり抜け――って。本当にすり抜けただけ?」
「そうじゃが……。悠護、もしかしておめぇ、何か見たんか?」
「あぁ。あの猫の死ぬ直前の記憶を見たんだ」

 夢じゃなかったらね、と付け加える俺を見て、チュンは僅かに眉間に皺を寄せながら、視線を下に落とした。

「そう、か……」
「あの猫がどうして妖怪になったのか、何となくわかったよ……」
「…………」
「なぁ、チュン。妖怪って基本、地元密着型?」
「何じゃその言い方。でもまぁ、その通りなんじゃが。他所の地域に大移動する妖怪は、あまりおらんのぅ」
「そうか。ありがとう」
「――――?」

 これからどうすれば良いのか、はっきり言ってわからない。ただ、俺の心に芽生えたある決意だけは、確かなものだった。
cont_access.php?citi_cont_id=454043924&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ