ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9749EC

ほーむわーくいずみー

短編
あらすじ ぼくは宿題というものが嫌いだ。しかしやらなくてはいけないのが宿題というもので。
図書室で宿題をする習慣をつけることにしたぼくは、ある日、いつも座っている席に先客がいることに気づく。
先客は僕が宿題をしていることに気づくと「その宿題をやらせてくれないか?」と尋ねてきた。
作者名 空伏空人
キーワード R15  日常 怪談 夏のホラー2017
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月17日 22時03分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 60pt
ポイント評価 29pt  : 27pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,550文字
N5952CQ| 小説情報| 連載(全68部分) | その他〔その他〕
カクヨムのweb小説大賞で特別賞を受賞しました。十二月一日。スニーカー文庫より、発売されます。 ルーミア・セルヴィアソンは吸血鬼である。 始祖を名乗る吸血鬼に血を吸われて以降四世紀に渡り生きてきた『奇っ怪なるもの』であ//
N3170EA| 小説情報| 連載(全17部分) | その他〔その他〕
勉強も運動も人付き合いもなんでも完璧にやってこなす、いわゆる「チート」な姉を持つ私、笛吹花はなにをやってもダメな、ダメダメ人間である。 そんな私の前に、突如、マスコットキャラクターだと名乗る、ウサギのぬいぐるみが現れる。//
N1455EE| 小説情報| 連載(全2部分) | その他〔その他〕
お祖母ちゃんの家には蔵があって、私はその一番奥にある漆塗りの黒い箱の中に入っている右手を見るのが好きだった。思い返してみれば、それはきっと、私の初恋なのだろう。 『田舎で運命を変えるような出逢いがあるだろう』という占いを//
N9749EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
ぼくは宿題というものが嫌いだ。しかしやらなくてはいけないのが宿題というもので。 図書室で宿題をする習慣をつけることにしたぼくは、ある日、いつも座っている席に先客がいることに気づく。 先客は僕が宿題をしていることに気づくと//
N9744EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
小学校の男子の中で、度胸試しが流行っていた。 一体どれだけ、人を驚かせるようなことをして迷惑のかかるようなことをするかを争う、はた迷惑な行為だ。 る日、クラスメイトで友達の男子が怯えながら「俺は夜の学校に忍び込んだのだ」//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ