ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9726BX

【わかち】の夜の物語たち

あらすじ 【わかち】それは冬の寒い日に誰かと何かを分かち合う日であります。
この物語はどこかの世界の片隅で【わかち】の夜にあった話達を綴ったものです。
幸せであったり不幸せであったり、どんな【わかち】の夜があるのでしょうか?

幸せな【わかち】でありますようにと願いを込めて。



拙作【貴人聖域法と紳士諸氏】や【勇者「俺、お呼びでない?」】等の内容と一部重複しております。
作者名 valota666
キーワード 冬童話2014 【わかち】
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 01月13日 14時56分
最終部分掲載日 2014年 01月18日 18時00分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 23,079文字
N3908BK| 小説情報| 連載(全101部分) | エッセイ〔その他〕
色々な店を巡る流しの魚屋である私が思った事を書き綴る。 魚の食べ方から、客の愚痴まで適当に綴るので暇ならばお付き合いくださいませ。 カクヨムさんにも暇を見つけて置いておりますがどうでもよいことでありましょう。こっちを//
N9437DX| 小説情報| 連載(全4部分) | コメディー〔文芸〕
とある世界に飛んでしまった異世界人が、その世界の風習をあれこれ…………
N6998DX| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
 とある世界のとある国におなかの大きな王子様がいました。お姫様にもだめだしされるくらい太っている彼ですけど街の衆は彼が大好きです。  とってもダメになる童話なので合わない人は回れ右にてお願いします。
N9283DV| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
 とある世界のとある国に顔に傷を持つ女騎士さんがいました。彼女に心無い言葉をぶつけるお偉いさんに手袋はぶつけられるのでしょうか?
N0647CR| 小説情報| 完結済(全38部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
勇者を呼ぶための生贄となった少女、彼女は死して尚誰かの幸の為に微力ながら抗い続ける。その行いは呼ばれた勇者のみならず数多の者の心を揺り動かし、世界を変える一助となる。 だけどその行いは正しくとも死したる者が誰かの幸い求//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ