挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

SAYA:2019 いつかこのロッカーを開けるあなたへ

作者:志室幸太郎
 放課後になって、私は友だちとのささやかな世間話を済ませたあと、教室を出た。
 私は平静を装ってサークル棟へ向かうが、内心は走っていきたいくらいだった。

 サークル棟の三階はとても静かだ。
 以前はこのサークル棟も埋まっていて生徒たちで賑わっていたらしいけど、今は少子化やらなにやらで生徒数も減ってしまって、それに伴い当然部活も減った。
 学校には申し訳ないけど、私にとってはありがたいことだった。
 三階の一番奥の教室の扉を、私は開ける。

 中に入ると、うっすらカビの匂いがした。
 教室のほとんどは使われなくなった机と椅子で埋まっている。奥の方にはロッカーが並んでいるが、積まれた机に隠れてほとんど見えなかった。
 私は鞄をお腹にかかえるように持って、しゃがんで机の下を覗き込んだ。

「よっ」
「や」

 あまりにも短い挨拶を、私とミツルは交わす。
 ミツルは読んでいた文庫本を閉じて微笑んだ。

「おいで?」

 私はにやけるのをこらえながら、机の下を這うようにして進んでいく。
 机のトンネルを抜けて教室の奥まで行くと、二畳ほどのスペースがある。
 私たちは二人とも両親が厳しくて、お互いの家に遊びに行くことができなかった。高校生なのでお金もあまりない。
 だから私たちは、学校に私たちの部屋を作ってしまったというわけだ。

 鞄を置いて、寄りかかるようにしてミツルの腰に抱き着いた。

「んー……」
「猫か」
「いたっ」

 ミツルは私の頭を軽くチョップして、それから優しく撫でてくれた。
 こうなってしまえば私は本当に猫のようなものだ。ごろごろと鳴くしかない。

「なに読んでたの?」
「官能小説」
「え!?」
「嘘だよ。今度映画化が決まった推理小説」
「アホ」
「いたたた」

 私がミツルの太ももをつねると、ミツルは痛がりながらも笑った。ミツルはMなのかもしれない。
 しかし私は、これがミツルの演技であることを知っている。
 ミツルはほとんど怒ることがない。私がなにか失敗しても、ミツルを傷つけるようなことを言っても、彼は「いいよいいよ」で済ませてしまう。
 なぜこんなにも優しいのか。

 ミツルは、あらゆることに興味がない。

 彼にとって日常の様々な出来事は、良いことであれ悪いことであれ、この世界で起きる当然の出来事として受け入れてしまう。
 軽口を叩いたり笑ったりするのも、円滑に生きるための油程度にしか考えていないようだ。
 きっと私が別れようと言えば「わかった」と言うだろうし、私が死んでしまっても「仕方ないことだ」と思うに違いない。

 だからこそ。ミツルがこうして私と一緒にいてくれることが嬉しくもあった。

 私が興味をなくさない限り、ミツルはこの状態を受け入れ続けてくれる。
 ずっとこのまま一生を終えるのも悪くない。

 だけど、あまりに私に興味を示してくれなくて面白くないこともある。
 私を放置して、彼がまた文庫本を読み始めたこともその一つだ。

 なので私は柄にもなく、ミツルをいじめたくなった。
 私はミツルに寄りかかっていた体を起こして、文庫本を取り上げた。

「サヤ? ――ん」

 ミツルの唇に、私の唇を重ねる。
 一瞬戸惑ったが、やはりミツルはこんな私のいじわるも受け入れてくれた。未だに緊張して強張ってしまう私の唇を、溶かすように舐めて、ついばむ。
 ミツルの顔がひんやりしているように感じるのは、おそらく私の顔が熱くなっているからだろう。
 脳内でなにか危ない薬が大量に分泌されているらしい。キスだけだというのに、あまりの快楽に自然と声が出てしまう。
 もうダメだと思って唇を離すと、唾液が糸を引いた。
 ミツルはうすく微笑んでいるが、きっと私はだらしない顔でミツルを見ている。

「どうして欲しい?」
「……好きなようにして」

 本当にミツルがしたくてしているのか、「好きなようにして」をミツルなりの解釈で実行しているのかはわからない。
 とにかくミツルは、私にキスをしながら、私の背を支えてゆっくりと横たえた。

    ・・

「はあ……」

 私はミツルの胸を枕にしながら目を閉じて、外から聞こえてくる生徒たちの声を聞いてため息をつく。

「どうしたの?」
「なんか背徳感が……」
「それがいいんじゃないの?」
「アホ」

 言いながら、ミツルのお腹をぽんと叩いた。

「……サヤ」
「……なに?」
「本読んでいい?」

 私はほとんど跳ねるように起きて、ミツルの顔に文庫本を叩きつけた。

「痛いよサヤ……」

 そう言いながらも、ミツルは横たわったまま文庫本を開く。
 私は大きなため息をついて、鞄からペンとノートを取り出した。
 そしてミツルの隣に横たわる。

「なに書くの?」

 ミツルは文庫本に目を走らせながら訊いてきた。

「手紙」
「誰に?」
「新しい彼氏」
「それは残念だ」

 嘘つけ。
 私は何を書こうか少し悩んでから、隣にあったロッカーの扉を見てペンを走らせる。

 “いつかこのロッカーを開けるあなたへ”
 コロンシリーズの世界を舞台に、二人で繋がりのある話を書いてみようという企画です。
 ウサギ様による後編も併せてお楽しみください。
 「MITURU:2029 いつかこの手紙を綴ったあなたは」
 http://ncode.syosetu.com/n0871di/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ