挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
無双転生。脳筋が進む異世界冒険潭 作者:ごりマッチ

一章~転生~仲間達

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/31

一瞬の飲み会。

お試しに改行をどうしたら出来るのかを試したのもあり、短いので、一瞬です
それもありますなぁ!貴方強いのね!流石と言っとこう-------------------------え?いや、何これ?馬鹿みたいに褒められる祭かなにかなのかな?狂ったように、「貴方の筋肉を見せてー!」とか、「いやいや素晴らしい闘いでしたなぁ!」の連呼だよ。----------------------すると、ここでゼイルが寄ってくる。嬉しそうな顔をしてね。----------------------「どうですか?この話し合いは?そんなに堅苦しい物では無いでしょう?」---------------------凄い能天気だった。というか浮かれてるのかな?そんなにめでたがる事でも無い気がするんだけどねぇ。-----------------------俺が適当に飯を食い、話を聞くだけで、終わりそうだ。-------------------------.... あれ、本当に終わったぞ?すると、先程まで全員が居たドームの中から、酔いの覚めたゼイルが出てきて、----------------------「すいません。まさか我の父を含めたほぼ全員が、酔いに酔いまくるだけになるとは思いもしませんでした。」-------------------------本当だよな。「もしかして、ギガンテスって、こういう種族だったりする?」と聞くと、---------------------「そうですね、恥ずかしながら。ははは。------------------------------大丈夫かこの種族?と思ってしまった。てか、もう眠ろう。
どうやったら改行出来るのだろう。[←を横に倒した奴を連打すると、次の行に移るときに一つ前の行の後半の二文字位が付いてきてしまう!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ