挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜 作者:鬱沢色素

騎士団長編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/50

4・地獄のような日々(笑)

たくさんのアクセス・ブクマ・評価ありがとうございます!
励みになります!
「おい、起きやがれ!」

 扉がドンドンとノックされる。

「ん〜、なんだ。まだ学校に行くのは早いぞ」

 瞼を擦りながら、床に降りて扉を開ける。

「寝坊をするな! 今から訓練だ! 早く訓練場に来い!」
「ん〜、訓練?」

 鎧を身につけた男を見て、俺は思い出す。

 ——そうだった。俺は異世界に来たのだ。

 身勝手にも召喚されて。
 その上、魔力ゼロだと罵られて。
 でも超能力が使えることが判明して。
 うーん、よく眠りすぎてつい忘れていた。

「それに寝坊? 俺は今日、起きる時間なんて聞かされてないんだがな」
「言い訳するな!」

 ドン!
 その男が持っていた棒みたいなもので頭を叩かれる。

「——なにしやがるんだ!」
「いいから来い!」

 服を引っ張られて、部屋から出される。
 見た目から判断するに、どうやら騎士団の下っ端って言ったところだろうか。
 まだ朝起きて間もないのに、無理矢理歩かされて足が付いていかない。

「ってか朝ご飯は?」
「なに? そんな上等なものあるわけないだろうが!」

 マジかよ。
 まあヒーリングの超能力を駆使すれば、一ヶ月くらいは食べなくても生きていけるんだがな〜。
 だが食べるってのは栄養補給の意味合いだけではなく、一種の楽しみにもなっているんだ。
 厨房や食堂の場所が分かれば、テレポーテーションを使って移動し、朝ご飯を食べるんだがな。

「着いたぞ!」

 背中を押される。

 ——そこは広い部屋であった。
 だが朝から熱気がこもっており、大勢の兵士(?)が声を上げて、剣を素振りしている。

「ここが訓練場か」

 ふむ、異世界にしてはなかなか上等な場所じゃないか。

「来たか無能」

 なんて声を上げながら、近付いてきたのは——げっ、こいつ。昨日の騎士団長じゃないか。
 確か名前はフーゴと言っただろうか。

「初日から寝坊とはなかなかいい度胸じゃないか」
「だから俺は時間なんて聞かされて——」
「昨日、部屋から出て行く時に時間を伝えただろう。言い訳をするな——そうだな。このままなにも罰を与えないのも他の者に示しが付かん。ちょっと来い」

 相変わらず、俺からの意見は封殺されるのかよ。
 ってか時計もなにもないから、時間なんてもの分かりようがない。
 いや、俺は超能力を使えば時間くらいならなんとか分かるんだけどよ。
 荒っぽく服を引っ張られながら、訓練場の中央まで移動する。

「これを使え」

 フーゴが雑に放り投げたのは——木で出来た剣のようなものであった。
 俺はそれを手に取る。

「今から模擬戦を行う。オレから一本でも取れれば、今日の訓練は免除してやろう」

 ニヤッ。
 フーゴの口角が吊り上がる。
 舌で俺と同じ様な模擬剣を舐めた。

「見せしめってヤツか」

 訓練場にいる兵士達が集まってきて、俺達を囲んで戦いを眺めている。
 まるで動物園の檻の中に入れられたライオンのような気分になる。


「ゆくぞっ!」

 フーゴが模擬剣を振り上げ、斬りかかってきた。

 ——結果だけいうと、フーゴはなかなかの剣士らしい。
 動きも洗練されていて速く、騎士団長というポジションにいるのも頷ける。

 だが、俺は超能力者。
 少し先の未来なら予知出来る超能力を持っている俺なら、フーゴの動きなんて手に取るように分かった。

「ぐはっ!」

 しかしえてわざとらしい声を漏らして、フーゴの攻撃を肩とか足のダメージが少なそうな位置で受ける。
 正直、ここで超能力でこいつを叩きのめしてもよかった。
 だがとても暴れ回るためには情報が少なかった。
 なので体を硬化する超能力も使い、適当にフーゴの攻撃を受けほどよいところで、

「なんだ? もう終わりか?」

 尻餅を付いた俺を見下すフーゴ。
 終わりだ——飽きたからな。
 適当なところで座ったのを見て、どうやら俺が力尽きたと判断したらしい。

「ふん。あまりにも弱すぎる。一発くらいならオレに攻撃を当てると思ったんだがな」
「…………」
「攻撃を出そうともしなかったではないか。この腰抜けめ」

 ……くっ!
 我慢だ! まだ暴れ回るには早すぎる!
 最低でも一ヶ月はこの異世界での情報を集めなければ!

「……はあっ、はあっ。け、剣筋が見えない……」
「当たり前だ。オレの剣技けんぎはサザラントで一番だ。明らかに貴様は素人だろう? オレに勝てるわけがないだろうが」
「じゃ、じゃあなんでこんな模擬戦を?」
「——決まっているだろう。貴様を鍛えるためだ」

 そう言うと、周りから嘲笑が上がった。
 無論、俺なんて鍛えるつもりはないんだろう。

「今日はこれくらいで終わりにしてやる。明日も同じように模擬戦をするぞ」

 フーゴはそう言い残して、背中を俺に向けた。
 今すぐにでもエネルギー弾でも放って、フーゴの背中に風穴を空けたい。
 でも俺は高校生にしては大人の考えを持っているし、なにより我慢強い男だからな。
 拳をギュッと握り締めて、怒りを抑えることにした。
今回は少し短め。
今度は昼頃更新です。超能力無双まではあまり時間をかけない予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ