挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

罪は誰が為に

頼む!娘が病気なんだ!すぐにでも医者に見せなきゃならない!金がいるんだ!!

お気の毒ですが、その金額ですと、査定に五日かかります。担保は宿屋の経営権でしたね?それでしたら、東メニウムから査定者が参りますので・・お急ぎでしたら五日目の市場解放の鐘が鳴る頃にお越し頂ければ、査定後直ぐにお知らせできますが。

あんたに神はいないのか?!それじゃ間に合わないかもしれない!私の娘は今にも死んでしまいそうなくらい苦しんでいるんだ!私は神の名の下に、娘を幸せにしたい!頼む!お前が敬謙なる神の子羊なら、助け合う事の教えの貴さは心に刻んであるだろう?!

残念ですが、貴方が娘を幸せにするという神の深き愛による貴き契約によって縛られているのと同様に、私には血の通わない手引書により冷たい契約書にこの天使の輝かしい羽を模した薄汚れた羽ペンで手引書に教えられたようにしか記す事は出来ないのです。

お、お前は悪魔だ!慈悲のカケラもないのか?!神はお許しにならないだろう!!地獄は怖くないのか?!

私は冷たい地下に並べられた後に地獄に堕ちる事よりも、貴方が既に博打の負け分を妻に話さずに返す為に、我が商会から借りている20ルミオール銀貨と利子の8ミリネ銅貨と3ニールをお返し頂けないことで、上司から直ちに地獄に堕とされる事の方が恐ろしい。

くっ・・!!神をも畏れぬ悪魔め!いや!悪魔にでも心を売ろう!さぁ!金を貸してくれ!そうすれば、私は貴方との契約に基づいてなんでもしてみせる!だから!!!

では、五日お待ちください。なんでもするのでしょう?

それでは間に合わないんだよ!!頼む!!このとおりだ!!!

悪魔を拝むよりも、教会で尊き神の足元で拝むなり、娘さんの手を握って励ますなり、宿の前で声を掛け1ニールでも多く稼いだ方が余程効率的ですよ?

悪魔め!地獄に堕ちろ!

お帰りですか?査定の方は?

貴様なんぞには二度と頼まん!!死ね!豚の腸から生まれたクソッタレめ!!

では五日後に利子の返済期日が来ますので、その時またお会いしましょう。では、お待たせ致しました次の方どうぞ。我が商会は迅速丁寧便利が自慢です。店舗は綺麗で清潔、お客様の必要な物が全て揃うでしょう。
さぁ、お客様、ご用件をお伺い致します。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ