挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界は幸せ(テンプレ)に満ち溢れている 作者:うっちー(羽智 遊紀)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/427

65話 カルカーノ商店での買取騒動 -作業量には限界がありますね-

買取って安いのが相場ですが異世界では違うようです。
「初めまして、リョージ様。本日はよろしくお願いします。“ドリュグルの英雄”であるリョージ様から買い取りが出来るのは担当者冥利に尽きます」

「こちらこそ、よろしくお願いします。で早速なんだけど、買い取って欲しい魔物の数は876匹になんだよ。魔石の取り出しもしていない状態だけど大丈夫かな?」

 亮二から魔物の数を聞いた直後に「はっぴゃくななじゅうろっぴき?」と呟いて買取担当者の顔が笑顔のまま固まって動かなくなった。

「おーい!もしもし?担当者さん、どうしたの?」

 亮二が担当者の前で手を左右に振っても反応がないので肩を叩くとビクッと身体を震わせた後に大きく深呼吸をして笑顔で頭を下げた。

「失礼しました。余りの魔物の数に思わず呆然としていしまいました。討伐された魔物の詳細についてはリョージ様のお手元に有る羊皮紙に書かれているんですよね?ちょっと拝見させてもらっても宜しいでしょうか?」

 亮二からメモを受け取った担当者は冷や汗をハンカチで拭きながら羊皮紙に書かれている内容と口頭で聞いた魔物の数に違いが無いことの確認を行った。

 アイテムボックスに入っている討伐した魔物の数
 ・キノコのお化け×634
 ・緑狼×58
 ・犬人×83
 ・犬人亜種×25
 ・豚人×55
 ・豚人亜種×20
 ・牛人×1
 合計876匹

「あの、リョージ様。こちらに書かれている「犬人亜種」と「豚人亜種」とは一体何でしょうか?聞いたことがないんですが」

「え?そうなの?どうしよう、俺も違いがよく分からない」

 担当者の質問に答えられない亮二はストレージから犬人と豚人の通常と亜種をそれぞれ取り出すと比べてみた。

「パッと見はどちらも一緒ですね」

「そうだね」

 亮二は担当者から犬人と豚人の魔石の場所を聞き出すと、ストレージから“ミスリルの剣”を使って魔石を取り出して比較してみた。

「おぉ、思ったよりも違いが有るんだな。亜種の方が魔石の大きさが二回りも大きいな」

「リョージ様、ひょっとしてその亜種と仰っていたのは特別種なのかも知れませんね」

「特別種?」

 亮二の疑問を浮かべた顔を確認した担当者は説明を始めた。

「ええ、特別種の見た目は通常の犬人と同じですが、力が強くリーダーとしての役割をしており3~5匹の部下に当たる魔物を率いて戦います。今回購入させていただく魔物は牛人が現れた時のものですよね?牛人は組織立って攻めてくると聞いております。“試練の洞窟”で倒された魔物ならば特別種で間違いないでしょう。それにしても特別種とは珍しいものが見れました」

 買取担当者冥利に尽きると言わんばかりに感動している担当者を見て亮二は首を傾げながら質問を行った。

「そんなに珍しいの?」

「そうですね。私は5年ほどカルカーノ商店で買取担当者として働いておりますが、特別種の魔石を見たのは片手に収まるくらいですよ」

 担当者の話を聞いて亮二は今後何かに利用できる可能性を考えて、亜種の魔石は少しだけ買い取ってもらい、残りは手元に残す事に決めカルカーノ商店に買い取ってもらうことにするのだった。

 ◇□◇□◇□

「どの様な感じで…?ん?何ですかこの野戦病院の様な有り様は?」

 亮二がカルカーノ商店を訪ねて3時間ほど経っていたが、誰も報告に来ないのを訝しげに思ったアウレリオが買取作業場所まで赴き目に入って来たのはキノコのお化けがところ狭しに並べられているのと、買取担当者と従業員10名が汗だくになりながらキノコのお化けを解体している状況であった。

「アウレリオ様、丁度いい所に。人手が足りなかったので手伝ってもらっていいでしょうか?」

「手伝うのはいいのですが、この状況は一体何事ですか?」

「リョージ様が討伐された魔物の買い取り作業の途中ですが、それが何か?」

「これ全部ですか?」

「ええ、いや違った。ここにある分(・・・・・・)は全部リョージ様から買い取った分です。残りは後日にして頂きました」

 アウレリオは質問に対して「何を当たり前のことを?」と言わんばかりの顔で返事をした買取担当者を凝視すると「後日?」と呟いた。

「アウレリオ様はリョージ様から買い取る魔物の数を聞かれてなかったのですか?1日では捌ける数ではありませんよ。さすがは“ドリュグルの英雄”ですね」

「ちなみに支払いはどうなってます?」

「もちろん即金で。と言いたかったのですが、とても現金で払える金額では有りませんので後日に取りに来てもらうことにしました。アウレリオ様のご指示通りに色を付けて査定させてもらっておりますので、お手数ですがその分も含めて現金のご用意をよろしくお願いします」

 買取担当者から金額を聞いて眩暈を起こしそうになったが、現金さえ用意出来ればそれ以上の利益が見込めることを聞かされて安堵したアウレリオだった。

 □◇□◇□◇

「ちなみに、リョージ様はどちらに?」

「リョージ様なら『犬人と豚人に特別種がいるのなら、キノコのお化けにも特別種がいるはずだ!合計で1000匹も狩れば出てくると思うから行ってくる!』と叫ばれて森の方に走って行かれました」

「ってことは、また買い取りする魔物が増えるって事か」

「そうなりますね。現金のご用意をお願いします」

「貴方も頑張ってくださいね。査定を」
目指せ!キノコのお化け亜種討伐!!
よければこちらもご覧下さい!

召喚されたおっさんには異世界知識もチートもないけどいいですか?

https://ncode.syosetu.com/n7502eh/




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ