世界戦争の交響曲 ――Symphony of The war world――
作成ユーザ:夢世 瑠璃花
 何時から戦争は世界を蝕んでいったのだろうか……
 ただただ愛する者と共に、静かに暮らしていたいだけだというのに……

 少年と少女は世界統合を夢見た大人達の戦争に巻き込まれてゆく。
 三つ子はただ偶然にイレギュラーな存在として造られてしまったが為に駆り出されてしまった。
 一人の少年はただ偶然に軍用機の操縦が出来たが為に駆り出されてしまった。
 四人の少年少女はただ偶然に生徒会に所属していたが為に、学校の代表として駆り出されてしまった。
 そして一人の男は30年弱の時間を記録として残し、自分の子供達が戦争に巻き込まれると知りながら死んで逝った。
 子供達は学園の幸せな空間でただ学んでいた筈だというのに、何時の間にか巻き込まれてしまった。
 これは馬鹿げた戦争が終焉を迎えるまでの、少年少女の戦記。
これは少年の物語。 少年はそれまで、自分のことを知らずに生きてきた。 しかし、それは少年のただ1人の家族『おじいちゃん』が亡くなったことにより一変することになる。 少年は『国立セントワード学園』に訪れ//
小説情報 N1608BM
連載中 / ノンジャンル〔ノンジャンル〕
最終更新日:2013年 11月 16日
キーワード: 魔法 学園 友情 異世界 魔法使い/魔女 少女 少年