挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
元将軍のアンデッドナイト 作者:猫子

第二章 都市バライラの英雄譚

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/86

第六話 ユニコーンの角③

 タルミャはクラウンに再び斬り掛かろうと両刃ナイフを構えるが、その背後に立っているロビンフッドが弓を構えたため、咄嗟に距離を取った。
 通常ならば、あり得ない判断であった。
 タルミャは『踊る剣』の中では最速を誇っており、正面から放たれた矢など躱しきる自身があった。
 それでも、彼女の本能が、あの間合いは危険だと告げていた。
 ロビンフッドがただ弓を構えただけで、その周辺が死地へと一変したような感覚を覚えたのだ。

 ロビンフッドは弓を構えたままタルミャから目を放し、呆然とするクラウンの横へと馬を並ばせ、声を張り上げる。

「お前は外側から回り込め! お前とお前は、リーダー格の男を押さえろ! 残りは二手に分かれて、奥にいる非戦闘員を付け狙いながら相手の陣形を崩し、孤立した雑魚から片づけていけ! 俺が弓で援護して分散させる! いいか? ここに来て手を抜くんじゃないぞ! 死ぬ気で掛かれ!」

 ロビンフッドの言葉で、四十人からたったの八人にまで減っていた『殺戮曲馬団』の覆面男達が士気を盛り返した。
 今までとは全く違った勢いで『踊る剣』へと剣を向ける。

 的確な指示だった。
 『踊る剣』を崩すには、メンバー全体に隙ができないようカバーに当たっているファンドを足止めするしかない。
 ファンドを押さえれば、次は非戦闘員の感知魔術師のレッグを狙い、陣形の崩壊を誘う。
 『踊る剣』がレッグを見捨てるのならばそれも良し。動揺と士気の低下、不信感を招くことができる。
 残ったメンバーを各個撃破するのは不可能なことではない。
 統率の取れていなかった彼らの動きが一変した。

 戦局が見えていたところで、個々が動いても仕方ない。
 全体に正確に伝えなければ、また全員が従わなければ意味がない。
 その一番大事な役割を、ぽっと出の男があっさりと、いとも容易く熟してしまった。

 無理に感知魔術師のレッグを庇おうとした剣士へと向けて、覆面男の一人が背へと斧を投げ付けた。
 斧は剣士の背に深く埋まり、背骨を砕く。
 それに動揺した一人が、覆面男の挟み撃ちに遭い、腹に刃が掠めて膝を突く。
 その首が容赦なく撥ねられた。

「見事だ! よくやった! 後はたったの六人! 非戦闘員を抜けば五人だ! 勝利は目前だ! 士気を落とすな! だが、焦りすぎるな! そこのお前、もう少し間合いを取れ! 一時とはいえこの俺の下についたのならば、犬死は許さぬぞ!」

 ロビンフッドが叫ぶ。
 手柄を称えられた覆面男達はより士気を上げ、『踊る剣』へと襲い掛かっていく。
 四十対十で善戦を敷いていた『踊る剣』だったが、相手の数をほぼ同数まで減らしたここに来て、一気に戦局が厳しくなった。
 ロビンフッドは矢を引いたまま声を張り上げるばかりで、ボトルを仕留めて以来はただの一矢も放っていない。

「お、オメー……何なんだ……?」

 クラウンがロビンフッドへと声を掛ける。
 自分が頭を張っていたときは四十対十で苦戦していた相手を、八対十になってから盛り返されたのだ。
 それも、信頼も何もないはずの、通りがかりの男が、である。

 ロビンフッドはニッと笑う。男のクラウンでさえ一瞬心を奪われたような気になる、眩しい笑顔であった。
 クラウンは首を振って我に返る。

「部下があんなに頑張ってるんだ。そろそろ出て行ったらどうだ? あいつらじゃ、あのリーダー格の男は落としきれないぜ」

 クラウンは一度は逃げようとした身である。
 急に現れた若造に従う気にもなれず、かといって今離れるという気にもなれず、ただこの場に立っていたのだ。
 ロビンフッドの言葉を聞き、逡巡した後にごくりと唾を呑む。
 このままいけば、自身の目的は遂行できる。言うがままになるのは本意ではなかったが、どちらが得かは明らかであった。
 ナイフを構え、一直線に駆けだした。

 そのとき、戦場を挟んだロビンフッドの対面側に、一人の鎧の大男が現れた。

「これは何の騒ぎだ? 恰好からは、野盗かそれに類する連中に見えるのだが」

 ロビンフッドは目を細めて、鎧の男を睨む。
 ただ者ではないことは声色からわかった。
 強者は、それ相応の風格を伴っているものである。

「第三者、か……。お前達っ! 他への攻撃は牽制に留め、まずはあの男を優先して仕留めろ! 道化よ、お前の身軽さで確実に背後を取れ!」

 ロビンフッドの指示に従い、半数である四人の覆面が鎧の男を囲む様に散る。
 クラウンは木の枝へと飛んで、大回りして鎧の男の後へと回り込もうと試みる。

 四人の覆面は鎧の男の間合い外に立ち、各々の武器で牽制しながら、鎧の男の隙を突こうとする。
 次の瞬間、二つの血柱が上がった。
 確かに間合いの外側にいたはずだった。
 だが、鎧の男は大きく踏み込み、前方の二人の首を叩き斬ったのだ。
 あまりにも速い動きであったため、大剣の間合いが伸びたかのように錯覚するほどであった。

 鎧の男の左右に立っていた二人の覆面は、何が起こったのかわからず、武器を持つ手を震わせながら背後へと下がった。

「随分と毛色が違うように見えるが、お前がボスでいいのか?」

 鎧の男――ランベールは、左右と後ろを取られているにも関わらず、そんなことはどうでもいいというふうに、目線の遥か先にいるロビンフッドを睨みつけた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ