とこしえの黄昏の国
作成ユーザ:朝陽 遥
北の果てには陽の沈むことのないとこしえの黄昏の国、南には煮えたぎる灼熱の海。同じ世界を舞台にした異世界ファンタジーのシリーズで、複数の話に共通する人物が登場することがありますが、いずれの話も単独でお読みいただけます。
 地の涯にはとこしえの黄昏の国があり、そこには夜も昼もないという。父親から聞かされたその話を、信じていなかったといいながら、それでも娘は旅に出た。彼女が世界の涯へ向かう旅の途上で見たもの、そして涯の地//
小説情報 N4887Y
完結済 / ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最終更新日:2012年 03月 10日
キーワード: 異世界 友情 旅人 親子 恋愛 異文化
その土地では、いつも雨が降っていた。晴れ間ののぞく日など月に一度か二度という、そのような場所にも人が住んでいると聞いて、旅人は険しい道を越え、その国へと向かった。雨の国の住民は、洞穴の中で暮らす、一様//
小説情報 N4891Y
短編 / ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最終更新日:2011年 11月 13日
キーワード: 異世界 旅人 飢餓 異文化 少年
はるか西南の地に鳥たちの楽園があると聞いて、そこを目指したのは、人の言葉を話す鳥がいるという話を耳にはさんだからだった。(自サイトからの転載になります/若干の流血描写があります)
小説情報 N8107BN
完結済 / ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最終更新日:2013年 02月 28日
登録必須キーワード: R15
キーワード: 異世界 ファンタジー 旅人 少女 青年 シリアス
いつになく雨のない日の続いたある午後、コダは河辺で一人の子供を拾った。痩せこけてみすぼらしい少年は、洗うと見違えるように美しくなったが、目を覚ましても茫洋としたまなざしで宙を見つめるばかりで、まったく//
小説情報 N0479BQ
完結済 / ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最終更新日:2013年 05月 06日
キーワード: 異世界 ファンタジー 少年 友情 辺境 逃亡
死者の声を聞きたければどこそこの沼へゆけと、その地方の人々は指さして言う。ずいぶん手近な冥界への入り口もあったものだと、半ばあきれながら、私はその沼をめざした。/完結済(全五話)/自サイトからの転載で//
小説情報 N2978CK
完結済 / ハイファンタジー〔ファンタジー〕
最終更新日:2014年 12月 05日
キーワード: 異世界 旅人 辺境 異文化