ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9406CJ

ハイパーキューブ《HYPER CUBE》 ~隻眼の使徒によるチートと戦略の無双譚~

あらすじ  この物語の主人公、人色蔵人は地球外生命体ビグースの襲撃により父親ジンを連れ去られ、自らも左目を失う。 
 同じ頃、ゲーム機《HYPER CUBE》の発表記者会見が行われる。このゲームは、プレイヤーの外骨格、筋肉、脳神経、DNA情報などを即座に解析し、その人の人体データと人生をベースにした最も相応しい特殊能力、攻撃力呈示数値などを導き出すというもの。ここに言う人生ベースとはゲーム内のみならずゲーム外での経験値をも意味するという画期的なものであった。しかも特殊能力はプレイヤーの特性に依存することから、その種類は無限の可能性を持つ。飛行能力、姿を消す能力、瞬間移動能力、雷を操る能力などβテスターにより確認できただけでも500系統を超えるものだった。 
 《HYPER CUBE》は、発売されると瞬く間に全世界の全世代で空前の大ヒットを記録し、伝説のゲーム機と呼ばれるようになった。
 《HYPER CUBE》の発売から4年後、秋葉原学園高校1年となった蔵人は《HYPER CUBE》が単なるゲーム機でないことに気づく。
 《HYPER CUBE》の本当の役割、それはビグースを殲滅するスキル保持者を選別し訓練する装置。《HYPER CUBE》世界大会は、スキル能力者選別の場。
 真実を知った蔵人は、それでもなお《HYPER CUBE》東京予選へと向かう。伝説のプレイヤー「隻眼の使徒」として。全ては最愛の妹・七里のため、父親ジン奪還のために。
 だが、それは運命に翻弄される蔵人の終わりの始まりにすぎなかった。

※メインストーリー完結済み作品です。

※番外編は、人によっては蛇足となります。
作者名 西木野樹生T
キーワード R15 残酷な描写あり  青春 VRMMO ファンタジー 主人公最強 学園 高校生 ハーレム 異能バトル シリアス 美少女 チート 頭脳戦 一部コメディ 推理 主人公チート
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 11月23日 04時50分
最終部分掲載日 2016年 09月12日 16時09分
感想 28件
※ログイン必須
レビュー 5件
ブックマーク登録 560件
総合評価 1,344pt
ポイント評価 109pt  : 115pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 457,093文字
N3191DN| 小説情報| 完結済(全12部分) | 推理〔文芸〕
 この物語の主人公、綾宮隼人は『史上最強の名探偵』と呼ばれ、また『完全なるロジック遣い』との異名をも持つ高校生探偵として活躍する。  しかし、ある日、隼人の通う名門・秋葉原学園高校の女子更衣室で完全なる不可能犯罪が発生す//
N9406CJ| 小説情報| 完結済(全124部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 この物語の主人公、人色蔵人は地球外生命体ビグースの襲撃により父親ジンを連れ去られ、自らも左目を失う。   同じ頃、ゲーム機《HYPER CUBE》の発表記者会見が行われる。このゲームは、プレイヤーの外骨格、筋肉、脳神経//
N1724CL| 小説情報| 完結済(全6部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 2つの作品を統合したため、ここは資料置き場となりました。この作品の続きは、こちらで更新されております。    ↓    ↓    ↓  http://ncode.syosetu.com/n9406cj/

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n9406cj

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ