挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
陰の実力者になりたくて! 作者:あかさたな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/37

生身の人間という枠の中にいてはテポドンで蒸発する

 きっかけが何だったのかは覚えていない。ただ物心がついた頃には僕はもう『陰の実力者』に憧れていた。

 アニメなのか、漫画なのか、映画なのか、いや、何でもいいのだ。陰の実力者であれば、それが何であったとしても僕はよかった。

 主人公でもなく、ラスボスでもなく、物語に陰ながら介入し実力を見せつけて行く存在。

 僕はそんな陰の実力者に憧れ、そうなりたいと思った。

 誰もが子供の頃憧れたヒーローのように、僕にとってそれが陰の実力者だった。それだけのことだ。

 ただヒーローに憧れた子供たちと違うのは、僕のそれは一時の熱病では決してなく、もっと深い心の底で燃え続け、いつまでも消えることなく僕を突き動かした。

 空手、ボクシング、剣道、総合格闘技……強くなるために必要なものは全力で習得し、そして実力は隠し続けた。いつか来るその日のために。

 学校では平凡を貫いた。決して目立たない、人畜無害なモブA。

 しかし日常の裏側は修行に全てを費やした。

 それが僕の青春であり、学生生活であった。

 だけど、時が経つにつれて不安が押し寄せてきた。現実と向き合う時が来た。

 そう、こんな事をしていても、無駄なのだ。

 巷に溢れている格闘技をいくら習得しても、物語の世界にいた陰の実力者のような、圧倒的な力は手には入らないのだ。

 僕に出来るのはせいぜいチンピラ数人をボコれるだけ。飛道具が出てきたら厳しいし、完全武装の軍人に囲まれたらお終いだ。

 軍人にボコれられる陰の実力者……笑える。

 僕がこの先何十年修行しても、たとえ世界最強の格闘家になったとしても、きっと軍人に囲まれたらボコられるのだろう。いや、もしかしたら何とかなるのかもしれない。人間は鍛えれば軍人に囲まれてもボコり返すだけの可能性があるのかもしれない。

 しかし仮に軍人を打倒したところで、頭上にテポドンが落ちてきたら蒸発する、それが人間の限界だ。

 これだけは断言できる。僕が憧れた陰の実力者はテポドンで蒸発しないのだ。だから僕も、テポドンで蒸発しない人間にならなければいけないのだ。

 テポドンで蒸発しないために必要なものは何か?

 パンチ力か?

 鋼の肉体か?

 無尽蔵なスタミナか?

 そんなものじゃない。

 もっと別の、異なる力が必要なのだ。

 そう、魔力、マナ、気、オーラ、何でもいい。未知なる力を取り入れる必要があった。

 それが、僕が現実と向き合った末たどり着いた答えだ。

 例えば魔力を探している人がいたとする。

 きっと誰もか正気を疑うだろう。

 僕だってそうだ。同じように正気を疑うだろう。

 だけど、どうだろう。

 この世界にはまだ魔力の存在を証明した人はいない。でも魔力が存在しないことを証明した人もまたいないのだ。

 正気では僕の目指した力は手に入らない。それはきっと狂気の先にあるものなのだ。

 それからの修行は困難を極めた。

 魔力、マナ、気、オーラ、そんなものを習得する方法は誰も知らないのだ。

 僕は座禅を組み、滝に打たれ、瞑想し、断食し、ヨガを極め、改宗し、精霊を探し、神に祈り、自身を十字架に張り付けた。

 正解は存在しない。暗闇の中を、自分が信じた道を、ただ突き進むのみ。

 そして時が経ち、僕は高校最後の夏を迎える。

 魔力もマナも気もオーラも、まだ見つかっていない……。


  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 いつもの修行を終えると辺りはすっかり暗くなっていた。

 僕は傍らに脱ぎ捨てていた下着を身につけ学生服に袖を通す。

 未知なる力はまだ身につけていない。しかし最近続けている修行には手応えを感じている。

 今もそうだ。

 修行を終えたこの身は、頭の中がチカチカと輝き、視界がグラグラと揺れている。

 魔力か……あるいはオーラか……。

 その影響を確かに感じるのだ。

 今日の修行も実に充実したものだったと言えよう。

 森で服を脱ぎ捨て全裸になることで森羅万象を感じ、大木に頭を打ち続けることで物理的に雑念を排除し、かつ脳に刺激を与えることで未知なる力の覚醒を促す。

 極めて理論的な修行方法である。

 ああ、視界がぼやける。

 まるで脳震盪でも起こしたかのようだ。

 ふわふわと、まるで空を飛ぶかのような足取りで、僕は森を下りていく。

 その時ふと、揺れる光を見つけた。

 まるで宙を泳ぐかのように、横切っていく二つの光。

 不思議な光だ。まるで僕を誘うように怪しく導いている。

「ま、魔力……?」

僕はおぼつかない足取りで近づく。

 きっと……きっと魔力だ!

 ついに僕は未知なる力を見つけたのだ!

 いつしか歩みは駆け足へと変わり、木の根に足を取られても、そのまま転がるように、獣のように走る。

「魔力! 魔力! 魔力! 魔力魔力魔力魔力魔力!!!!」

 僕は二つの光の前に飛び出し、捕まえ……。

「あ……?」

 ヘッドライトが白く世界を染めた。

 けたたましいブレーキ音が頭の中に響いた。

 衝撃が身体を貫き、僕の……魔力…………。


  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 結果として、僕は魔力を見つけることができた。

 目が覚めたら周囲は魔力で満ちていたのだ。最後に見た二つの光とは少し違う気がするが、まぁ些細な問題だ。

 あ、そうそう、さらに些細なことだがついでに転生していた。きっと魔力を見つけて転生の扉でも開いたのだろう。どうでもいい。

 とりあえず現在の僕は生後数ヶ月の男児。意識がはっきりしたのは最近だし、時間の感覚もまだ曖昧で正確なところはわからない。

 何より言葉も分からないし、中世ヨーロッパぐらいの文明っぽいってことがわかれば十分だろう。

 なにしろ僕は魔力を手にしたのだ。それが全てであり、過程やおまけに興味はない。

 意識が覚醒してすぐ、僕はこの魔力に気づいた。ふわふわと漂う光る粒子の姿はまるで、前世の修行で精霊を探すためお花畑を全裸で走り回ったときの感覚にそっくりだった。

 あの修行は無駄ではなかったのだ。その証拠に僕は魔力をすぐ知覚し、そして今では手足のように操ることが出来る。この感覚はキリストを参考に全裸で十字架に貼り付けられたとき感じた……いや、改宗を繰り返し全裸で踊り祈りを捧げたときか……おそらく全ての修行が活きているのだろう。

 もう既に身体強化が出来ることは確認している。

 赤子の有り余る時間を修行に使い僕は今度こそ陰の実力者に……あ、うんこ出る。

 そう言えば鳥はうんこ垂れ流しらしいが、人間の赤子もほぼ垂れ流しに近い。どれだけ理性で抗おうとも、本能が出せと囁くのだ。しかし修行に明け暮れた僕は身体強化で肛門括約筋を締め上げ時間を稼ぎ、その間に……。

「おぎやぁぁぁぁあああ!!」

 人を呼ぶことができるのだ。

書き溜め尽きるまで毎日0時更新
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ