挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
猫と僕と知らない世界 作者:yy

1章:猫と見習い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/39

6-2:猫と魔術師

 案の定というか予想通りというか、隠れ家に戻ってきた依城さんが僕達に告げたのは襲撃の予定だった。


 もちろん出発は今晩中。即断即決速攻の依城さんらしい決断だ。

へこんでてもブレないところには非常に好感が持てるところです?


ただ一つ予想外だったのは魔術協会の方針った。


「赤松さんには申し訳ないのですが、犯人の魔術師は出来る限り穏便に確保するようにと協会から指示が出ています。

 今回の魔術の規模、回収した魔力の量から考えて魔術師単独では実現不可能なものです。

実現には大人数による綿密な準備を重ねた儀式魔術か、あるいは『特殊な魔術礼装』の存在が想定されます。

そんな大人数の魔術師を確保して協会から隠れ続けるなんて不可能なので、恐らく後者の可能性が高いと思われます」


魔術協会があんだけの事件を起こした相手を『穏便に済ませられないか検討している』というのは、正直ちょっと驚きだ。


世間体とかあるし「ぶっ殺してやるぜ」みたいなノリで動くだろうなって思ってた。


でも、まぁ、いくら上からそう言われたところで・・・


「協会は礼装の存在を踏まえて『穏便な確保』と言っているのは分かるのですが・・・・

私個人としては到底受け入れられるものではありません。

あんな大規模なテロを起こして、それに赤松さんだって殺されかけたのに・・・穏便とか・・・そんなの出来るわけがないじゃないですか!!

 礼装なんかタコ殴りにしてから獲ってきたらいいんですよ!!!」

感情が高まってきて依城さんが大きく声を上げた。


「おぉ・・・」

 柏木さんが感嘆の声を上げながら何故かぱちぱちと拍手をする。

なんでさ。


「そうよねぇ。

 そんな無茶苦茶する相手を甘やかすのは違うわよねぇ。叩きのめしてからゆっくりお話すればいいんじゃない?」

クロも概ね好意的。

というか好戦的・・・・うちの猫に悪い影響が・・・


まぁ、と言え、かくいう僕も、

「そだね。その方が依城さんらしくていいと思うよ」

 よく分からんが笑顔で後押しだ。

やっちまおう。


「みなさん、ありがとうございます

 一緒に頑張りましょう」

 依城さんは少し涙ぐみながら、そう答えた。


なんかちょっと感動的なやり取りしてるっぽいけど討ち入りしてボコろうぜって言ってるだけだぜ。

 まぁ、やるけどさ。

 あと皆さんって言ってるけど、柏木さんは何も言わずドン引きしてるけどね。




というわけで、早速襲撃の用意を始める事になった。


ちなみに懸念していた柏木さんの件だが、彼には外部の協力員の人達と一緒に『工房』とやらを周囲から隔離する作業に入ってもらう事になっているらしい。


「前線じゃなくて良かった」と心の底から安堵している柏木さんに微笑ましさを覚える一方で、僕は依城さんと一緒にカチコミ組みとの事。前線です。最前線です。

だと思ったよ。


「これで前回の恨みを晴らせますね♪」

 依城さんは用意をしているうちに、すっかり機嫌も戻っていつも通りだ。

発言も思考もいつも通りの戦闘民族で僕も一安心です・・・・


 

そして今回の装備ですが、まず依城さんがわざわざ我が家から持ってきてくれた塩ビパイプ!

それに黒いツナギっぽい魔術礼装!!


そう今回は僕にも魔術的装備があるのです!前回はTシャツとGパンで死にかけたからね!必要だよね支給品!

従業員の命を守るのも雇用主のお仕事だもの!!ご安全に!!!


なんだか変に嬉しい。


 実際に着てみるとゴワゴワ感も無く生地の繋ぎ目さえ感じられず実に快適。

工場で着てる奴よりだいぶ高価そう。

実に良いね。

良い仕事道具は現場のモチベーションを高めるのです!


「この礼装は量産品ではありますが、少し魔力を通しておくだけで高い防刃性と防弾性を発揮する事が出来ます。

 もちろん、魔力が込められた攻撃には無力ですが単純なトラップの類はこれだけで十分に防げますので安心して下さい」

そう説明する依城さんも同じタイプの黒いツナギを着ている。


ツナギと言いつつも、各所に設けられたベルトで生地を絞れるようになっており、ダブついている感じは無い。さすが戦闘用って感じ。


そういや、柏木さんが着てるのも同じような形だから魔術礼装なんだね。

ずっと「あの兄ちゃん、なんで普段からツナギ着てるんだろう?」って思ってたわ。


「あと、こちらも渡しておきますね」

 依城さんからずっしりと重い板?も渡された・・・なにこれ・・・・・スマホだ!これスマホだわ!!Gショックみたいなスマホ!


「今回、後方のチームと距離も開きますし業務用の丈夫な奴のレンタルです。

 遊びに使ったら駄目ですよ?」

 依城さんは良い笑顔とともに更なる支給品をくれた・・・あれだね、魔術要素が欠片も無いね。

いや便利な物は使うべきだと思いますよ、確かに。でも、なんか、ちょっと残念。



「さて、用意も出来たしそろそろ向かいましょうか。

 今更、夜襲が効くとも思いませんが、流石にあんなテロをまたやられたら堪りませんからね。

サクサク片づけてしまいましょう」

「そうね、さっさと終えて、みんなでご飯でも食べに行きましょうか。

 ドーナツも美味しかったけど、やっぱり他の物も食べたいのよ」

依城さんとクロは相変わらず好戦的というかなんというか、とにかく前向きだ。


「俺は後方だからいいっすけど、赤松さんは気を付けて下さいよ。

 自分の陣地にいる魔術師って、本当に何をしてくるか分からないんで。

危なくなったら逃げて下さいよ。

命あっての物だねっすよ」

その一方で柏木さんは実に普通。

・・・普通はこうよねぇ。


そうよね。安全第一で頑張りましょう。

クロもいるし、仕事が出来ない怪我や極端な危険は避けましょう。


そんな感じで微妙に乗り気でない気分を抱きながらも、その夜僕達は行動を開始した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ