ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9910DS

女王とスピード狂

短編
あらすじ 王は悩んでいた。

王国の一面は雪に覆われ、寒気は去りそうにない。

ひとえに、「冬の女王」のせいだった。

「季節」を担う女王が塔に住むことで、王国の季節は決まる。

しかし、なぜか「冬の女王」は塔にこもりっきり。

おかげて冬が去らないのだ。

そんな時、究極のスピード狂いが、女王の下を訪れて……?

【冬の童話祭2017】参加作品です。
作者名 暫定少年
キーワード 日常 冬童話2017 スピード狂い。 孤独な女王。
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2017年 01月10日 23時55分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,906文字
N0076EB| 小説情報| 完結済(全2部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
究極のGDが、今、始まる。
N0817EA| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
すっぱい葡萄を嗤う人々へ ポエミ―な、自己肯定小説。
N0810EA| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
後書きがあるのがいいのかないのがいいのか。 みなさんはどう思われますか? ※カクヨム様にも投稿しております。
N0802EA| 小説情報| 短編| 推理〔文芸〕
この学校には、『神様』がいる。 希望のない時代に、いくつもの思惑が入り込み、様々な噂がはびこる昨今。 『神様』がいるというのも、その一つだった。 田口守は、東雲岬に引きずられ、いやいやながらそんな『奇蹟』の一つに巻//
N0674EA| 小説情報| 完結済(全6部) | 推理〔文芸〕
『物語』は何のためにある? 本を読んで感動はしても特に倫理的になるわけではない昨今。 上教大学教授榎本はそれでも『物語』の力を信じていた…… リーディング・プランナーたる彼が目指したものとは!?

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ