挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
元将軍のアンデッドナイト 作者:猫子

第一章 蘇った英雄

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/86

第四十話 オーボック伯爵⑨

 オーボック伯爵は、隠し通路を走っていた。
 日頃から鍛えるのが仕事の私兵達には劣るが、オーボック伯爵とて、万が一に備えて多少の鍛錬は積んでいる。
 オーボック伯爵は太ってはいたが、他の貴族に比べれば遥かに鍛えられている。
 汗水を垂らしてはいるが、ペースを落とさず、前へ前へと進み続けていた。

「オ、オーボック様……逃げなくとも、よかったのでは? オーボック邸は、訓練から戻した兵と……何よりも、教官のローグボトムがおります。たったの二人で、彼らを突破できるはずが……!」

 側近護衛騎士二人の内の片割れが、オーボックへと声を掛ける。
 オーボック伯爵は赤くなった顔を護衛騎士へと向け、唾を飛ばしながら喚く。

「馬鹿が! そのできるはずがないが、既に一度起きているのだ!」

「し、しかし! いくらなんでも、ありえません!」

「敗者は気づかぬ。自分がどれだけババを引かされようとも、まだ大丈夫だ、まだ大丈夫だと、自分を慰める。そうして、手遅れになり、惨めな様を晒す……。吾輩は、そんな愚劣共とは違う! 例え百分の一の危険だとしても、それが百度あれば吾輩の首に届くということなのだ! 吾輩の命は、その様に安いものではない! 例えこれが不要な逃走であったとしても、吾輩の命を神の気まぐれに投じ、座して待つなどできるものか!」

 オーボック伯爵と二人の護衛騎士に加え、長髪の無精髭の男が同行していた。
 オーボック伯爵に拾われた剣士、ヘクトルである。
 普段は猫背のヘクトルが真っ直ぐに背筋を伸ばし、何かを確信しているかのように目をギラギラと光らせていた。

 怒鳴って呼吸を乱したオーボック伯爵が、苦し気に呻く。

「オ、オーボック様……そう大声を出しては、走る体力が……」

 オーボック伯爵は、誰のせいだと言いたげに護衛騎士を睨む。

「いや、どうやら心配しなくてよさそうですぜ、伯爵サマ」

「ヘクトル! それはどう言う……」

 オーボック伯爵が言い切るより先に、通路に大型の魔物が駆ける様な派手な音が響いた。
 一同はあまりのことに、足を止めて振り返った。
 大鎧を纏った大男が、巨大な剣を構えてこちらへと駆けてくるところであった。
 金属塊を身に着けているというのに、その速さは一行よりも遥かに速い。まさしく化け物であった。

 オーボック伯爵の後方を走っていた護衛騎士の二人は、思わず剣を抜いた。
 だが、迫りくる化け物を前に、自身の武器は酷く頼りないものに思えた。
 どこを斬ればいいのか、それがまずさっぱりわからない。
 全身をくまなく覆いつくす鎧には、微塵の隙も見当たらない。
 顔を正面から合わせ、おまけに多対一であるというのに、それでもなお、真っ当な戦いになるという気が全くしなかった。
 ただただランベールに圧倒され、立ち竦んでいるだけだった。

「振るってみよ」

 ランベールがそう言ったとき、前方の男の手から、剣が床へと落ちた。
 駆けながら、続け様に二度剣を振るう。
 護衛騎士の二人の身体が真っ二つに裂かれ、上体が左右の壁へと打ち付けられた。

 オーボック伯爵の、顔の肉に圧迫された細目が大きく見開かれ、ランベールを見据えた。

「貴様がオーボックだな」

「う……ぐ、ぐ……」

 オーボック伯爵は恐怖に身を震わせながら後退り、身を翻して逃げようとした。
 それを止めたのは、ヘクトルであった。
 ヘクトルはランベールを真っ直ぐに睨みながら、抜いた剣を後ろに伸ばし、オーボック伯爵の首へと掛けた。

「な、何のつもりだヘクトル!」

「考えてみろ、伯爵様。向こうさんの目的は、アンタだぜ。俺が足止めしてやってもいいが、アンタが姿を晦まそうとしたら、恐らく俺を無視して強行突破するだろう。そうなったら、まずアンタ、殺されっぞ」

「だ、だが、ここにいようがそれは変わるまい!」

 ヘクトルはオーボック伯爵を無視し、ランベールへと叫ぶ。

「おい、オメェ。俺と取り引きしねぇか? 伯爵様を逃がさねぇ代わりに、俺との決着を着ける前に、伯爵様には手を出すな。オメェだって、無為に走り回ったり、つまらねぇ隙を突かれたりすんのはゴメンだろ?」

「ふむ、そこまでして決闘を申し込まれては、断る理由もあるまい。我が陛下に誓って、貴様を殺すまでは、伯爵には手出しをしない」

 ヘクトルはランベールの返事を聞き、オーボック伯爵の肩を手で押すと同時に、太い首に掛けていた剣を器用に外し、ランベールへと向け、姿勢を低くする。
 オーボック伯爵はその場に尻もちを突いた。

「ヘクトル。ただの、ヘクトルだ。俺には苗字もなくてな。オーボック伯爵に仕える騎士を名乗ろうかとも考えたが、やめだ。ただ一人の剣士として、立ち合わせてもらうぜ」

 ヘクトルがオーボック伯爵を引き留めたのは、オーボック伯爵の身を案じてというよりも、ランベールと正面から正々堂々と斬り合いたかった、という理由が一番であった。
 そのため、ヘクトルはただの一人の剣士として、ランベールと斬り合うことを望んだ。

 ジェルマンと向かい合ったときには『雑魚に名乗る名はない』と一蹴したヘクトルであったが、ランベールが自身が望み続けてきた強者であることは、剣を交える前から理解していた。
 それはオーボック邸をたった一人で制圧したからでも、護衛騎士の二人を両断したからでもない。
 八国統一戦争において勝利し続けてきたランベールからにじみ出る、圧倒的なオーラ。それを感じ取り、敬意を示したのであった。

「……あまり気は進まぬが、名乗られては、名乗り返す他にないな」

 ヘクトルは腰を落としたまま、じっと耳を澄ました。
 ランベール程の強者ならば、無名であるはずがない。
 それが貴族界に影響力を持つオーボック伯爵が知らず、自身もまた、この様な剣士の存在は耳にしたことがなかったからだ。
 またその様な剣士がいたとして、オーボック邸へと乗り込むだけの十分な動機にも心当たりがなかった。

「ランベール・ドラクロワ」

 ランベールが名乗ると、ヘクトルの瞼がピクリと震える。

「……ランベール、ドラクロワだぁ?」

「レギオス王国、四魔将の一角、ランベール・ドラクロワだ。かつて主君を裏切り、故に斬られ、妄執のままに地獄の底から蘇った。国の平穏と義憤、そして受けた恩義を返すため、貴様を斬らせてもらう」

 ランベールが、アンデッドの瘴気を垂れ流しながら叫ぶ。
 瘴気に充てられたオーボックは、極度の恐怖によって呼吸もままならなくなり、顔を真っ青にしてその場に座り込むばかりだった。
 だが、ヘクトルは違った。
 しばしの沈黙の後、大声を上げて笑い出した。

「こりゃいい! 傑作だな! ハハハ! 戦争時代の大罪人が、地の淵から蘇ったか! 俺ァよお、いつも思ってたんだ。産まれる時代を間違えたってな!」

 ひとしきり笑ってから、先ほどの笑いが嘘であったかのように険しい顔をし、ランベールを睨んだ。

「……なるほどな。俺程度に、名乗る名はないって言いてぇのか」

「…………」

 別にランベールにヘクトルを侮辱する意図はなかった。
 ランベールは戦場であれど、誇りの高い相手には、相応の敬意を以て接してきた。
 しかしヘクトルがランベールの名乗りを信じなかった以上、仕方のないことであった。
 適当な名を名乗って誤魔化すことは、むしろ侮辱であると、そう考えていたのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ