ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9974EC

君には会えない

短編
あらすじ 君がいたはずなのに……
作者名 二十四時間稼働中
キーワード 日常 青春
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 07月18日 03時34分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 10pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 377文字
N9974EC| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
君がいたはずなのに……
N0505DZ| 小説情報| 連載(全4部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
今までダメニートとして、立派に親を泣かせてきた。去年の夏に父が死んでもそれは変わらずに過ごしていた。そんなある日、窓から少女の声が聞こえる。その声に誘われて、窓から飛び降りて絶命してしまう。そして、次に目を開ければ異世界//
N7567EB| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
少女が空を見ていた。私はそれを見ていた。きっと何かがあると思いながら。
N0893EB| 小説情報| 連載(全3部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
親の金だけで一生を過ごすような立派な人間に成り下がった俺はあるひとりの老人に会う。清潔感のある、いかにも裕福な家庭を築き上げたような人物だった。出会ったのはある掲示板で、そこで彼が「君に授けたいものがある」と俺に送ってき//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ