ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9634ED

王子様と黒い鏡

短編
あらすじ 童話に書かれている黒い鏡が廃遊園地にまだそのまま飾られているという噂を聞きつけて、ピンチヒッターとして呼び出した元カレと一緒に探しに行ったのです。何となく元サヤに収まりそうな気配の二人なのですが、この二人にバラ色の未来は来るのでしょうか。
作者名 蟻群深月
キーワード R15 残酷な描写あり  怪談 夏のホラー2017 ドリームキャッスル 元カレ 童話
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月03日 11時51分
最終更新日 2017年 08月05日 17時16分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,622文字
N6721DN| 小説情報| 連載(全24部分) | 異世界〔恋愛〕
誰もがもう一つ動物の姿に変身できる能力を持つ世界に、希少種と呼ばれる伝説上の生き物の姿に変身できる人が稀に生まれてくることがあった。伝説上の能力を期待してその角や牙や鱗などを密かに求める風潮が存在し違法に超高額で取引され//
N9634ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
童話に書かれている黒い鏡が廃遊園地にまだそのまま飾られているという噂を聞きつけて、ピンチヒッターとして呼び出した元カレと一緒に探しに行ったのです。何となく元サヤに収まりそうな気配の二人なのですが、この二人にバラ色の未来は//
N3244DR| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
これは、四季の塔に春夏秋冬の女王が入る事で季節が巡る、とある国でのお話です。ある年のこと、待っても待っても春の女王が現れず、冬が終わらなくなりました。毎年春の女王を送り出してきたのは、春の花の妖精が住む春の花咲き村。例年//
N4249DL| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 駅裏で偶然見つけた古めかしい不動産屋に渡された物件までの道順メモ。その目印になっていたのは黒猫で。これでホントに辿り着けるのか?!  部屋が見つからず切羽詰った主人公がすがった不動産屋に紹介された物件は築30年の格安物//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ