挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

妖怪屋、始めました。

作者:muya
幼い頃から見える「妖怪」のせいで解雇になった板峰は、「妖怪屋」で仕事をする事を考える。
「妖怪屋」には沢山の、妖怪を求める人々がやって来る。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

遅熟のコニカ

とある国の珍しいお仕事、女騎士派遣にて仕事に従事する女が一人。 名前をアイビー・コニカ。 歳は今年で三十になる。 とある国に、国際手配をされている子供の姿をし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全103部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 20:14
長期的自殺と他殺

 階段を一段上がる。わたしを振り返る。  階段を一段上がる。軽くつまずく。  階段を一段上がる。友達を振り返る。両親を振り返る。  階段を全段上がる。彼と、目が//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全42部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 16:39
悪の改造人間、異世界へ ~平和にのんびり暮らすつもりだったが、あまりに悲惨な世界だったので、もう一度世界征服へ挑む事にしました~

 俺は悪の秘密結社で最強の改造人間だった。  ひょんな事から異世界に転移した俺は、しがらみから解放され、のんびり暮らそうと思っていた。  けれど、一見平和そう//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全112部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 16:49
↑ページトップへ