挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔ボーイズラブ要素〕〔ガールズラブ要素〕〔残酷描写〕 が含まれています。

百合星の騎士と孤島の姫

アトルヘイア公国の南端の孤島を領地とするラッフェルガウ城。
ラッフェルガウの城伯に養子として引き取られていた少女は周囲から姫様と呼ばれ、いずれは城伯を世襲しなければならない立場にあった。
ラッフェルガウ城伯が亡くなり、姫様は城伯の立場を継ぐことになる。これによって公国の貴族たちの思惑が揺れ動く。

剣と魔法の世界における貴族たちの争いが始まる。

※西洋中世を参考にしてはいますが、架空の世界観です。
※ボーイズラブ、ガールズラブについては保険です。
序章
2018/02/04 18:03
1. 男の価値は金貨の枚数
2018/02/06 00:16
2. ラッフェルガウの姫君
2018/02/06 20:43
3. ガントレットを此れへ
2018/02/07 19:06
4. 教会は剣戟の音ありて
2018/02/08 20:13
5. 護衛剣士は斯くなる者
2018/02/09 19:22
6. ぼくの騎士にならないかい?
2018/02/10 20:51
7. ゾーイとユーニス
2018/02/11 19:43
8. 今、全ての魔法が進化する
2018/02/12 20:43
9. 赦しと裏切りと始まり
2018/02/13 21:20
10. ”大商人”ルッツワール
2018/02/14 21:36
11. 旅の始まり
2018/02/15 21:59
12. 天幕の騎士と森の魔獣
2018/02/16 20:22
13. 剣持ちて盾持たば
2018/02/17 21:42
14. 思惑と休息
2018/02/18 21:10
15. 魔獣と暗躍
2018/02/19 23:22
16. 招かざる客
2018/02/20 19:54
17. 凶兆の渦巻いて点となり
2018/02/21 21:08
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全251部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
↑ページトップへ