ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9987BI

やり直してもサッカー小僧

完結済全227部 1話目を読む |最終話を読む
あらすじ  試合中の怪我によりサッカー選手としての道を絶たれた男がいた。
 後に彼が黒猫を助けようとして事故にあった時にその運命が一変する。
 目を覚ますと己が初めてサッカーに触れた小学三年生に戻っていることを確認したのだ。
「もう一度サッカーができるってことか……」歴史やタイムパラドクスなど一切気にしないサッカー馬鹿が、今度こそはと真剣にサッカーに打ち込む物語
作者名 黒須 可雲太
キーワード スポーツ サッカー 逆行 現代 成長
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2012年 09月13日 16時19分
最終話掲載日 2014年 06月15日 19時14分
感想 2,274件
レビュー 6件
ブックマーク登録 12,189件
総合評価 40,588pt
ポイント評価 8,024pt  : 8,186pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 968,134文字
N8458CV| 小説情報| 連載(全12部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
テスターとしてVRMMOゲームに参加中、異常を感じて現実に帰ってきた折上隼人おりがみはやととその仲間たち。だが帰ってくるとそこにあったのは見慣れた普段の景色ではなく、地震の残した爪痕とモンスターに襲われて混乱する世界だっ//
N1052CY| 小説情報| 連載(全6部) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
いじめを苦に自殺しようと浴室で手首を切った少女|彩田綾《さいだあや》。しかし次に目を覚ました時には、その体には魔法を使う老人の魂が入っていた。   綾の魂を黒猫のぬいぐるみに押し込め、現代日本に降り立ったとんでもない力を//
N5268CV| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 王子は冷静に悪役令嬢を追い詰めていく。  ここでしくじったら彼の政治生命はなくなるかもしれないのだ。  はたして悪役令嬢の語るアリバイは崩せるのか――。  ちょっぴりミステリー風味の婚約破棄・悪役令嬢ものです。
N1952CV| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
高校野球――それは鍛え上げられた肉体と精神を持った球児達の戦場である。 その最高峰である甲子園の決勝という舞台で、どこか間違った方向へ突き抜けてしまった両校が激突することになった。 消えるボールに上がる血しぶき。 試//
N8940CU| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
王子に婚約を破棄させられた悪役令嬢であるはずのベリーヌ。 だがそれを見守る人々の内心は「そりゃ無理だろ!」というツッコミで一杯だった。 庶民派ヒロインの王子を落とすという野望は成功するのか。 ゲームでもリアルでもまずは情//

トラックバック []

やり直してもサッカー小僧 - きもおたねっと。

 著者 黒須 可雲太    コメント 生まれなおして、大好きなサッカーを心行くまで楽しむ。そんな物語です。 サッカー大好き、ボールが友達!この言葉にピンと来た人は何人もいる
URL:http://kimoota.net/n9987bi/

おすすめのなろう小説⑦ - TTのブログ

第七回として取り上げさせていただくのはやり直してもサッカー小僧です。これは2012年9月頃より可雲太さんが書かれている作品で、なろうでは珍しい(?)スポーツものとなります。内容
URL:http://tsudahoko.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

やり直してもサッカー小僧 - 読み専になろう

293 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2013/01/02(水) 13:44:32.78 ID:Q1XsWLHUサッカーがいけるんだからラグビーや駅伝でもいけるんだろうなあ転生やり直しをなろうでそのままやったらパク
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-1174.html

やり直してもサッカー小僧 - チラシの裏の読書感想文

やり直してもサッカー小僧試合中の怪我によりサッカー選手としての道を絶たれた男がいた。  後に彼が黒猫を助けようとして事故にあった時にその運命が一変する。  目を覚ますと己が
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ