挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマーク登録する場合はログインしてください。

ストロングなアイツ!

ストロングゼロ太郎

作者:Kei.ThaWest

 むかーしむかしあるところに、どんぶらこ、どんぶらこ、とおじいさんとおばあさんが流れてきました。


 ストロングゼロ太郎はきっと酒に酔って幻を見たのであろうと思い、山へ芝刈りに。川へ洗濯に。都へ天下取りに。


 天下人となったストロングゼロ太郎が海辺を歩いていると、子供達がおじいさんとおばあさんを棒で叩いていじめていました。


「こらこら、かわいそうなことは止めておきなさい」


「うるさいやい! こんな年寄りの年金の為に、俺たちは貧乏暮らし! その日食うものにも困ってるんだい!」


「痛い痛い! 底辺民の僻み妬み嫉みが痛い! そこの人、どうかわしらを助けてはくれまいか?」


 ストロングゼロ太郎はストロングゼロを飲み干して、綺麗に禿げ上がった頭をポクポクと叩きました。


「ポクポクポクポク、チーン! 閃きました!」


 こうして出来たのが共産主義です。


 おしまい。

ひゅ~!この日付を跨ぐか跨がないかの水際の攻防がたまらねえ~!!

ストロングゼロ文学毎日更新、本日も継続完了!!

  • ブックマークに追加
ブックマーク登録する場合はログインしてください。
ポイントを入れて作者を応援しましょう!
評価をするにはログインしてください。

感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はスマートフォン対応です。スマートフォンかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ