ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9671DG

竜は人の子を育てる

短編
あらすじ 俺ことアルフは今日16歳の成人を迎えた。そんな日義母が祝いの言葉の後に、王城へ行くと言い出した。辺境の村出身の俺がどうして王城に行けるだろう。
作者名 樹 泉
キーワード R15  怪獣 ドラゴン
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 05月02日 20時02分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 22件
総合評価 108pt
ポイント評価 33pt  : 31pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,813文字
N2328DV| 小説情報| 連載(全34部分) | 異世界〔恋愛〕
故郷の村で虐められていた狐の獣人ミズハは、ある日友達の闇の精霊アンディーと共に魔物の氾濫から逃げる。逃げ延びた先で過ごしていると外から声が聞こえ、やって来た冒険者パーティーと出会う。冒険者パティーに拾われたミズハは様々な//
N1794EJ| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
私は辺境に住む平民のエイプリル。父は樵で母は主婦、ごく平凡な村娘だと思っていた。しかしある日、母が国最難関の学園を受験するように言った。受験料だけでなく授業料もばかにならないその学園にたかが平民の村娘が入れるとは思わない//
N7277EA| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
異世界の辺境伯令嬢に転生した私は一夫多妻をあまりしない下級貴族に嫁ぐ気でいた。しかし、第二王子のカインに会い婚約者にさせられてしまった。強引な婚約だが見た目が私の好みのせいか強く出れない。カインが私の出す条件を本当に飲ん//
N4522EA| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
僕はドリム国の第二王子。産まれつき魔力が多く、そのため兄の王太子を押しのけ僕を王位に就けようとする勢力があるぐらいだ。だから婚約、結婚などを機に臣籍に下るつもりだ。そのためにも臣下に下っても着いてきてくれる令嬢を探したが//
N3033EA| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
私の転生先は異世界だった。その世界で私の家は辺境を守る辺境伯の家系。今回隣国と戦争になり王太子殿下と第二王子殿下が騎士団を連れて援軍にやって来てくれた。戦争は我が国の勝ちで祝勝会になり、お父様に殿下方の話し相手を務めるよ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ