ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9671DG

竜は人の子を育てる

短編
あらすじ 俺ことアルフは今日16歳の成人を迎えた。そんな日義母が祝いの言葉の後に、王城へ行くと言い出した。辺境の村出身の俺がどうして王城に行けるだろう。
作者名 樹 泉
キーワード R15  怪獣 ドラゴン
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 05月02日 20時02分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 14件
総合評価 68pt
ポイント評価 20pt  : 20pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,813文字
N2328DV| 小説情報| 連載(全11部) | 異世界〔恋愛〕
故郷の村で虐められていた狐の獣人ミズハは、ある日友達の闇の精霊アンディーと共に魔物の氾濫から逃げる。逃げ延びた先で過ごしていると外から声が聞こえ、やって来た冒険者パーティーと出会う。冒険者パティーに拾われたミズハは様々な//
N9334DW| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
異世界にチート能力として「検索」の力を神様から貰った男は転生し冒険者として身を立てる。けれど早々に己の限界に気付き前世で趣味だった料理を活かし酒場を開くことに。酒場には冒険者次代の知り合いが来て情報を買っていく。ある日貴//
N6963DW| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
幼稚園の門を潜り、私は乙女ゲームの世界に転生した事に気付いた。そして転生先はテンプレ悪役令嬢。このまま学園に通っていると悪役として巻き込まれると思い、海外の兄弟校に入った。しかしゲームの始まる高校二年生の時、家族総出で説//
N9018DU| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
俺は神森 貴也、市立中学三年生である。中学三年と言えば受験生。俺は受験生にファンタジーはいらないと思う。いつも通りの平凡な日常が欲しい。そんな俺から見た親父の考察を聞いてほしい。そんなことを考えていると背筋に悪寒が。猛ダ//
N9244DS| 小説情報| 完結済(全3部) | 異世界〔恋愛〕
気づいたら赤子になっていたティアラ。リベリア王国第二王女に転生したティアラはすくすく大きくなっていた。ある日鼻歌を辿り東屋に向かうと少し年上の少年が居た。少年アルトラムの鼻歌が気になるティアラだったが邪魔が入って話はでき//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ