挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

心が映し始めた道

作者:鈴にゃんこ♪
過ぎたはずの春から滲み出た風が
私の揺れ動く心を映し、
片時もぶれることなく通りすぎる。
心の中に数々の苦しみや悲しみを握ったまま、
大気の中に溢れてしまいそうな涙を隠し、
探しても見当たらなかった言葉に
どこか安心感を抱く。
例え、壊れそうになるときがきても、
ありのままを伏せたい。

だけど、そう思っているくせに
訳もなくひたすら何かを信じたい。
散歩中、
海とすれ違った遠い空に心を浸す。
私の瞳に映ったのは、一筋の光。
今やっと見つけ出した自分ただ一人だけの道。
たった一つの、心が映し始めた道。
私はもう手放したりはしないよ。
過ぎ行く季節の中で、ようやく見つけた道を…

そして、今も
刻々と時は刻まれている。
読んでくださり、ありがとうございました。
かなりの自信作なので、閲覧したら感想を寄せていただけたら
嬉しいです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ