挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
トラック受け止め異世界転生ッッッッッ!!!!!熱血武闘派高校生ワタルッッッッッ!!!!! 作者:しもっち
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/23

第20話 「激突!ワタルvs黒バラ盗賊団ッ!」

 前回までのあらすじ! 朝市で買い物をしていたワタルは泥棒に遭遇! 全力で走って路地裏まで追い詰めたワタルであったが、なんとそれは謎の3人組“黒バラ盗賊団”の罠であった! 追い詰めたつもりが逆に追い詰められたワタル! 3対1という絶望的な状況! さあ、どうするッッッ!!!










「俺の名は伊藤ワタルッ! 3対1でも文句はないッッ!! かかってこい、黒バラ盗賊団ッッッ!!!」

 ワタルは腕を組み、黒バラ盗賊団の3人に対して力強く叫んだ!

「だ、だったら! まずはオイラから行くぜ!」

 そう言うのは俊足のジョニー! その二つ名の通り、ワタルから逃げ切ることが出来るほどの足の速さを誇る少年だッ!!

「うおぉぉぉ!」

 ジョニーは気合いを入れて動き出したッ! そしてワタルの周囲をグルグルと走り回りだすッッッ!!!

「は、はやいッッ!!!」

 恐ろしいスピードで走り続けるジョニーに、ワタルは驚きを隠せないッ!

「ククク、どうだワタルよ……これがジョニーの能力! 超スピードだ!」

 黒バラ盗賊団団長のブレイドは、戸惑うワタルを眺めてニヤリと笑ったッ!

「へへへ、どうだい! おいらのスピードについてこれるか?」

「ちくしょうッッ!!!」

 ワタルは必死にジョニーにパンチを繰り出そうとするが、空振りッ!

「なぜだッ!? なぜ当たらないッ!?」

「ワタル! お前が攻撃をしているのは、全てオイラの残像だよ!」

「ざ、残像……ッ!」

 そう! ジョニーはワタルの周囲を超高速で走り回ることによって、無数の残像をつくりだしたのだッ! もはや彼の動きを止めることなど、誰にも出来ないのであるッッッ!!!

 するとその瞬間、ワタルの体に異変が起こったッッッ!!!

「ウッ!!! ウグゥッッ!!!」

 ワタルは突然口を押えると、力なく膝から崩れ落ちるッッッ!!!

「よ……酔った……ッッッッッ!!!!!」

 そうッ! 彼は超スピードのジョニーを必死に目で追おうとしたせいで、完全に酔ってしまったのだッッ!! ワタル、危うしッッッ!!!

「オッケー、いいわよジョニー! 下がって!」

 マリーの合図とともにジョニーは減速ッ! そして常人程度のスピードまで落とすと、余裕綽々といった表情でブレイドたちの元へと戻っていくッ!

「さあ、次は私の番よ!」

 するとマリーは、ジョニーと入れ替わるように一歩前に出て、鋭い動作で右腕を前に突き出したッ! その大きく開かれた手のひらは、未だ酔いから回復できずにうずくまるワタルに向けられているッ!

「さあ、凍りなさいッ!」

 マリーがそう叫ぶとッ!





 パキイィィィィィン……ッッッ!!!





 な、なんという事だッ! ワタルの全身が巨大な氷におおわれてしまったッ! 彼女はワタルを、目にも止まらぬスピードで氷漬けにしたのだッッッ!!!

「ふふ、驚いたかしら? これが私の美しき氷魔法! この技をくらって生き延びたものはいないわ! ……って、もう聞こえてないわね」

 そして妖艶に微笑むマリー!!!

 由々しき事態であるッ! この小説の主人公であるワタルがッ! 伊藤ワタルがッッ!!

 氷漬けにされてしまったッッッッッ!!!!!

 これではもう連載を続けることなど出来ないッ! 主人公が氷漬けにされてしまった以上、今回が最終回だッ!

 さらばワタルッ! 君の熱き戦いは読者の心に永遠に刻まれるであろうッ!!!!!





 完ッッッッッ!!!!!

























 そんなはずはァッッッッッ!!!!!





 ないのであるゥッッッッッ!!!!!





「烈ッッッッッ!!!!!」





 ジュワアアァ……ッッッ!!!





 ワタルの雄叫びと共に、彼を包み込んでいた氷が蒸発していくッ!

「な、なんですって!?」

 これにはマリーと読者の皆様も驚きであるッ!

「俺にッッッ!!! 氷魔法など効くものかッッッ!!!」

「ど、どういう事だ……!」

 ブレイドは冷や汗を垂らしながら言ったッ!

 ならばここで困惑している黒バラ盗賊団と、読者の皆様の為に説明しようッッッ!!! ワタルの今の技は、カナダに古くから伝わるカナダ流柔術奥義の一つ、“熱血体温調整術”であるッッッッッ!!!!!!!!!!

(※熱血体温調整術……極寒の国カナダで編み出された柔術奥義の一つ。体中を巡る血を気合いで沸騰させることで、急激に体温を上昇させる。すなわち、比喩でなく本当の意味で“熱血”になるのである。しかしこの技を会得するには、沸騰した血液にも耐えられる強靭な血管が必要となるため、カナダでも100年に一人しかこの技の習得者は現れない)

「だったら! 今度は俺の番だ!」

 するとブレイドは、隙のない動作でナイフを構えたッ! 刃渡り30センチほどで、取り回しが容易な得物であるッ!

「ただのナイフだからって甘く見るなよ! 俺は長年の修行で、刃物系の武器は全て完璧に扱う事が出来る! このナイフで、貴様を倒してやる!」

 そしてブレイドは、ワタルに向かって素早く踏み込んだッ!

「はあぁ!!!」

 ワタルの顔面に迫るナイフッ! しかし彼は顔色一つ変えずッ! あろうことか、大口を開けたッッッ!!!





 ガキイィィィンッッッッッ!!!!!





 金属と金属がぶつかる甲高い音ッ!



 ――いや、違うッ!



 金属と“歯”がぶつかる音が、路地裏にこだましたッッ!!

「な、何ぃ!?」

 ブレイド、またもや驚愕ッ! なんとワタルは、彼のナイフを歯でくわえることによって受け止めたのだッ!

「ぬ、抜けない……!」

 しかもブレイドが必死にナイフを引っ張っても、ワタルの口から取り出すことが出来ないッ!

 驚異の顎力ッ!

 熱血武闘派高校生ワタルは、筋肉だけでなく顎の力も鍛えていたッッッ!!!

「フンッッッ!!!」

 すかさずワタルは、ナイフをくわえたまま正拳突きッ!

 その拳は見事にブレイドの鳩尾にクリーンヒットしたッッ!!

「ぐうぅ!」

 ブレイドはパッとナイフから手を離すッ! そして呻きながら後ずさったッ!

 対するワタルは、ゆっくりとした動作で口からナイフを取り出すッ!

「ナイフ……軽く、扱いやすく、殺傷力も十分……ッ! ……だが、問題はリーチのなさだ……ッ!」

 徒手空拳による近接戦闘を得意とするワタルッ! そんな彼に対して、接近が必須となるリーチのない武器を用いるのはもはや自殺行為ッ! ブレイド、失策ッッッ!!!

「くそ……だったら!」

 するとブレイドは懐からもう一本ナイフを取り出し、ワタル目がけて素早く投げつけたッ!

「投げナイフ……確かにリーチの問題は補えるな、だがッッ!!!」

 ワタルは顔色一つ変えずにそう口にすると、飛んできたナイフを左手の中指と人差し指で挟んでキャッチッ!

「「「!?」」」

 唖然とした表情でその光景を見つめる黒バラ盗賊団の3人ッッッ!!!

「飛んできたナイフを受け止める訓練など、武闘家であれば赤子の頃からやっているッッッッッ!!!!!」

 叫ぶワタルッ! そして2本のナイフを両手で強く握りしめ、粉々に砕いたッッッ!!!





 バキバキバキッッッッッ!!!!!





「あ、兄貴……こいつやばいって! ここは一旦逃げよう!」

「私もジョニーの意見に賛成よ!」

「そ、そうだな……! お前たち! 逃げるぞ!」

 そう言ってワタルに背を向け逃げだそうとする3人! しかしワタルはそれを許さないッ!

「待てッッッッッ!!!!!」

 彼は仁王の形相で3人を呼び止めたッ!

「「「!!!」」」

 ブレイドたちはビクリとしながら立ち止まるッ! そしてワタルはこう続けたッッ!!

「お前たちに……聞きたいことがあるッ!」

 次回、「発覚!黒バラ盗賊団の真実ッ!」に続くッッッ!!!
・参考文献
[1]カナダ流柔術の奥義全集……異世界転生出版
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ