ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9952BX

木こりの王様

短編
あらすじ たくさんの木がある広い森に、一人の木こりがやって来ました。木こりが木を切っていると、やがて人がたくさん集まり、国になりました。ですが、やがて木が少なくなって……。
作者名 A99
キーワード 冬童話2014 童話 木こり
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 01月13日 23時21分
最終更新日 2014年 02月01日 16時27分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 14pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,964文字
N2765EG| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
こどもをさがしに あっちへこっちへ こどもをもとめて あっちへこっちへ あかいおんなはさがしてあるく
N0697EG| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ふとした拍子に、彼女はそれを思い出した。 自身が悪役令嬢であることを。 しかし、彼女は知っていた。自分以外の悪がいることも。 悪の華は一人でいい。悪の華は私だけだ。 自分が自分であるために、ただ一つの悪であるために、彼女//
N6259EB| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
人類が絶滅した場合、果たして何が起きるのだろうか? ゴブリンを例にして見てみよう。
N2589DI| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
これは、僕の友人の、有り触れたトラブルの話。
N5600CS| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
「あなたは悪役なのですよ」 執事のユダのその一言に、ユリア・ホーク・アンバードは歓喜した。 ならばなってみせましょう、立派な悪役令嬢に! 彼女の悪役を目指す日々が始まった。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ