ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9265DT

好奇心は吸血鬼をも殺す

あらすじ 日本で学生だったはず彼――加々良至誠は見知らぬ世界で目を覚まし、不思議な少女と出会う。
少女は自らを吸血鬼と名乗るが、荒々しく血で血を洗う吸血鬼像とはまるで違った。静逸で理知的で知的欲求の固まりのような少女は、至誠の世界やその叡智に興味を抱く。
一方の至誠も、吸血鬼や魔女、屍人、人狼――様々な種族。魔法・鬼道などの未知の力。アーティファクトや不浄の地といった不穏な知識を得て、ここが自分の知る世界でないと悟る。
それでも吸血鬼の世話になり、ひとまず身の安全は図れた――ように思われたが、その足下で戦禍は音もなく忍び寄り――。


※1.シリアスな展開やグロテスクな表現が含まれる場合があります。苦手な方はご注意ください。
※2.カクヨムにも投稿しています。https://kakuyomu.jp/works/4852201425154874489
作者名 はちゃち
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  オリジナル戦記 冒険 男主人公 人外 吸血鬼 魔女 シリアス ダーク ファンタジー 魔法 パラレルワールド
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 01月29日 20時54分
最終話掲載日 2017年 08月05日 15時50分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 25件
総合評価 50pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 122,098文字
N9265DT| 小説情報| 連載(全26部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
日本で学生だったはず彼――加々良至誠は見知らぬ世界で目を覚まし、不思議な少女と出会う。 少女は自らを吸血鬼と名乗るが、荒々しく血で血を洗う吸血鬼像とはまるで違った。静逸で理知的で知的欲求の固まりのような少女は、至誠の世界//
N8042CW| 小説情報| 完結済(全32部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
黒野翔は他人の領域に踏み込むのも踏み込まれるのも嫌いだった。 高校に進学しても周りとはつかず離れずの距離感で学校生活を送る、はずだった。 そんな彼に、相沢澪という女子だけが興味を持って接してきた。 彼女に次第に心を開いて//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ