挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゾット帝国物語外伝 丘の民の伝説編 作者:剣竜

第6章 王都決戦

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/123

第百十九話 不思議の少女と舞踏会

 東西南北全ての予選が終わり、ついに王都ガランでの決勝大会が目前に迫った。
予選を勝ち抜いた戦士たちも次々と各地からこの地へと集結している。
メノウ達も既にこの王都ガランの地にやってきていた…

「なに、ワシらに舞踏会に参加しろと!?」

 メノウ達の宿泊する宿に届けられた手紙、それには書かれていた内容。
『開会式前夜に開催される舞踏会に参加して欲しい』
堅苦しい挨拶や小難しい言い回しなどを抜きにして、簡潔に記すとこういった内容だ。

「そういうお堅いものはきらいじゃなぁ…」

 頭を軽く掻きながらベッドの上に座り言うメノウ。
同じくショーナも座りながら、手紙を目で読んでいる。

「あ~でもメノウの思ってるようなものじゃないみたいだぜ」

 手紙書かれた内容によると、舞踏会に参加とはいってもあくまで警備を兼ねた物であるらしい。
そのため、他の舞踏会の参加者に紛れて雰囲気を壊さない程度に警備して欲しいということだ。
この舞踏会は祭典である『魔王封印祭』と武闘大会である『魔王討伐祭』の関係者を招いて行われる。
もし魔王教団の手の者が紛れ込んでいた場合、大変なこととなる。

「警備課、それならまぁ…

「それに会自体もそこまで堅い形式でやるものじゃ無いみたいだ。立食形式のパーティも兼ねた軽い感じらしい」

「そうなのか?」

「ゾッ帝の国風もあるんだろうけどな。どんな時も『おふざけ』の心が大切なんだと」

「ふ~ん…」

「行こうぜメノウ」

「…まぁ、お主がそこまで言うのなら。せっかくだから参加するか」

「とりあえず顔見せのために今日来てほしいみたいだぜ」

「今日とはまた急じゃな」

「ああ。とにかく急ごうぜ」

 アゲートにのり城へと向かう二人。
メノウを後ろに乗せ、ショーナがアゲートを駆る。
城に入る際に、送られてきた手紙に同梱されていた招待状を見せ中に入る。
そして一旦応接間に通され、待つこと数十分…

「悪い、待たせてしまったな」

「お前さんは…」

「ジンさん!」

 応接間に現れたのは、ゾット帝国騎士団所属の騎士、ジンだった。
彼とは以前、西アルガスタの予選の警備を任せて以降、顔を会わせていなかった。
そのため会うのは数か月ぶりとなる。

「本当ならば使いの者が応対するのだが、魔王教団の眷属が紛れているかもしれないからな…」

「あまり知られたくないというわけですか」

「ああ。表向きは『ルビナ姫の友人』という形で招待状を出したと説明しているが…」

「なるほど」

「それと今回の舞踏会、そして明日から行われる討伐大会にあたって警備の手を増やすことにした」

「と、言うと?」

「別室で待ってもらっている」

「?」

 ジンに案内されるまま、別室に案内されるメノウとショーナ。
大きめの広間の扉の前に案内された。
そこの扉を開けると…

「おっす」

「久しぶり、二人とも!」

「ウェーダーにアズサか!数か月ぶりじゃなぁ!」

 部屋にいたのはウェーダーとアズサ。
壁にもたれかけ、新調した銃をしまうウェーダー。
そしてイスに腰掛けながら同じく新調したであろう忍者刀を鞘に納めるアズサ。
この二人だけでは無い、他にも見知った顔が何人もいた。

「意外と遅かったな、二人とも」

「ヤマカワさん!」

 開陽拳と玉衝拳の使い手、ヤマカワもいた。
彼は東アルガスタの予選会場で会っている。
その時はミサキに負けていたため、彼女に対し雪辱を晴らそうとしているのだろう。
自身の使う混の手入れをしていた。
そして…

「お前とは『人斬り狐』事件以来だな」

「南アルガスタの憲兵隊のイトウに陸軍中佐のテリー!」

「おっと、今は大佐だ。黒騎士との戦いぶり久々だな」

 ルビナ姫とその妹であるルエラ姫が、メノウと関わりのある人物を集めたのだ。
イトウの部下である憲兵隊の構成員、そしてテリーの率いる南アルガスタ軍の精鋭も数名ずつ待機している。

「みんな今回の大会、成功させたいんだよ」

「ミーナ!」

「要人が集まる舞踏会だからね」

 そう言って現れたのは猫夜叉のミーナだった。
彼女も、いやここにいる全員が明日の前夜祭である舞踏会を成功させるために呼ばれたらしい。
少数精鋭の魔王教団に対抗するため、ゾット帝国側も腕の立つメンツを集めたとのことだ。

「明日の舞踏会は絶対成功させたいから、みんなには頑張ってもらわないと」

「そうです。それに敵は魔王教団だけではありませんし…」

 扉を開け、高等魔術師のスートも現れた。
もちろん魔王教団は脅威ではあるが、その他のテロリストや過激派などにも対応できなければならない。
例えば以前、メノウ達が壊滅させた『ディオンハルコス教団キリカ支部』や『紅の一派』の残党など…

「明日は王女であるルビナ姫とルエラ姫も参加されます。警備には特に力を入れていただきたい」

「よし、ワシらに任せろ!」

「皆さんの配置などはこの私、スートとジンさんで決めてあります。外を守るのは誰か、舞踏会に紛れるのは誰かなど…」

「わかった、よろしく頼むぜ!」



-----------------



 前夜祭となる舞踏会当日。
肝心の舞踏会は夜に行われるため、メノウ達は朝からルビナ姫のいる王城で準備をしていた。
どこを誰が守るか、誰が戦うのか、もしけが人が出た場合はどうするか、など…
もちろん一般の兵士や警備隊たちもいるが、彼らではどうしてもカバーできない部分はある。
それを防ぐのが、今回集められた者たちだ。

「メノウ、着替え終わったか?」

「終わったぞ」

 そう言って着替えの別室から出てきたメノウ。
メノウとショーナは舞踏会に紛れ、内部から警備をする。
普段の姿では浮いてしまうため、服装をかえてほしいとのことだ。
透き通るような白く美しいドレスに、見事に整えられたその緑色の長髪。
ルビナからの貸しものの夜会服とはいえ、いつものメノウとはまた違った雰囲気に思わず息を飲むショーナ。

「おお~結構いい感じだなぁ」

「お主は普通のスーツか」

「まあな。さっさと行こうぜ」

「そうじゃな。もう参加者も集まりはじめているころじゃろう」

 衣装の準備を手伝ってくれた係の者に礼をし、舞踏会が行われる会場へと移動する二人。
会場には既に招待された人々が立食を楽しみつつ、他の参加者たちとの交流を楽しんでいた。
ショーナが言ったように、上品な『社交会』というよりは単なる『夜会』と呼ぶ方があっている方だろう。

「明日の祭典が楽しみですなぁ」

「ええ」

 ある者は明日の封印祭と討伐祭については無し、またある者はこの会を利用し人脈を広げようとする。
交流という名の、財界を勝ち抜くための勝負がひろげられているのだ。
もっとも、そんなことはメノウたちには関係ない。
この会を敵の手から守る、それが重要なのだ。

「いまのところ魔力の気配は感じんな。この辺りに魔王教団はいない」

「テロ対策も兼ねてるからな。まぁ何か変なことが起きないようにすればいいのさ」

 会場はそこまで広くは無い。
参加者は数十人。
会場に入ってから、メノウは魔力探知を試した。
しかし魔王教団との関係性は見つからなかった。

「ショーナ」

「なんだメノウ」

「メシ食べてきていいか?」

「ああ、いいぜ。喰ってる間は俺が見てるからさ」

「じゃあちょっといってくるぞぃ」

「食べ過ぎるなよ」

「わかっておる」

 そう言って一旦ショーナの元を離れるメノウ。
普段は着なれぬドレスを身に纏っているためか、後ろから彼女を見ると少し動き辛そうに見えた。
できる限り変な動きにならぬよう、ゆっくりと歩いてその場を去っていった。
 改めて会場内を見回すショーナ。
今回は特になにも起こら無さそうだ。
そう思ったその時、彼は見知った人物に声をかけられた。

「どうも、お久しぶりでございまぁす」

「シャムさん!」

 以前、北アルガスタで出会ったシャムだ。
あまりこういう場所に慣れていないのか、彼は新調したてのスーツを着ていた。
新品のスーツ特有の独特の雰囲気があり、言い方は悪いが少し不恰好にも思えた。

「いやぁ、招待状が来たから来てみたんですけどぉ…知り合いがいてよかったですね。はい」

「こちらこそ、会えて光栄です」

「この前、一緒にいたメノウちゃんは?」

「いま食事に言ってます」

「へえ」

「そう言えば以前、東アルガスタで…」

 この場で知り合いにあえて嬉しかったのだろうか。
思わず話が進むショーナ。
と、そこにさらに…

「あ、ショーナくん!」

「レオナ!お前も来てたのか」

 ショーナと同じく南アルガスタの予選突破者であり、彼の幼馴染でもある少女レオナ・ミーオン。
彼女もこの舞踏会に呼ばれていたのだ。
義父が政界に顔が利くため、その娘である彼女にも招待状は届いていた。

「うん。お父さんと一緒に来てたの。なにか久しぶりって感じ」

「ここ最近、ずっと国中を回ってたからな」

「お仕事大変なのね」

「まぁな。それとさ…」

 すっかり会話に花が咲いた二人。
ここ最近の近況から思い出話などに話がうつって行く。

「そういえばメノウちゃんは?」

「あの子は食事に行ってるみたいですよ」

 シャムの言葉を聞き、辺りを見回すレオナ。
メノウがいないことを確認したのか、ショーナにある提案を口にした。

「あの、ショーナくん…」

「どうした?」

「私と一緒に…おど…」

「え…」

「踊ってく…!」

 『自分と踊ってほしい』レオナはそう言いたかったのだろう。
しかし、その言葉はある意外な者の登場によって遮られることになってしまった。
ショーナとレオナの間に長身の女性が割って入ってきた。

「私と共に踊ってくれないか?」

 ショーナの前に跪くその女性。
深緑の長い髪に白銀に輝くドレス。
どこか妖艶な笑みを浮かべた、雪のように白いその顔。
低くも透き通ったその声。
その女性に手を引かれ、流されるままに踊ることになってしまった。

「あ、ちょっ…ちょっと…!」

「ふふふ…」

 長い深緑の髪を靡かせながら舞う彼女。
ショーナはそれについて行くだけで精一杯だった。
なんとか不恰好に見えぬよう、テンポを合わせていく。

「おっとと…」

「ふふ…」

 他の招待客たちも一目置くほどに、この謎の女性の踊りは上手い。
しかし一体この女性は誰なのか…?
だが、ショーナには彼女と初めて会った気がしなかった。

「貴女は…いや、まさか…?」

「ふふふ…気付いたか?」

「まさか…!?」

「そうじゃよ、お前さんの考え通り」

「め、メノッ…!?」

「静かにせい…!踊りの途中じゃ!」

 それまでの低い声からは打って変わり、キンキンとした声に変わる彼女。
その正体は魔法で姿を変えたメノウだった。
まわりに会話を聞かれぬよう、踊りを続けながら小声で話す二人。

「お前そんな魔法使えたのか…!?」

「まぁの」

 姿は先ほどの女性のまま、いつもの声で話されると少し違和感がある。
体内の魔力の流れを変えることで年齢を少し上乗せする、メノウが使用したのはそういった方法らしい。
声までは短時間では変えられなかったので、わざと低い声を出していたという。

「こんな機会、滅多にないからのぅ」

「踊るくらいいつでもできるだろ?」

「ふふふ…そう言う雰囲気が大事なのじゃよ…」


今回過去のキャラクターがたくさん登場しました。
覚えているキャラ、忘れているキャラなどいると思います。

第1章 邪剣『夜』と孤独の黒騎士
・ミーナ 
初登場話 第三話
・テリー
初登場話 第九話
・アズサ
初登場話 第十三話

第2章 西の支配者と東の皇
・タクミ・ウェーダー
初登場話 第二十話 
・スート
初登場話 第二十三話 

第2.5章 過去からの挑戦 決戦の南アルガスタ、再び!
・イトウ
初登場話 第三十七話

第3章 攫われの少女を追って…
・ヤマカワ
初登場話 第五十二話 

第4章 交錯する3人の主人公たち
・レオナ・ミーオン
初登場話 第八十四話

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全636部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 17:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
勇者イサギの魔王譚

「これからも、俺についてきてくれないか」  ――共に歩んだ愛する少女へと告白した瞬間、少年は未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは魔族の姫。彼が討ち取った魔王の末裔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全176部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/10/09 23:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
オーバーロード:前編

 未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全98部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2012/04/01 13:25
男なら一国一城の主を目指さなきゃね

 列車事故で死亡した主人公(45歳サラリーマン)は異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生した。なぜか特殊なスキルも持っていた。自身の才能について検証を行い、そ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全518部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 19:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全851部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 10:00
三田一族の意地を見よ

戦国時代、後北條に滅ぼされた自分の一族の本家の先祖へ転生誕生、果たして歴史を変えることが出来るか? 一族繁栄を図る為にチートした結果が、敵である北條家の婿になっ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全124部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 03:31
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全204部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:06
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
ゾット帝国騎士団カイトがゆく!~人を守る剣の受け継がれる思い~

ラウル古代遺跡を探して禁断の森の奥にやってきたカイトとネロ。 そこで見たこともない魔物に襲われるが、間一髪のところでミサに助けられる。 ミサの魔法で束の間の空中//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全28部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2015/03/10 16:21
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全132部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 18:22
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全467部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:36
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 09:02
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
ゾット帝国親衛隊ジンがゆく!~苦悩の剣の運命と真実の扉~

何者かに拉致され、監禁室に閉じ込められたジン。 そんなある日、銃声や悲鳴の騒ぎの中、突然監禁室の扉が開く。 訳もわからず脱出を試みるが、途中で使用人の麻里亜に出//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全26部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2015/04/17 07:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:19
世界がデスゲームになったので楽しいです。

 生き返る死体を殺したら、殺人ですか? 罪ですか?  死者が生者を襲う、そんな創作物でよくあるゾンビモノのような事態に遭遇した主人公。  生き残るために、ゾ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全249部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 19:20
最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全285部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 15:24
異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件

カースト底辺高校生の直見真嗣(なおみ・まさつぐ)は異世界からのクラス召還に巻き込まれてしまう。だが、呼び出した王様から早々に「こいつはへぼスキルしかないから不要//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 19:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 11 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
↑ページトップへ