ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9004CY

なんちゃってシンデレラ

あらすじ 【王都迷宮編】
グラディス四世の崩御より一年。喪が明けるのと同時に、アルティリエは公式行事デビューをする。
約一週間後に控えた建国祭とそれに伴うナディルの即位式に向けて王宮中が動く中、後宮に引っ越したアルティリエの周辺ではこれまでとは違った争いが勃発していた。
三十三歳の独身パティシエールだった過去の自分の記憶と技を武器に、アルティリエは王妃としてナディルの隣に立つための戦いを決意する。

書籍版 なんちゃってシンデレラ(リンク先:ビーズログ文庫シリーズ紹介ページ)
http://bslogbunko.com/si_nantyatte/index.html
コミック版 なんちゃってシンデレラ(リンク先:フロースコミック)
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_FL00000001010000_68/

↓↓↓ ここから第一部

【王宮陰謀編】
夕食のおでんに辛子を添えるために買物に出た和泉麻耶(33歳)職業:パティシエが、光の中で意識を失い、次に目覚めたとき、彼女は異世界の12歳のお姫様になっていた。
美貌で知られた母に生き写しだと言うお姫様はたった12歳にして、この国の王太子の妃であり、生命を狙われていた。
なぜ狙われるのか、誰が犯人なのか、彼女は、15歳年上の夫を餌付けしながら真相を探る。

※Arcadiaにて連載完結作の微修正版です。
王都陰謀編 書籍版刊行済(KADOKAWAビーズログ文庫)
http://bslogbunko.com/si_nantyatte/index.html
作者名 雛/汐邑雛
キーワード 異世界転生  年の差 伝奇 ミステリー ファンタジー 異世界 シリアス ほのぼの あまあま
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2015年 11月10日 21時07分
最新部分掲載日 2017年 10月15日 01時00分
感想 156件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 12,242件
総合評価 31,698pt
ポイント評価 3,583pt  : 3,631pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 482,839文字
N9004CY| 小説情報| 連載(全87部分) | 異世界〔恋愛〕
【王都迷宮編】 グラディス四世の崩御より一年。喪が明けるのと同時に、アルティリエは公式行事デビューをする。 約一週間後に控えた建国祭とそれに伴うナディルの即位式に向けて王宮中が動く中、後宮に引っ越したアルティリエの周辺で//
N5192DG| 小説情報| 連載(全11部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
なんちゃってシンデレラ(http://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/768928/)の番外編置き場です ※本編第一部・番外編共にArcadiaにも掲載
N7420Y| 小説情報| 連載(全20部分) | 歴史〔文芸〕
夢を見る。 繰り返し同じ色合いの夢を。 夢の中で僕は、存在しない歴史上の人物の息子だった。 一応、戦国時代というか安土・桃山時代っぽい時代。 主人公が大好き!な登場人物ばっかりですが、ハーレムにはならず。(登場人物が//
N7072BD| 小説情報| 連載(全59部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
『急募 あなたも風光明媚なリゾート地で料理人として働いてみませんか?』 天中殺と大殺界を足したくらいでは生ぬるいと思えるほどの人生のどん底にいた前島栞は、そんなキャッチコピーにひかれて新しい仕事を選んだ。 新職場は、国//
N9756BV| 小説情報| 連載(全8部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
メニューをどうぞに関連した小話や小ネタ等を掲載します。 ツイッターと活動報告に掲載したものの再掲載です。 時代がちがったり、メニューにどうぞの主要キャラクターがほとんど出てこなかったりするものも含まれます。 ※不定期//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n9004cy

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ