挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

山猫の願い

作者:葦笛吹き
森の中の小屋で独り暮らす魔法使いの男の許に、雌の山猫が訪れる。人語を解し、念話の能力を身につけていた山猫は、男に或る願いを告げる。
 分け入る者を拒むかのようにその森は、外縁こそ人が立ち入れるほどの明るさに満ちていたが、森を少し中に入れば、そこは別の世界が広がっていた。生い茂る木々から伸びる葉は互いに重なり合うようにして陽の光を遮り、昼間であろうと森の中は薄暗く、まるで人を寄せ付けまいとしているかのようだった。
 昼なお暗い森の中、さらにその先に、その男は独りで小屋を構えて暮らしていた。男の生活は、極めて規則正しいものだった。朝から森に入り薬草を採取し、夕刻には小屋に戻り、食事もそこそこに、夜は薬草の仕分けと処理を行うという、その繰り返しだった。男の住む森から少し離れた所にある村に男が姿を現すのは、男が森で集めた籠いっぱいの薬草を売りに行くときだけだった。男は、村に一軒だけある薬商に薬草を持ち込むと、幾ばくかの現金を得、それを元に森では手に入らない品物を買い求めていた。
 男が森にやって来たのはいつなのか、男がどこからやって来たのかについては、村人たちの誰も知らず、知ろうともしなかった。男は、いつのまにか現れ、いつのまにか森に住み始め、いつのまにか村に薬草を持ち込むようになっていた。村人たちは、男のことを『薬師』とも『魔法使い』とも呼んでいた。村人たちの呼び方に、男に対する尊敬の念はまるでこもっておらず、村人たちは、得体の知れない恐ろしいものを見るような目で男を見ていた。
 男も、村人たちと会話するようなことはなかった。男が露店商から品物を買い求めるときなどは、必要最低限の会話はするものの、値切ろうともせず言い値で買い求めていた。まるで、金そのものの価値などどうでもよいと言わんばかりの態度に、露店商たちは吹っ掛けるのを躊躇うほどだった。
 男は、生活に必要なもののほとんどを森から得ていた。男の暮らしは、規則正しくも慎ましやかで、贅沢とは無縁のものだった。薬草採取の際には食用となる木の実などを探すことも忘れず、村で買い求めた粗悪な香辛料などと共にそれらを調理すると、腹に流し込んでいた。男にとっては空腹を満たせればよいのであり、味や見栄えなどについては無関心だった。
 男のそのような生活に変化が訪れた。あるときから、男の住む小屋に届け物がされるようになった。最初は魚だった。男の指先から肘程度までの大きさの魚が二尾、小屋の前に置かれていた。薬草採取から戻った男は、小屋の前に置かれた魚を目にすると、獣のごとく周囲を警戒した。手にした杖を構えると、息を殺して周囲を見回した。既に夕闇に包まれつつあった小屋の周囲には、小屋の前に置かれた魚を狩れるほどの獣の気配は無かった。何も無いことを確認できたところで、男は魚に近づいていった。小屋の前に置かれていた魚は、森の中を流れる川で普通に見られる、何の変哲もない魚だった。魚の頭付近に噛みついたような跡があったことから、何らかの獣が置き忘れでもしたのだろうかと、男は(いぶか)ることになったが、結論には至らず、そのまま夕食の一品として食することになった。
 その後、『届け物』は数日に一度の頻度で届けられた。魚の次は、兎が一羽だった。周囲を警戒しつつも何も無いことを確認すると、男は兎の皮を剥ぐと夕食の献立に追加した。兎の次は、鳥が一羽だった。男は周囲を警戒することも無く鳥の羽を毟ると、丸焼きにして夕食に追加した。その後も届け物は続き、届くのは決まって、男が森に入っているときだった。しかも、男が小屋に戻る頃合いを見計らって届けられているようであった。小屋の前に置かれていた兎や鳥は当然のごとく息絶えていたが、男が手を触れると男の手に温もりが伝わり、小屋の前に置かれる直前に狩られたことを男に推測させるものだった。
 『届け物』が何回か続いたところで、男は、何者が『届け物』をしているのかを突き止めることにした。男は、薬草採取のふりをするために森に入ると大きく回り道をして昼前に小屋まで戻り、小屋を見渡せる木の上に登ると気配を消して、やがて現れるであろう何者かを待ち続けた。木々の間から微かに覗く陽の光から、男はおおよその時刻を把握しようと努めた。陽が高い間は、現れることがないであろうと男は推測していたが、決して気を抜くことはなく、木の上で辛抱強く待ち続けた。やがて、森の鳥たちが(ねぐら)へと急ぐ頃になって、森から音が消えた。森の鳥たちの(さえず)りが、まるで悲鳴のように響き渡ったとき、男は小屋の前に目を移した。小屋の前に居たのは、男と同じくらいの体の大きさをした雌の山猫だった。全身を茶色の毛並みに覆われた、鍛え上げられたようなすらりとした肢体は、無駄なものをそぎ落とした後に残る優雅さと鋭さに満ちていた。男は、山猫の姿に見とれていた自分に驚きつつも、目を離すことはなかった。山猫は兎を一羽、口に咥えていた。山猫は、兎を口に咥えたまま小屋の扉の前に腰を下ろすと、前脚で小屋の扉を叩いた。小屋の中から何も反応が無いことを確認したのか、山猫は咥えていた兎を地面に下ろすと、顔を洗うような仕草をし、その場から去っていった。
 男は、山猫が森の中に姿を消してからもしばらく木の上で小屋を眺めていた。何者かを突き止めることには成功したが、その何者かが山猫だったとは男は想像もしていなかったのだった。いつまでも木の上に居ても仕方がないと気を取り直した男は、木から下りると小屋に向かった。男は小屋の扉の前に置かれた兎を手に取った。兎は、男の手に温もりが伝わるほど、狩ったばかりのものだった。男は、手に取った兎を夕食の献立に加えるべく、下準備に取り掛かった。



 ある日のこと、朝から薬草を探し求めて森の中を歩き回っていた男は、昼少し前に森の中の開けた場所を見つけ、そこで休憩を取っていた。休憩しつつも、男は周囲への警戒を怠らなかった。背負っていた薬草籠を地面に置き、武器を兼ねた、身の丈ほどもある杖を傍らに置き、いつでも動き出せる姿勢を保っていた。
 男が休憩を取り始めてしばらく経った頃、男の前の茂みが音を立てた。男は傍らの杖を手に取ると、音のした方に目と耳を向け、近づいてくるであろう獣を待ち構えた。男が見据える先で、茂みをかき分ける音は次第に大きくなり、一頭の獣が茂みから顔を出した。その獣は、男が先日、届け物の主として突き止めることに成功した雌の山猫だった。山猫は、茂みから顔だけを出したまま、男を見つめた。男は、山猫と目を合わせたまま、その場に留まった。一人と一頭は、先に目を逸らせた方が負けとばかりに睨み合いを続けた。
 先に目を逸らせたのは山猫だった。山猫は茂みから抜け出すと、男から距離を保ったまま、その場に腰を下ろした。腰を下ろしつつも前脚を伸ばしたままのその姿勢は、寺院などに奉納された動物の彫像を男に思い起こさせた。男は山猫から目を離すことはなかった。山猫は、男を襲おうとするでもなく、男を恐れるでもなく、平然とした様子で男の前で佇んでいた。
 「何のつもりだ?」男は声に出して山猫に訊ねた。男の顔には、言葉の通じるはずのない獣に話しかけた自分の行為を嘲笑うかのような表情が浮かんでいた。
 「(お願いがあります)」山猫は男を見据えると、男の問いに答えた。山猫は声を発することもなく、その声は男の頭に直接響いていた。
 「(念話……か。おまえは、何者だ?)」男は、念話で問いつつ、杖を持つ手に力を込めた。
 「(人間たちが山猫と呼ぶ存在です)」山猫は姿勢を崩さず答えた。
 「『念話を使い、人語を解する山猫』、か。それだけでも、まともな存在ではないことだけは確かだ」男は山猫を睨みつけた。
 山猫は男から目を逸らすと、急に毛繕いを始めた。身をよじるようにして、自分の腰の辺りをなめた。何回か毛繕いをした後、山猫は再び男を見据えた。「(私のお願いを聞いていただけないでしょうか)」
 「聞く気も無いし、興味も無い。とっとと失せろ」男は、手にした杖を山猫に向けた。
 山猫は、男の行動に驚くでもなく、目を伏せた。「(わかりました)」山猫はそう言うと、先ほど姿を現した茂みの中へと消えていった。
 男は、山猫の姿が茂みの中に消えてからも、じっとその場に留まっていた。山猫が茂みをかき分ける音が男の耳に届かなくなってから、男は籠を背負い、その場から離れ薬草採取を再開した。



 明くる日、男が薬草採取のために森に分け入ると、すぐに山猫が男の前に姿を現した。
 「(お願いがあります)」山猫は前日と同じ言葉を念話で放った。
 男は、杖を構えつつ、山猫を見据えた。「聞く気も無いし、興味も無い、と言ったはずだが?」男も前日と同じ言葉を繰り返した。
 「(そうですか)」山猫は、うなだれるようにして、男の前から姿を消した。山猫の歩き方は、親に叱られた後の子どものようでもあった。
 男は、山猫の姿が森に消えてからも、杖を構えたままの姿勢を崩さなかった。鳥のさえずりが戻った頃になって、男はようやく構えを解いた。
 「何なんだ、一体」男は独り呟いた。



 さらに明くる日、朝、男が小屋を出ると、山猫が森の中から姿を現した。山猫は、口に兎を一羽咥えていた。
 「(お願いを……、聞いていただけないでしょうか)」山猫は、咥えていた兎を地面に置いた。「(まだ、足りませんでしょうか)」山猫は、男を見ながら言った。
 「おまえの届け物は、『願い』とやらの対価のつもりだったのか?」男は山猫に訊ねた。
 「(ただで聞いてほしいとは申しません。でも、私はお金を払うことはできませんので、できることといったら、これくらいしか……)」山猫は、前脚の毛繕いを始めた。
 男は山猫の様子を見つめた。「言ってみろ」男は山猫に向かって言った。
 「(え……?)」山猫は毛繕いを止めると、驚いたように男の方を向いた。
 「おまえの『願い』とやらを言ってみろ。叶えられるかは別として、聞くだけは聞いてやる」
 「(ありがとうございます)」山猫は目を見開いた。
 「礼を言うのは、まだ早い。さっさと言え」男は山猫を促した。
 「(はい。その……、私を、人間の姿にしていただけないでしょうか)」山猫は、躊躇いがちに告げた。その後、すぐに前脚の毛繕いを始めた。
 「人間の姿に変えろ、だと?」男は、山猫の言葉を繰り返した。「理由は?」
 「(どうしても叶えたいことがありまして……。詳しくは言えませんが)」山猫は毛繕いを止め、男と目を合わせた。
 「まあ、いいだろう。おまえの『願い』、叶えられんこともない」男は言った。
 「(本当ですか?)」山猫は、今にも男に飛びかからんばかりだった。
 「次の満月まで待て。準備に手間がかかる」男は、浮かれた様子の山猫に釘を刺した。「それまで、おまえの狩りの獲物を俺に分けろ。それが対価だ」男はさらに続けた。
 「(おまかせになってください)」山猫は胸を張って答えた。
 「そうだ、名を聞いていなかったな。俺の名は、ヴェント。おまえの名は?」
 「(フェリシタス)」山猫は答えた。



 翌日から、一人と一頭の奇妙な生活が始まった。ヴェントが薬草採取のために森に入ると、フェリシタスはどこからともなく現れ、ヴェントの傍らに付き従った。フェリシタスは時折森の中に姿を消すと、口に獲物を咥えて再びヴェントの前に姿を現した。ヴェントが小屋に戻ると、フェリシタスはその後森の中に姿を消した。ヴェントは、フェリシタスが狩った獲物を夕食の献立に追加するために、下処理を開始するのだった。
 ある日、ヴェントとフェリシタスは連れ立って森の中を歩いていた。ヴェントは薬草採取の傍ら、フェリシタスに山猫から見た森について訊ねたりもした。人間と山猫とでは見る世界が異なるということに、ヴェントは興味深そうな様子で聞き入っていた。フェリシタスも、人間として見る森は決してやさしいものでもないというヴェントの言葉に頻りにうなずいていた。一人と一頭は、時折談笑しながら森の中を進んでいった。



 約束の満月の夜、ヴェントとフェリシタスは森の中を進んでいた。魔法のための舞台は、森の中の、月光が降り注ぐ空き地だった。一人と一頭は、その場所を目指して進んでいった。
 「ここだ」目的地に着いたヴェントは、空き地を見渡しながら言った。
 「(ここですか?)」フェリシタスは首を傾げた。
 「そうだ。フェリシタス、空き地の真ん中辺りにしゃがめ。月の光に当たるように、だ」ヴェントはフェリシタスに指示を出した。
 「(わかりました)」フェリシタスは空き地の中央に移動すると、腰を下ろし前脚を伸ばして彫像のような姿勢をとった。「(これでよろしいですか?)」フェリシタスはヴェントに訊ねた。
 「ああ、それでいい。しばらく、そのままでいろ」ヴェントはフェリシタスに言った。
 ヴェントは杖を構えると、呪文の詠唱を開始した。周囲の闇が深さを増し、月光が輝きを増した頃、ヴェントの詠唱に別の詠唱が重なった。ヴェントは、詠唱を止めることなく周囲を見回した。もう一つの詠唱の出所は、一つだけだった。詠唱の主はフェリシタスだった。
 フェリシタスの詠唱はヴェントの詠唱を取り込み、その力を増していった。やがて、ヴェントの詠唱は、フェリシタスの詠唱に完全に飲み込まれ、同時にヴェントの目の前を闇が覆い尽くした。最後にヴェントが目にしたのは、フェリシタスの勝ち誇ったような笑顔だった。



 ヴェントは目を開いた。そして、すぐに周囲を見渡した。ヴェントが気を失ったのは詠唱の途中でのことであり、最後に目にしたのはフェリシタスの笑顔だった。ヴェントは、四肢を地面につけてその場から立ち上がると、首を傾げた。立ち上がったというのに、ヴェントの目の高さは、横になったまま首だけ上げた程度の高さだった。何気なく目線を下に落としたヴェントが目にしたのは、毛並みに覆われた自分の前脚だった。茶色の毛並みは月光を受けて輝き、ヴェントは、自分の姿が人間ではないということを認識せざるを得なかった。ヴェントは再び周囲を見渡した。
 「(フェリシタス!)」ヴェントは念話で山猫の名を呼んだ。
 「(こちらです、ヴェント)」フェリシタスはヴェントに答えた。
 振り返ったヴェントの目に映ったのは、勝ち誇ったような表情を浮かべ彫像のような姿で佇むフェリシタスの姿だった。「(フェリシタス、どういうことだ? 俺のこの姿は……)」
 「(ええ。私と同じ、山猫の姿)」フェリシタスは答えた。「(これが、私の願ったこと)」
 「(これが、か?)」ヴェントはフェリシタスに目を合わせた。
 「(ええ。私の……、(つがい)の相手がほしかった)」フェリシタスはヴェントを見据えた。「(私と同じくらいの魔法の力をもつ雄がほしかったのです。これまで、何度か試しましたけど、皆、姿が変じた途端に発狂してしまいました。そうならなかったのは、ヴェント、あなたが初めてです)」フェリシタスはうっとりとした表情で語った。
 「(俺は、おまえのお眼鏡にかなったというわけか)」
 「(そういうことになりますね。私の思い描いたとおりに)」
 「(全く……)」ヴェントは溜め息をついた。「(フェリシタス、おまえの魔法は……、『増幅反射』、か?)」ヴェントは呻くようにして問いかけた。
 「(ええ、そのとおりです。私自身は、それほど魔法は使えませんので。使えるのは、私にかけられた魔法をはね返すくらいです。私に都合のよい魔法に変えて)」フェリシタスは説明した。
 「(そうか、『変換』もあったか。それを使って、術者の姿を変える魔法を使った、と。おまえの番の相手にするために)」
 「(はい。でも、先ほども申しましたとおり、皆、姿が変わったことがわかった途端に発狂してしまいました。人間とはずいぶんと弱いものなのですね)」フェリシタスは素っ気ない様子で言った。「(そんな雄なんて、いりませんでしたので、すぐに始末しました)」
 「(『始末』だと?)」ヴェントは眉根を寄せた。
 「(はい。首を一噛み。それで終わりです。子猫との首を噛み切るより簡単でした)」
 「(食ったのか?)」
 「(何をですか?)」
 「(おまえが『始末』した奴だ)」
 「(そんなこと、しません)」フェリシタスは心外だとばかりに言った。「(噛みついたときに付いた血をなめたくらいです。共食いはしません)」
 「(そうか)」ヴェントは自分の姿を改めて見下ろした。「(この姿では、服は邪魔になるだけだな)」ヴェントは自分の服を爪と牙を使って破り捨てた。服は、紙を破るかのようにすぐにぼろぼろになった。「(人嫌いが獣になってしまったのでは、冗談にもならん)」ヴェントはフェリシタスに顔を向けた。「(フェリシタス、山猫として生きる(すべ)は、教えてくれるのだろうな?)」
 「(よろこんで)」フェリシタスは笑顔で答えると、ヴェントの傍に寄り、ヴェントの頬に舌を這わせた。「(まずは、毛繕いの方法からですね。その次は、狩りの方法。ヴェントが狩りを覚えたら、子どもがほしいです。私たちの子ども)」
 「(何故、俺が狩りをできるようになってからなんだ?)」ヴェントは疑問をぶつけた。
 「(だって、大きなお腹を抱えての狩りは、たいへんでしょう?)」フェリシタスは当然とばかりに言った。
 「(違いない。それなら、きっちり教えてもらわないとな)」ヴェントは、傍らに佇むフェリシタスの頬に舌を這わせた。
 「(その意気です)」フェリシタスは満足そうにうなずいた。
 やがて、二頭の山猫は寄り添うようにして森の中に姿を消した。



 森に独り暮らす男が、村の薬商のところに顔を見せなくなって何年かが過ぎた頃、村の狩人の一人が森に入った。帰り道を見失った狩人は、何とか水を確保しようと森の中を歩き回り、ようやく一筋の小川を発見した。水を汲もうと岸に近づいた狩人が目にしたのは、対岸で寛ぐ山猫たちの姿だった。狩人は驚きのあまり、目を見開いた。一頭は、大人の男一人半はありそうな大きさをした雄の山猫だった。その雄に寄り添うようにしているのが少し小柄な雌の山猫だった。二頭の周囲で動き回っているのが、三頭の子どもたちだった。三頭の子どもたちは、いずれも人間の子どもほどもある大きさで、大きな二頭の尻尾や体にじゃれついていた。狩人は、貴重な獲物を目の前にしたにもかかわらず、その場から動くことができなかった。五頭の山猫の姿は、狩人の目には親子の団欒のように映っていた。
 狩人が山猫たちの姿に見入っていると、雄の山猫が狩人の方に顔を向けた。狩人は山猫と目を合わせることになり、短く悲鳴を上げた。その悲鳴を耳にしたのか、他の四頭も狩人の方に顔を向けた。狩人は、五頭の山猫に睨まれることになった。狩人は恐怖のあまりその場から動くこともできず、かといって、目を逸らすこともできなかった。
 狩人の歯の根が合わなくなった頃、雄の山猫は、まるで興味を失ったかのように、狩人から目を逸らした。残りの四頭も、雄の山猫に従うかのように、狩人から目を逸らした。そして雄の山猫が立ち上がると、雌の山猫も立ち上がり、岸辺から森の方へと移動を開始した。三頭の子どもたちはその後を追うように、それでもじゃれつきながら、後を追った。五頭の山猫は森の中へと姿を消した。
 狩人は、自分が無事だったことを確かめると、その場にへたり込んだ。狩人が岸辺を離れたのはそれからしばらく経ってからのことだった。狩人は、その後、数日に渡り森の中を彷徨ったあげく、ようやく村に帰り着いた。村に帰り着いた狩人から山猫の話を聞いた、村の他の狩人たちは、我こそは山猫を仕留めてみせる、とばかりに勇んで森に分け入ったが、森に入った狩人たちの幾人かは二度と村に帰ることはなく、村に帰り着いた狩人たちも無事とは言いがたい状況だった。その後、村人の中で森の奥深くに分け入ろうとする者は居なくなった。山猫も、その後二度と姿を見せることはなかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ