ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9265DT

好奇心は吸血鬼をも殺す

あらすじ  目を覚ますと知らない世界にいた。
 吸血鬼の少女によって仮死状態で眠っていたところを助けられたらしい。

 数千年生きているらしいその吸血鬼は、荒々しく恐ろしい吸血鬼像とは乖離していた。
 「血」よりも「知」を好むその吸血鬼は、日本人という未知の存在とそこにあった叡智に強く興味を抱く。


 吸血鬼の少女に気に入られ食客として迎え入れてもらえることとなったが、その水面下で戦禍は音もなく忍び寄り――


【重複投稿しています:http://curiosity-killed-vampire.hatyati.jp/】
【暴力的および性的な表現(R15)、差別用語が一部含まれます。苦手な方はご注意ください。】
作者名 はちゃち
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  男主人公 吸血鬼 人外 魔女 シリアス ダーク ファンタジー 異世界 パラレルワールド 群像劇 幼女 ヒロインチート 神話 魔法 人狼
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 01月29日 20時54分
最新部分掲載日 2017年 10月18日 00時25分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 39件
総合評価 88pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 143,723文字
N9265DT| 小説情報| 連載(全30部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 目を覚ますと知らない世界にいた。  吸血鬼の少女によって仮死状態で眠っていたところを助けられたらしい。  数千年生きているらしいその吸血鬼は、荒々しく恐ろしい吸血鬼像とは乖離していた。  「血」よりも「知」を好むその//
N8042CW| 小説情報| 完結済(全32部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
黒野翔は他人の領域に踏み込むのも踏み込まれるのも嫌いだった。 高校に進学しても周りとはつかず離れずの距離感で学校生活を送る、はずだった。 そんな彼に、相沢澪という女子だけが興味を持って接してきた。 彼女に次第に心を開いて//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ