挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

着ぐるみパジャマ女子と中年騎士団長シリーズ

中年騎士団長、おっぱいに翻弄される

短編、『着ぐるみパジャマ女子、おっぱいを愛でる』の続編です。
その生き物と出会ったのは、俺の副官が出張という名のバカンスに行きやがった二週間後のことだ。
その日はとにかく忙しく、部下の訓練で馬鹿が調子に乗って怪我なんぞして、その始末に追われていた為、週に一度の報告書を作る時間がもうほとんど残っていなかった。
確かに苦手な書類作成の仕事を溜め込んでいる自分も悪いが、何も今日じゃなくてもと部下に八つ当たりしたいのを必死で抑え、怯える部下達に見送られて執務室に戻った。
そして大量にある書類を前にて途方に暮れていると、ドアが開いて謎のモフモフな物体が部屋に入ってきた。威圧を放つが微動だにしない為、疲れのあまり幻覚だろうと再び書類に目を戻すと、目の端で何やらもそもそ動く生き物。
再びドアの方に目を向けてギョッとする。

全裸の女!?
そしてなぜ勢いよく後ろに一回転!?

酷く混乱した俺は顔を上げられないでいた。それでも一瞬見えた白い肌と黒い髪が、網膜に焼き付いて離れない。ガタイの良い騎士専用に作られたデカい机の向こう側に彼女はいると思われる。
暗殺者……ではないだろう。それならばもっと臭いがする筈だ。奴ら特有の臭い。俺は何故かそういう嗅覚に長けていて、一時王族の護衛をしていたくらいだ。まぁ、色々とあって今は騎士団長という地位にいるが……。
ボンヤリしていると机の端から覗く黒髪に黒い瞳。その目は興味津々に俺を見ている。未だ見える白い肌に気づき、何か着ろというと謎の皮のようなものを身に纏っている。一体なんなんだそれは。

そしてその生き物……彼女は、俺の執務室に週二回来ている。
彼女の持ってきたデンタクという道具で、騎士団での経費の計算が数時間で終わる。俺が使っても良いのだが壊しそうだから彼女に頼んで計算してもらっている。さらに彼女からの助言で「シワケ」というものを教わる。
これは俺も驚いたが、副官である奴ならもっと驚くだろう。まず部下からくる経費の報告から、項目ごとに分けて提出をさせる。そしてここでは最終の確認をするのだ。金額が細かくても彼女のデンタクがある。
俺は彼女の来ない日は外勤をして、彼女が来る日は内勤にしている。
これで副官が戻っても文句を言われることはない。俺に死角はないのだ。

そう思っていた時が俺にもあった。

「労働の報酬を頂きたいのですが」

もう見慣れた謎の皮を身に纏う彼女は、俺にそう言った。
それは勿論考えていた事だ。彼女が手伝ってくれたおかげで終わりの見えない仕事が終わった。その報酬は金貨何枚が必要だろうか。金に困っているわけにはではないが、俺の懐から出すのだから限度というものがある。

「手持ちは少ないが必ず用意しよう。金貨で何枚だ?」

「お金は要りません」

「何? 宝石か何かか?」

「いいえ、その、あの、えっと……」

不意に頬を赤らめた彼女の恥ずかしがる表情に、俺は心臓が鷲掴みにされたような錯覚を起こす。何だ。何かの呪いか?
固まる俺に構う事なく、彼女はその大きな黒い瞳を蠱惑的に光らせてモジモジしながら俺を上目遣いで見てくるため、ますます俺は彼女から目が離せなくなる。ゴクリと生唾を飲み込む音が、いやに大きく響く気がした。

「欲しいのは団長さんで……」

な、なんだってーーー!?!?
思わず叫びそうになる俺は必死に声を抑える。俺を? 彼女が? 馬鹿な。俺のような筋肉ムキムキの中年のオッサン騎士に需要があるわけないじゃないか。

「あの、わたくし最近男性と接することが少なくてですね。そこで今回の報酬に、その、だ、だ、抱きしめていただくというのは、如何なものでしょうかと……」

「は? 抱きしめる?」

「はい!その逞しいお胸……もとい、筋肉に包まれたいのであります!団長!」

「そ、そうか、そういうことか。な、なるほどな」

とりあえず腕を広げると、トタトタと駆け寄ってきた彼女は俺の胸に飛び込んできた。
温かい。柔らかい。そしてこの謎の皮の触り心地たるや……ふわりと良い匂いがする。香水じゃない、甘い香りだ。きっと彼女の香りなのだろう。
彼女は俺の盛り上がった胸の筋肉と腕の筋肉に挟まれているにも関わらず、苦しそうにすることもなくにスリスリと頬を擦り寄せ、俺の胸元に何度も触れてはため息を吐き、時折匂いを嗅ぐような鼻息が聞こえる。なんだ? 俺は臭いのか?

「はぅ……至福……おっぱいおっきい……」

何やら呟きながら蕩けるような笑みを浮かべ、うっとりとした顔を見て再び俺は固まる。何だ。一体何なんだこの小さな生き物の愛らしさは。俺の体が固まるのは何でだ? やはり呪いか?
妙な事を考えていると、どうやら存分に堪能したらしい彼女は、まだ少し紅潮させた顔に満面の笑みを浮かべて俺からそっと離れた。少し残念などと思っていない。絶対に思ってはいないぞ。

「これだけで、いいのか?」

「はい! あ、でも」

「何だ? やはり金貨か?」

「いえ、定期的に報酬を頂きたいなーって……」

「今のを、か?」

「はい!」

何という……何という欲の無さだ。この娘は己の価値というものを分かっていない。
どうやらしかめ面をしていたらしい俺に、彼女は申し訳なさそうな顔をする。

「やはり身分不相応な願いでありますか?」

「い、いや、そうではない。もっと他にもないのかと」

「え? もっと良いのでありますか? なら、膝の上に乗せて抱っことかいやいやそんな強請りすぎ……」

「いいぞ」

「マジすか! ヒャッハー!」

そう言うや否や歓声(?)をあげて、椅子に座っている俺の膝に乗る彼女。思わず腰を引いてしまう。さっきの抱擁で心も体も盛り上がっていた事に、今更ながらに気づく。危なかった。少しズレていたら大惨事だった。
それにしても彼女は小さく、軽く、柔らかく、良い匂いだ。

「あ、ごめんなさい。重くないっすか?」

「いや、平気だ。軽すぎるくらいだな」

「ですよね! 岩みたいに硬くて逞しいし! さすが鍛え方が違う!」

嬉しそうに俺の膝の上で上下に体を揺する彼女。それによって、彼女の体の柔らかい部分がよく分かってしまう。そして危ない。先程鉄の意志で治めた俺の分身が盛り上がっていく。

「おい、よせ、危ない……」

彼女の動きを止めようと体に腕を回すと、ふにょんと何かが当たる。
そう。彼女は皮一枚身につけているのみで、基本は全裸……

「ブハッ!!」

「うわっ、団長さん!? 急にどうしなすった!?」

「き、きにするな……ゲホッグフッ」

「気になるよ! めっちゃ気になるよ!!」

少しむせただけなのに異様に慌てる彼女。どうにかしようと思い彼女を再び抱きしめる。
おお、大人しくなった。これは何だか面白い。さっきは普通だったのに今は顔が真っ赤になっている。

「も、もらいすぎであります……団長さん……」

思わずニヤけそうになる顔をどうにか無表情に戻しつつ、俺は彼女の言葉が聞こえなかった振りをして、彼女が自分から離れるまでそのままでいる事にした。



信じられないことに、そんな自分がこの不思議な生き物にプロポーズしたのは、副官が戻って来る三日前のことだった。
そしてプロポーズから三日後に新たな騒動が起きるのだが、それはまた別の話だ。
今はこの小さな愛らしい生き物が、自分の腕の中にいる事を堪能しようと思う。

「あにょ、もういいれふ、はひゅ……」

すまん。やりすぎた。





お読みいただき、ありがとうございます!

本当の題名は『中年騎士団長、ちっぱいと雄っぱいに翻弄される』です。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ