ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9672DY

腐界の王

短編
あらすじ 触れるものすべてを腐らせ、朽ちさせるその青年は、
人々から疎まれ、やがて『腐界の王』と呼ばれた。
どんな勇者も『腐界の王』を滅ぼすことはできず、
青年は己が刃を向けられる理由さえ分からず、俯いていた。
すべてを腐らせる代償のように、青年は永遠の命を持っていた。

これは、『腐界の王』と呼ばれた青年が、永遠の命を失うまでの物語。
作者名 曲尾 仁庵
キーワード シリアス ハッピーエンド
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2017年 05月06日 23時12分
最終更新日 2017年 12月14日 23時29分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 158件
総合評価 1,211pt
ポイント評価 444pt  : 451pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,424文字
N1984EM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
その町には天使がいるという。 天使は奇蹟の力でどんな願いも叶えてくれるのだという。 人々は天使に願い、奇蹟を祈るのだという。 これは、まだ地上に天使がいたころの物語。
N1528EM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
小さな池のほとりで、一人の老人が釣り糸を垂らして座っている。 その池に魚が棲んでいないことを知っていた少年は、老人に話しかけた。 「この池に魚はいませんよ」 老人は「知っている」と短く答える。「では何を?」と問い返す少年//
N9672DY| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
触れるものすべてを腐らせ、朽ちさせるその青年は、 人々から疎まれ、やがて『腐界の王』と呼ばれた。 どんな勇者も『腐界の王』を滅ぼすことはできず、 青年は己が刃を向けられる理由さえ分からず、俯いていた。 すべてを腐らせる代//
N7785DY| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
砂漠に近い小さな町に、一人の魔法使いが住んでいた。 魔法使いは人を拒み、砂漠の真ん中に小さな城を建て、そこで暮らした。 やがて魔法使いは、月を盗み、英雄に討たれた。 これは、世界に魔法があって、月がまだ欠けることを//
N6066DY| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
かおをあわせればくちげんか。 だけどふしぎとなかがいい。 ひねくれタヌキとひねくれギツネの はれたひのごごのおはなし。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n9672dy

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ