挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うんこ 作者:Unknown

専業主婦編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/75

びょ

いつ書いたか忘れたやつ
今日病院だが
行きたくなくて
行くか迷っている
おれの親は
俺が働いてるときは何も言わなかったが
仕事やめた瞬間精神科とか心療内科を俺に勧めた
精神科に行った
最初の病院では、「話を聞く限りあなたは発達障害で間違いない」とか「障害者手帳を作りましょうか」とか言われて
その病院に行かなくなって別の病院行ったら、「あなたに発達障害はありませんよ」と断言されて、デパスとかソラナックスとか処方された
先生によって言うことが違いすぎて、何信じればいいかわからない
ネットとかでよく、精神科や心療内科は先生が合わなかったらすぐ病院を変えた方がいいと聞く
同じ話をしても、先生によって言うことは全然違う
多分俺は、前者の方の病院に行き続けてたら、発達障害の認定を正式に受けていて、多分、障害者手帳も一応取るだけ取っていた
そしてもしかしたら障害者枠で働いてたかもしれない
手帳は、持ってることを職場に明かす義務はないらしい
手帳持ってても障害者枠じゃなくて普通に働いてる人は沢山いると思う
後者の病院に行ってれば、俺は、機械的なやり取りの後でとりあえず薬を二週間分処方されるのを繰り返すだけだと思う
薬飲んでも、効果がない
高校から何年もずっと躁鬱だった姉は、薬を飲むようになっても何かが変わった気はしなかったと言っていた
薬が切れると不安になるだけだと言っていた
姉は今、ましになった
何年か前にオーバードーズで救急車に運ばれて入院したときから、だんだんなんか変わってきた
ここ1年とかが偶然落ち着いてるだけで、いつか姉は躁鬱の症状がまた出るようになるのかもしれない
躁鬱は、寛解はするが、完全に元通りには治らないとなんかに書いてあった
姉は、結婚して、今妊娠している
俺は姉の妊娠をしばらく前に聞いたとき、内心、まじかよと思った
百パー喜ぶことはできなかった
姉の子宮の中で赤ちゃんが動きまくったり蹴りまくっている
その動画を見せられた
たまに、鮮明に、四肢とか頭部が見えた
とりあえず「すげえ」と言った
俺には想像つかないが、子供を育てることはかなり重いことなんじゃないかと思う
親は幸せだから子供を作ろうとしたんだと思うが、子供が確実に幸せになれるかはわからない
子供の時に虐待されてた人が結婚して子供を作ったとき、その子供には自分が親にされたことは絶対しないと決めてた人も、子供の頃自分がされた虐待を自分の子供にも繰り返してしまうみたいケースを、よく聞いたり見たりする
なんかの本に書いてあったが、精神病は親から子にも遺伝する
俺の母方の祖母と祖父はなんか頭おかしくて、俺の母もなんか不安定で、俺の姉も躁鬱で、俺もこんなんで、でも俺の妹は唯一きょうだいの中で社交的な明るい性格だった
しかし妹もアホなので、もしかしたら俺の一族はやべえ一族なのかもしれない
父のことが昔から苦手だった
小さい頃、よく俺は父にぶん殴られた
父は学生時代典型的なヤンキーだった
俺とは真逆の人間だ
ていうか俺の親は、中学の同窓会の幹事を2人揃ってやってるような、俺とは真逆の人間だ
殴られたくないから、父に逆らったことがない
父は、少し逆らうだけでブチギレる
百パーありえないが、仮に、俺が人と結婚して子供作ったら、多分その子供はやばい人間に成長すると思う
俺自身が、普通をよくわかってないため、普通な人間には育たないと思う
俺は内心姉が子供を持つのを心配している
そもそも、離婚する可能性もある
3組に1組は離婚する
でもそれは俺が心配するようなことではない
多分欠点がない人はいないから、子どもを生むのとか、案外みんな軽いノリなのかもしれない
大体の人は、なんだかんだ普通に生きれる
俺はまだ恵まれている
普通の範囲で生きている
なにもせずただ寝ている
ヤンキーの子は、往往にして、えり足だけがなぜか異常に長い
そして変な名前をつける
俺は源氏名みたいな名前であった
ジジイになった時が恥ずかしい名前だ
でも案外、たまによくいる名前だった
ていうかジジイになるまで生きてる気がしない
ソラナックスは究極のダイエット薬
とかいう記事が
ネットにあった
ソラナックスで激やせした人もいれば
ソラナックスで食欲減ったことない人もいた
俺はソラナックスで痩せたことない
ていうか効果を実感したことない
人による
ていうか、精神薬はダイエットに安易に使うべきではない
発達障害に認定されてもされなくても生きづらさみたいなのは変わらない
薬を飲んで、何も人格変わらない
効果あるように思えない
多分ない
多分俺は
飲んでも特に何も変わらない
薬でどうにかなるわけない
でも病院行ったら殺されるわけでもないので、一応行く
鏡を見ると俺が突っ立っていた
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ