ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9665ED

キ状の空論

短編
あらすじ 「火のないところに煙は立つ。むしろ、煙が火を起こすことさえある。それが噂ってもんですよね?」
遊園地の仮オープンに行ったおれと、亀川と、月波の三人はアクアツアーに一人ずつ入っていく。実際のところ、そこで何を見たのかなんて、本人以外にはわかりようがないのだ。
作者名 誇大紫
キーワード 怪談 夏のホラー2017
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月03日 12時56分
最終更新日 2017年 08月03日 13時06分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 48pt
ポイント評価 22pt  : 20pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,760文字
N9665ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
「火のないところに煙は立つ。むしろ、煙が火を起こすことさえある。それが噂ってもんですよね?」 遊園地の仮オープンに行ったおれと、亀川と、月波の三人はアクアツアーに一人ずつ入っていく。実際のところ、そこで何を見たのかなんて//
N4908CN| 小説情報| 連載(全7部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
魔法使いとして生まれた少年パイホゥはいかにして大手品師になったのか。魔法(マジック)と手品(マジック)、夢と嘘、才能と努力、魔術師と人間、師匠と弟子、二つの間を寄せては返す波打ち際の物語。 魔術師の少年は異世界――人間界//
N6232CC| 小説情報| 完結済(全45部分) | ホラー〔文芸〕
怪奇民話の残る町。流れ着くのはヒトに似た何か。おかしくなってしまった片思いの相手。新宗教の暗躍。同期される悪夢。昔話に伝わる生物。水族館が研究している生命科学。深海にひそむ人魚伝説。そして「アマネオ」の怪と解とは。海沿い//
N3845M| 小説情報| 連載(全22部分) | ホラー〔文芸〕
 思い出話をしよう。お亡くなりになった私の友人N氏の話を。彼はよく言っていた。怖いと思えばなんだって怖いんだ、と。遊び心とネタ満載の饒舌ひねくれ文体でお送りする、ただの怖い話に飽きた人のための愉快で黒い青春ホラー連作集。//
N7049CB| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
雨多ノ島学園に乱立している顧問も部室も持たぬ数々の非正規部活動、通称ミステリーサークル。その一つ、謎の邪神教団の噂と真相を結末から追っていきます。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ