ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9404EC

ビリケンさんがいなくなった日 大阪珍道中編 天下の台所で青汁しか飲んで編 なんでやねん!

あらすじ ビリケンさんを愛してやまない留久子と、親友の敏子が、盗まれたビリケンさんの犯人を追って大阪中で珍道中。
あれこの人って・・・どこかで聞いたようような・・・・この場所は・・・・・・
さあ、笑ってくれくれ!!
作者名 山犬
キーワード ギャグ 大阪 ビリケンさん NMB48 吉本 女主人公 OVL大賞3 星球大賞2 難波 ミナミ アメリカ村 大阪城 森ノ宮キューズモール 通天閣 新世界
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月17日 12時49分
最終部分掲載日 2017年 07月17日 22時00分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 27,728文字
N2470ED| 小説情報| 連載(全57部分) | コメディー〔文芸〕
大阪珍道中編から早1年 留久子と敏子は高校を卒業して、適当な日常をおくっていた。 そんな時、 「ビリケンさんがおらへん!おらへんねーん!  ブラジルの人聞こえますか!ビリケンさんがおらへんのです!」
N9404EC| 小説情報| 完結済(全9部分) | コメディー〔文芸〕
ビリケンさんを愛してやまない留久子と、親友の敏子が、盗まれたビリケンさんの犯人を追って大阪中で珍道中。 あれこの人って・・・どこかで聞いたようような・・・・この場所は・・・・・・ さあ、笑ってくれくれ!!

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ