ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9659ED

僕の終わりのメッセージ

短編
あらすじ メッセージが来た。
それは本当に突然のことだった。
これは僕、釘宮 蓮の物語。
最後の、終わりの、物語。


日間ホラーで五位に入りました。ありがとうございます。
作者名 初心者
キーワード 怪談 さようなら 僕はここからいなく なります 全然苦しくありません むしろ楽しいです 真緒と一緒にいられる ことが こんなにもうれしいな んて思いませんでした じゃあもうそろそろ 行きます ばいばい
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月03日 12時45分
最終更新日 2017年 08月03日 19時21分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 36pt
ポイント評価 17pt  : 15pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 17,392文字
N8203DX| 小説情報| 連載(全16部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
五年前、齢十六にして剣豪の称号を勝ち取った少年が死んだ。 国に反逆を起こし甚大な被害をもたらしたのだ。 帝王は激怒し、殺された家族の血縁者は嘆き悲しんだ。 また、問題視するべき点は少年は鬼の血筋を色濃く受け継いでいたこ//
N9659ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
メッセージが来た。 それは本当に突然のことだった。 これは僕、釘宮 蓮の物語。 最後の、終わりの、物語。 日間ホラーで五位に入りました。ありがとうございます。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ