ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9461DZ

金平糖memory

短編
あらすじ  ーーこの瓶にはね、ここに来たお客さんたちの記憶が詰まっておるんよーー

おばあちゃんはそう言って瓶を撫でた。







おばあちゃんから受け継いだ喫茶店で働くみさとの物語。
作者名 魅惑のシュヴァルツヴァルト
キーワード 日常 女主人公 ほのぼの 現代 少しばかりの非日常 文フリ短編小説賞2
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 05月25日 00時08分
最終更新日 2017年 05月26日 10時02分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,437文字
N3068DW| 小説情報| 連載(全17部分) | 推理〔文芸〕
中学校三年生の夏に少女「伊藤 未色」(いとう みいろ)が見た不思議な夢と現実世界での謎について書いた物語。 あの男の子は誰?あの空間はどこ?どうしてあんな夢を見たの? 学生なので、諸事情により投稿ペースが//
N8906EF| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
我は君に憧れた。しかし、君はいつも我の数歩先だ。
N9461DZ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 ーーこの瓶にはね、ここに来たお客さんたちの記憶が詰まっておるんよーー おばあちゃんはそう言って瓶を撫でた。 おばあちゃんから受け継いだ喫茶店で働くみさとの物語。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ