挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜 作者:鬱沢色素

サザラント王編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/50

50・エピローグ

「……とうとうサザラント王になってしまいましたか」
「マスターはたまにマリーズの想像を超える時がある」
「それは『たまに』かい? ボクは『いつも』なんだけどね……」

 グーベルグからエコーとフランも呼び出して、俺は王様の椅子とやらに座っていた。
 異世界から召喚された時は、王様に見下される側だったのになかなか感慨深いものだ。
 それに両手には美少女。
 うーん、なんて幸せなんだ。

「マコトさん? 政治なんて出来るんですか」
「難しいことは分からん。まあ、でも……なんとかなるだろう」

 楽観的に考える。

 何故なら——俺の超能力は異世界でもチートすぎるからだ。
 サザラントには資金が足りない。元々王や王女の散在のせいもあったが、その上俺を異世界に召喚する際に多額の資金を溶かしてしまったからだ。
 しかし——複製の超能力が使える俺にとっては資金などいくらでも融通出来る。

 とはいっても、過度に複製してしまってはインフレを起こしてしまう。
 だから俺は軍事費を削ることにした。

「まさか騎士団を解体するとはね」

 メイド服姿のフランが呆れたように言う。
 そう、有象無象の連中を集めるより『俺一人』の方が強いからだ。
 これによって、大幅に軍事費が削られ……ってかほとんどなくなった。

 他国が侵攻してきたら、それはそれで戦争の大義名分が出来るしな。
 戦争で勝って多額の賠償金を勝ち取ってやる。
 うーん、順風満帆すぎる。

「トーナメントで優勝した、ってだけならあんまり驚かないですけど、さすがに王様になったって最初聞いた時はビックリでした」
「ボクも疑いより『ああ、やっぱりか……』って思ってしまったのがなんか不覚だよ」

 エコーとフランが言う。
 ああ、そうそう。トーナメントのことだ。
 いや、トーナメントも今となってはどうでもいいことかもしれないが、あの戦いで唯一得た収穫みたいなものがある。

 それは……。


「お兄ちゃん!」


 扉がバンと勢いよく開かれ、外から幼女ロリが俺へと飛びついてくる。

「……まさかアルヴィンが女の子なんだってな」

 ——奇術都市の領主アルヴィン。

 この異世界で超能力を使えて決勝戦で死闘を演じた相手。
 あの戦いで——エネルギー弾でオーバーキルしてしまった際に服が消滅してしまったのだ。
 その時、普通男の子には付いているものがなく、胸もふっくらと少し膨らんでいることからアルヴィンの性別が判明したのだ。

「隠さずに言ってくれよ」
「……そもそも僕、男だって一言も言ってないじゃん」

 ほっぺをすりすりと擦りつけてくるアルヴィン。

「ん〜!」
「……マスターは幼女趣味があったとは驚き」

 その様子をエコーとマリーズが歯軋りして睨みつけてくる。

「大丈夫だ。俺はロリコンなんかじゃない——全年齢の女の子をこよなく愛するんだ! お前等も来い!」

 そう声を張り上げると、二人が俺の体に抱きついてきた。
 三人の女の子が俺の体にしがみついている。

 なんと至福の瞬間なのだ!
 メッチャ良い匂いがして、頭がクラクラしてくるぜ。

「……やれやれ。仕方ないね。ボクも茶番に付き合わせてもらうか」

 渋々といった感じでフランも抱きついてくる。
 だが、俺は見逃さなかった。フランの頬が薄く紅潮していたのを。


 ——異世界で好き放題やっていく。


 それは今からも同じことであった。

 そんなこと果たして出来るのか?

 いや、俺なら出来る。
 何故なら俺の超能力はなんでも出来て、魔法よりもチートだからだ。

 そんなことよりも——。

「お、おい! さすがに息苦しくなってきたから、どいて欲しいんだが……」

 顔に柔らかいお尻とか胸とか当たっている!
 しかもそれは顔が潰れんばかりに密着しているのだ。

 あ、圧死するっ?

 俺は桃色の香りを嗅ぎながら、少しずつ意識が遠のいていくのであった。
これで完結です。
今までお読みいただいた方、本当にありがとうございました!
同時に新連載も始めましたので、よかったらお願いします!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。4巻は1月16日に発売です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いにすらな//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全104部分)
  • 170 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 23:15
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 149 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 150 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1616部分)
  • 148 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全300部分)
  • 197 user
  • 最終掲載日:2018/01/13 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 145 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 09:12
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全403部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 11:00
くじ引き特賞:無双ハーレム権

ドラマCD付き第7巻12月15日発売! 商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外の//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 152 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 20:35
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全460部分)
  • 174 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 20:15
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 161 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部分)
  • 164 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 22:18
回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~

※ヤングエースアップ様にてコミカライズがスタート。無料で掲載されています ――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 150 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 18:23
レベル1だけどユニークスキルで最強です

コミカライズ決定! 2018年春連載開始! ブラック企業で過労死した佐藤亮太は異世界に転移して、レベルが1に固定される不遇を背負わされてしまう。 レベルは上が//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部分)
  • 180 user
  • 最終掲載日:2018/01/18 22:56
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全562部分)
  • 175 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:42
クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全161部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2018/01/11 23:05
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 02:02
俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜

12月1日、2巻発売 1巻も発売中です 職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一人と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全75部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 22:03
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 150 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 179 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中

中年冒険者ユーヤは努力家だが才能がなく、報われない日々を送っていた。 ある日、彼は社畜だった前世の記憶を取り戻し、かつてやり込んだゲーム世界に転生したと気付く。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:32
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 200 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
カット&ペーストでこの世界を生きていく

成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 主人公は二つのスキルを授かり、それをきっかけに英雄と呼ばれる存在へと成り上がる。 そんなありきたり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全254部分)
  • 149 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 06:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全190部分)
  • 197 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 00:00
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに

≪あらすじ≫ 聖オリオン教国に進軍し勇者を捕縛したクリストフたちはクリセント・アジバスダを包囲した。 そして総攻撃が始まろうとしている中、ドロシーがクリストフ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 19:43
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全356部分)
  • 149 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 13:59
転生担当女神が100人いたのでチートスキル100個貰えた

【1月15日に書籍2巻が発売されました!】 異世界転生に憧れていたカルナ。交通事故で死亡した彼の前に現れたのは、転生担当の女神様だった。 「はじめまして、カルナ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全133部分)
  • 147 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 19:00
転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

通り魔から幼馴染の妹をかばうために刺され死んでしまった主人公、椎名和也はカイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 00:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部分)
  • 145 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:46
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全388部分)
  • 163 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 12:00
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全246部分)
  • 169 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 05:31
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
↑ページトップへ