挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
現代最強は楽しいハンバーガーに転生しました 作者:黒木シロウ

三章『ギア編』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

214/224

第214話 メアリー・ロゼリアス4

挿絵(By みてみん)

昨日から語られていない過去のワンシーンを挿絵として描いています。わかった人はすごいです。

 水蒸気の消えたあと、メアの姿はどこにも無く巨大な花だけが残っていた。

 俺は花を観察する。茎も葉もねぇ、肉厚な花弁を5つ持つだけの3メートルはある巨大花。

 これもラフレシアか? この間の花罠フラワートラップの時と同じだが、サイズが違ぇ。

 身構えていた俺だが、ラフレシアは動かねぇ。
 時間稼ぎか?

 すると会場がざわめき立つ。俺は周りを見渡す。

 魔物たちが苦しんでいる。試合場に近い魔物から次々に倒れて口から泡を吐いている。

 まさか、

「臭いか」
「その通りよ」

 ラフレシアの中からメアが現れた。

「生の肉体を持たない貴方には分からないでしょうけどね、この覇王花ラフレシアの放つ悪臭はどんな生き物でも失神させるわ!」
「俺には効かねえって分かってんだろ?」
「毒は効かないけど臭いならって薄い希望に掛けたのよ」
「仮にも絶者候補が希望にすがるんじゃねぇ」
「なんとでもいいなさい! 勝つためなら手段は選ばないわ!」

 それは共感する。

「おい、花をしまえよ」
「嫌よ、もしかしたら効いているのに我慢している可能性だってあるわ」
「ねぇって」
「この臭いはどんどん広がっていくわよ、放っておけば魔王城全域に広がるわ!」

 さすがに不味いんじゃねぇの? まだ魔王の所にまで臭いは届いてねぇみてぇだけどよ。 臭くて気分を害されたら面倒だ。

 そんな時、魔王の横にいるアリス様が叫んだ。

結界バリアを、試合場に結界バリアを張りなさい!」

 魔王の周りに控えている魔法に優れたローブを着た魔物どもが、試合場に半球状の結界バリアを張る。このドーム型の結界バリアなら臭いが外に漏れる心配もねぇ。

「魔王様! 申し訳ございません! 私のメアリーが」
「ん? 我は気にしていないぞ、なかなか良い香りではないか」
「魔王様の寛大なる器に感謝いたします!」
「本当にいい匂いだぞ」

 その様子をホネルトンは頭蓋骨を歪ませて見ている。それでも言葉を発することはしない。

 メアに視線を戻すと、さっきまでの様子とは打って変わって笑みを浮かべている。

「ふふ」
「あん? 何がおかしいんだ?」
「計画通りにことが進むと、どうしても笑っちゃうわよね」
「笑わねぇよ、予定通りくれぇでよ」
「ふふ、ふふふ、なんとでも言いなさい。貴方はもう食虫植物に捕えられた哀れな虫同然なのよ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ