挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
( ´・ω・`)勇者はお払い箱→まものの森でスローライフ→魔王認定される→いい加減ぶちキレました→ずっと俺の無双ターン(←ずっとココ) 作者:すみもりさい

第三章:(´・ω・`)勇者は魔王ですか?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/64

33◆(´・ω・`)勇者は空を飛ぶ


 朝もやに煙る湖畔。 
 そろーりそろりと、ククルは静寂を破らぬよう足を忍ばせる。

「怖くないですよー。そのまま、そのままでいてくださいねー」

 彼女が向かう先には、白い馬が足を湖に浸けて佇んでいた。じぃっとククルを見つめるその背には、白い翼が生えている。

 空飛ぶ馬、ペガサスだ。

 じりじりと近寄る女の子から視線を外さず、長い尻尾を揺らめかせている。

 と、木々の間からロープが放たれた。
 先が輪っかになったロープは狙い違わずペガサスの首に絡みつく。

 ペガサスは翼を大きく広げ、身をよじった。

「ぬぉっ!」

 ロープが引っ張られ、それをつかんでいた男が茂みの向こうから飛んできた。ガリウスだ。
 ペガサスを押さえきれずに翻弄され、地面に転がった。

「それぇ!」

 ククルが掛け声とともに飛びかかる。同時にガリウスの背後からも巨大な影が飛び出した。こちらはアオだ。

 アオはペガサスの頭上を飛び越えた。驚いたペガサスは飛び立つことができず、その場で足踏みする。すかさずククルがロープをつかみ、ぐいっと引っ張った。

 嘶きがひとつ。ペガサスはククルの力強さにまいったのか、抵抗をやめた。

「大人しくしてくださいね。すぐに済みますから」

 ククルはロープを手繰り寄せつつ近づいて、その脚をぽんぽんと優しく叩いた。

「ふぅ、すまなかった。やはり俺の力では無理があったな」

「でも、一回でロープをかけられましたよ。さすがです」

 投げ縄の扱いは【アイテム・マスター】でどうにでもなるが、問題はその先だ。この恩恵ギフトは操る先に動物がいると上手くいかないのだ。
 だが、ククルのパワーとアオの連携で目的のペガサスは捕らえることができた。

 ガリウスは腰のポーチからハサミを取り出すと、手早く尻尾の毛をひとつかみ分ほど、切り取った。

「無理に捕まえてしまってごめんなさいです。ご迷惑をおかけしました」

 ククルがロープを外すと、ペガサスはぷいっと不機嫌そうにして飛び立っていった。

「これも拾っていくか」

 水面に浮かぶ幾つもの羽も回収する。ペガサス自体が稀少種で、羽の一枚にも相当な魔力が蓄えられている。素材としては一級品だろう。

 ただし今回の目的は、あくまで『ペガサスの尾の毛』だ。

 ガリウスは動物に乗るのが苦手である。
 手綱さばきは超一流でも、動物が相手では振り落とされてしまうのだ。
 しかも飛竜に乗るとなれば、難易度が跳ね上がる。

 そこで飛竜を操ることに特化したアイテム――『竜操の手綱』を作ろうとしていた。
 ペガサスの尾の毛はその材料のひとつだ。

「残るは『千年竜の鱗』か……」

 名前からして国宝級の稀少素材だ。実際、王国の宝物庫にひとつだけ眠っていると噂されるほど。
 ところが、この最果ての森では入手方法が存在した――。



 リムルレスタの都から、さらに東。
 巨大山脈の手前までやってきた。山脈には劣るものの、二千メートル級の高い山々が連なっている。

 とある山の中腹まで固い雪道を登り、ぐるりと裏側へ回ると。

「ふわ~、すごい景色ですね」

 アオにまたがったククルが目を丸くする。

 深い、とてつもなく深い渓谷だった。
 まるで山が二つに裂かれたようで、山肌は歪に削られている。壁面には凍った雪が貼りついていた。谷の底は真っ暗で窺い知れない。

 そこを悠然と飛び回る、数百に上る飛竜たち。
 体長は長い尾を入れなければ三~五メートルほど。茶色や灰色、真っ黒など、色は様々だった。

 すぐ横を通過した飛竜が、ちらりとガリウスたちに目を向けた。
 警戒はしているようだが、襲いかかってはこない。

 正規の道(・・・・)を進んでいる限り、客として扱ってくれるそうだ。

 しばらく歩いていくと、崖の真ん中に平らな部分がせり出しているところにたどり着いた。

 そこに、巨大なドラゴンが寝そべっていた。
 長い首を持ち上げ、二十メートルほど上から見下ろしてくる。

『ほう、人族とは珍しい。なんの用だ? まさか儂を討伐に来たのではあるまいな』

 頭の中に直接響くような低い声音。

「貴方がこの辺りを管轄する精霊獣、エンシェント・ドラゴンのファヴニールか?」

『いかにも。して? 何用であるかの質問には答えぬのか?』

「失礼した。貴方を討伐に来たのではない。お願いと、相談がある」

 ガリウスはここに至る事情を説明した。

『ほほう、遥か西の王国がなあ。儂らには関係ない、とも言えぬか。ヒトの強欲は果てがない。国を奪うような連中ならば、いずれこの地にも手を伸ばしてくるだろう』

 理解を示した巨大竜だったが、大きな目を眇めてガリウスを見やる。

『鱗なんぞはいくらでも生えてくるから惜しくはない。が、タダでくれてやる義理もない』

「ああ、わかっているさ」

 ガリウスはアオに括りつけた大きな樽を下ろした。二つあるうちのひとつだ。

 蓋を開けると、ファヴニールは『むむっ』と首を垂れる。大きな口で器用に咥え、天高く持ち上げて逆さまにした。
 樽の中に入っていた液体がどばどばと口内に落ちていく。最後は樽をバリボリ砕いて飲みこんだ。

『ぷはぁ……。うむ、美味であった。酒なぞ何十年ぶりであろうか』

 満足そうに目を細めたものの、『しかし』とファヴニールは顔をそむけた。

『まだ足りぬな』

 むろん、想定の範囲内である。
 酒樽ひとつで国宝級の素材が手にできるとは思っていない。

 ガリウスは再びアオに近寄ると、荷物の中からモップを取り出した。ククルもアオの背から降り、モップを持って腕まくり。

 山肌にしみ出た水でモップの先を濡らし、

『うはっ、うほほほぉ!』

 ごしごしと巨大竜の体を磨いていった。

『うむ、よい、よいぞぉ。くすぐったくも汚れが落ちる爽快感。やはりこれ! これをしてもらわなくてはなあ』

 ファヴニールはご満悦である。
 背中や頭、尻尾の先まで丁寧に。かなり時間と体力を持っていかれたが、ついにピカピカに磨き上げると、

『ここに対価は受領した。我が鱗、持っていくがよい』

 宣言とともに、手のひら大の鱗が二枚、ガリウスの前に落ちてきた。

「ありがたい。ではさっそく、アイテムを作ろうと思う。ここで作業しても構わないか?」

『自由にしてよい。人族の恩恵ギフトとやらも眺めてみたいしな』

 ガリウスは荷物の中から、大きめの頭絡を取り出した。革製の手綱と金属製のはみがセットになったものだ。
 さらにペガサスの尾の毛束と、裁縫道具。

 地面に腰を落とし、まずは手綱部分にナイフで薄く切れこみを入れる。そこへ毛を押しこんで、毛を糸代わりに縫っていった。
 その作業を繰り返し、手綱全体にペガサスの魔力が行き渡るようにして第一段階は終了。

 次に銜の両側に竜の鱗を取り付ける。特殊な接着剤で貼りつけ、革ひもでしっかりと固定した。

 これで『竜操の手綱』は完成だ。

 そして残るは――。

「飛竜を一体、雇いたい(・・・・)

 ガリウスが告げると、ファヴニールは山を揺らすほどの咆哮を上げた。
 しばらくして、一体の飛竜が舞い降りる。黒い鱗を持つ、立って三メートルほどの個体だった。

『食事は週二度。うち一回は酒も付けること。また二週間に一度は体を磨く。その条件で一年、だそうだ』

「コストがかさむな……」

『まからんぞ?』

「いや、その条件でお願いしよう」

 対費用効果で考えれば破格だ。文句を言って機嫌を損ねるほうが問題だった。

 ガリウスはもうひとつ用意した樽を抱えてきて、蓋を開けた。黒い飛竜がペタペタと寄ってきて、樽の中に首を突っこむ。ごくごくとすぐさま空にして、クェッとひと声鳴いた。

『契約は完了した。我が同胞だ。大切に扱ってくれ』

「ああ、そのつもりだ。よろしく頼む」

 ぽんと飛竜の首を叩くと、クェッとまたもひと声鳴く。

「ガリウスさん、試しに乗ってみてはどうですか?」とククル。

「えっ、いや……」

『乗り心地は保証するが、あとで文句を言われても困るからな』

「いやだから、酒を飲んだろう?」

『安心しろ。その程度で酔うものか』

 ゆらゆら首を揺らす飛竜にはまったく説得力がなかった。
 だが断る状況でもなさそうなので、仕方なく頭絡を嵌め、飛竜にまたがった。

 【アイテム・マスター】を発動。直後、自らをアイテム化する感覚とともに、飛竜もその一部となったような感触に震えた。

 手綱を引く。ばさりと翼をはためかせ、飛竜が浮き上がった。
 高く、速く。
 空を翔けていく。

(これは……すごいな)

 振り落とされる心配は、微塵も感じなかった。飛竜と一体になった、そんな気分だ。ただほろ酔いで調子に乗っているのか、ぐるぐる旋回されて気持ちが悪くなる。

 そして、もうひとつ。

(目を、開けていられない……)

 あまりのスピードに冷たい風を正面から受け、涙が止まらなかった。
 酒を与えるのは寝る前に。
 飛行中はゴーグルを着用する。
 そう決めるガリウスだった――。

同時連載中の作品もよろしければご覧ください。(タイトルをクリックしてページに飛びます)
ドラゴンに三度轢かれた俺の転生職人ライフ
ドラゴン転生を繰り返してチート能力を手にした冒険者がゆるゆる職人ライフを満喫するお話です。※書籍版第一巻が重版しました!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ