ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9495DS

気が付けば吹雪の中に-進み始めた隻腕の男

短編
あらすじ 何度目かの旅路の先に、男は新たな場所へとたどり着く。
大半を忘れ、少しの時を凍らせたままで。
作者名 RYUITI
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 01月10日 01時54分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 10pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,807文字
N3082DW| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
霧の街とも言われる場所で、時計塔の屋根から空と街を交互に見る。 黒衣の暗殺者の話【仮】
N7148DU| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
ある学園の教師は、いつものように講話を始めた。
N2490DN| 小説情報| 連載(全8部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
何らかの要因があったのか、無かったのか。 何を観て何を思い、何を感じたのか。 人知れず生まれ存在する意思と、人の創りしモノの話。 「紛い物でも生きていて良いハズだ。 」 当作品はシェアワールド小説企画、コロンシリーズの//
N0381DT| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
ある家の、始まりの日。 紙の広まりの無い時間、記録するための紙を極力用いることをせず、 言葉や表現を自らの耳と眼で観て記憶する。 そんなことに及んでいた人間の、記憶の一つ。
N9495DS| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
何度目かの旅路の先に、男は新たな場所へとたどり着く。 大半を忘れ、少しの時を凍らせたままで。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ