挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/37

【急募】学園で死体を処理する方法【男性一名】

 2人の学生が初夏の屋上にいた。

 1人は白銀の髪の美しい少女。

 もう1人は黒髪の平凡な少年。

「裏のありそうな事件だけど、表面上は解決ということになったわ。でも姉様は専門の調査部隊を立ち上げる準備をしているし、私も協力するつもりだからまだこれからね」

 少女が言った。

「ほどほどにね」

 少年が言った。

「というわけであなたの容疑は晴れたわ。迷惑かけたわね」

「それはいいんだけどさ」

 2人の間に風が通り抜けた。少女のスカートが揺れて、白い脚があらわになる。

「クソ暑いから中に入らない?」

 天気のいい本日は、真昼の太陽が燦々と照りつけてくる。 二人の足から濃い影が伸びて、遠くからはもう夏虫の声が聞こえてくる。

「待って。二点、言っておきたい事があって」

「ここで?」

「ここで」

 少女は目を細めて青い空を見上げた。

「一点目、一応感謝の言葉を言っておこうと思って。前に、私の剣が好きって言ってくれたでしょ。遅くなったけど、ありがとう」

「いいよ、別に」

「ようやく自分の剣が好きになれたの。あなたのおかげじゃないけれど」

「一言余計だとは思わない?」

「事実だから」

 2人の視線がぶつかった。先に視線を外したのは少年だった。

「まぁでも、好きになれたんならよかったんじゃない」

「そうね、よかったわ」

 少女は微笑んだ。

「それで二点目は?」

「これまで付き合っているふりをしてきた訳だけど、今回の事件でゼノンが死んでくれたから」

「僕はようやくお役御免って訳だ」

「そこで一つ提案なんだけれど」

 少女はどこか言い辛そうに言葉を探す。

「もし、あなたさえ良ければ……」

 少女の赤い瞳がキョロキョロする。

「もう少しこの関係を続けてみないかなって」

 少しだけ、小さな声で少女は言った。

 少年は爽やかに微笑んだ。

「お断りだ」

 中指を突き立てて、少年は言った。

 少女がスラリと剣を抜いた。



 夕方、この屋上に訪れた生徒はそこで大量の血痕を発見する。

 しかし多量の血が流れているにも関わらず、遺体は付近に見当たらなかった。生徒や学園関係者を調べても、重傷者や行方不明者は存在せず事件は迷宮入りとなる。

 後に、この事件は『死体のない殺人事件』として学園七不思議になるのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ