挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
清治の能力 作者:白木
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7621/7640

旧天界の事情

「そうだった・・のか、うん、分かったよ。父ちゃん・・」

 清治が頷くと、竜神は穏やかな顔になった。櫂も言う事は分かるものの、まだ全てを理解出来ている訳では無いので、少し首を傾げている。そして、竜神は更に言う。

「天魔王は、その後現天帝との闘いの末に、地上界に落ちる事を条件にその身を引いた。だが、清王、櫂王の罪をわしにも責任を浴びせ、竜神としての地位を失脚させてもいた。それはやがて、地上界を制圧し、力を蓄え自分が再び天に戻らんが為だ。又鬼子母神様も天上界のご法度によって同時期地上界に落とされた。お腹に現天王を抱えながらな。その鬼子母神様を天魔王は自分の配下とし、実に邪険に扱った。しかし、皮肉にも地上界に落とした清治、お前によって鬼子母神様は救われたのだ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ