挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

出前の神様

作者:はむ
 ここはとあるファンタジー世界。

 魔王が世界征服を企み、勇者が魔王を倒すために冒険している。
 どこにでもある普通の世界だ。

 そんなある日、魔王が「願いを叶えるドラゴン」の召喚に成功した。



《我が名はエンシェントドラゴン。貴様の願い、叶えてやろう》

『この世界を手に入れたい!』

《我にそこまでの力は無い》

 そうですか。


『不死身の身体を!』

《我にそこまでの権限は無い》

 なんだか雲行きが怪しくなってきた。


いにしえの最強魔法を授けてくれ!』

《そんなのは嘘吐き野郎が勝手に作った創作だ》

 なんだか口調もおかしくなってきた。


『魔王城の老朽化が酷いので、増改築をお願いします』

《俺の知り合いに大工は居ないなぁ》

 ついに一人称が俺になった。



~ 3時間後 ~



 結局、最終的にエンシェントドラゴンが叶えた願いは……

『あらゆる外食店は出前を断ってはいけない。注文から1時間以内に料理を届けなければならない。もしそれを破ると、地獄の業火に店を焼かれる。でも、物理的に絶対不可能だろ! みたいな出前はしなくてイイよっ』

 という、よく分からないものになった。

 自分でもどうしてこんな願いをしたのかは分からない。
 どちらにしても、この世界の出前は注文から1時間以内に到着するようになったので、これからはずいぶんと暮らしやすくなりそうだ。

 ……と軽い気持ちで思っていたが、後に家臣達から「外食産業が壊滅しますぞ!!」と、ものすごく怒られた。




◇◇◇ それから数年後…… ◇◇◇




「この店はもうおしまいだああああぁ!!!」

 店の奥の厨房では店主が泣き崩れ、ショックで倒れそうになった奥さんを、看板娘のバイトの子が支えていた。

「大将、一体なにがあったって言うんだい?」

 常連客のひとりが問いかけると、大将の手には一通の手紙が。
 どうやら伝書鳩を使って送られてきたらしい。

 その内容は……

『唐揚げ定食 (チャーハンセット)1つ』

 差出人の署名には「迷いの森の魔女リンナ」と書いてあった。

「なんてこった……。あんな魔境から出前を依頼するなんて、鬼畜にも程がある!」

 皆がざわつく中、大将の頭の上に59:59……59:58……59:57……刻々と変化する文字らしきものが浮かび上がってきた。

「ちくしょう! 出前が受理されやがった!」

 そこに何が書いてあるのかは誰も読めないのだが、00:00になると同時に店が爆発するというのは周知の事実だった。
 無駄だと分かっていても、大将は泣きながらフライヤーに衣付きの鶏肉を放り込んだ。

「うっうっ、ひいじいちゃんの代から継いできた店がこんな事で終わるなんて……」


 ガタッ!


 店の奥で独り飯を堪能していた男が立ち上がり、つかつかと厨房に歩み寄ってきた。

「この店の料理は素晴らしいな。まさかクラゲがこんなに旨いとは思わなかった。コリッコリだぞコリッコリ」

 一瞬、店が静まりかえり……再び大将は泣き出した。

「オメエ、空気読めやっ!! 今がどういう状況か分かってんだろ!!?」

 男の周りを常連客が囲んで苦言を吐く。

「分かっているさ。この素晴らしい店を未来永劫残すため、1時間以内に料理を届ければ良いのだろう?」

 男の言葉に周りがざわつく。

「迷いの森と言えば、一度入ったら出られねえと噂の魔境なんだ。しかも、その森に住む魔女の家に出前を届けるなんて……」

「お前ら、それでもこの店の常連か?」

 男の言葉がグサリと刺さる。

「だったら、誰が出前に行くってんだ!!!」

 常連客の言葉に、男はニヤリと笑いながら親指を自分に向かって立てた。


- 残り時間 52:35 -


 疾風はやてごとく店を飛び出した男の左手には岡持おかもち
 街の北門に待たせていたランナードラゴンに飛び乗ると、迷いの森まで一直線に移動した。


- 残り時間 46:10 -


 ランナードラゴンを森の入り口で待たせ、男は森の中に飛び込んで行く。
 しばらく走って木々を抜けると……

『キュイ?』

 男の目の前でランナードラゴンが首を傾げていた。

「なるほど、人除ひとよけか……」

 今度は「ディスペル」と呟きながら男は森に飛び込んで行った。


- 残り時間 35:00 -


 男は高い木の上に登って周りを見渡すものの、屋敷らしきものは見当たらない。
 きっと、木々よりもずっと背の低い、小さな家なのだろう。

「……こんな馬鹿げた場所から注文するバカ野郎なら構わんだろう」

 そう言うと、男は木に登ったまま呪文の詠唱を始めた。
 森の上に真っ黒な雲が立ちこめ、まるで真夜中のように真っ暗に。

「出でよ、神の雷!!」

 猛烈な落雷が、北西のとある一角に落ちた。
 それを見た男はニヤリと笑う。


- 残り時間 29:29 -


「はゎー………」

 男がそこに到着すると、倒壊した家屋の前で呆然とする女が居た。

「ふむ、23分6秒か。我ながら悪くないタイムだったな」

 ドンッと女の前に岡持おかもちを置くと……

「唐揚げ定食 (チャーハンセット)一丁お待ちっ! お代は12000ボニーだ」

 男が右手でお代を催促するものの、女は動かない。
 しばらくして、女がギギギ…と首だけ男の方を向けて口を開いた。

「家でのんびり昼ご飯を待ってただけなのに……」

「飯が届くまでの時間をたのしむ心の余裕は大切だな」

「全力の対人落雷魔法が飛んできたんだけど……?」

「全力ではないぞ?」

「やっぱりお前の仕業しわざかああああ!!!」

 逆上した女が飛びかかったものの男がヒョイと避けたため、女は顔面から地面にスライディングした。

「うぅ……」

「じゃあ、お代はしっかり頂いたぞ」

 男の言葉にハッとなった女が、胸元を探る。

「私の財布っ!? あと、胸触ったでしょ!!」

「8000ボニーはチップだ。それと、お前の貧相な胸では駄賃にもならんな」

「なあああああああっ!!!」

 再び逆上して女が飛び込んだものの、今度はミズナラの幹に顔面からぶつかった。

「ではサラバだっ!」

「ちょっと! 逃がさないわよっ!!!」

 森を走り去る男の後ろを全力で女は追いかけた。



 これは、後に「出前の神様」と呼ばれる二人の冒険の始まりの物語。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ