ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8983BR

貴方色に染まる(旧題:紅(くれない)に染まる)

あらすじ 「そなたは我の”つがい”、わが妻となれ」
四神の眷属の一人である紅夏にそう言われ、少女はもう何も考えられなくなった。(20話より要約)

3年前、赤い髪の少女が帰国の船が難破し海沿いの村に流れ着いた。
養父母に恵まれ、この3年ほそぼそと暮らしてきた少女にある知らせが届く。それは四神の花嫁が降臨したというもの。しかもその花嫁は少女のように赤い髪をしているという。
来年成人する少女は、このまま村にいたら誰かに嫁がなければいけない。赤い髪をした花嫁が同国人ではないかという一縷の希望を持ち、少女は王都へ旅立つ。
そして四神の眷属の一人である紅夏と出会って―

最初のうちはシリアステイストですが、後半は甘甘らぶらぶぼんばー。。。になってるかな?(何
らぶらぶハッピーエンド保証。
「異世界で四神と結婚しろと言われました」関連作品ですが、単体で読めるように書いてあります。

2016/1/30 思うところあってタイトル変更しました。
2016/3/31 旧題:「紅に染まる~貴方の色に」第三回アイリス恋愛ファンタジー大賞一次選考通過しました。ありがとうございます。
2017/7/20 一部改稿しました。
2017/9/6 フェアリーキス大賞一次選考通過しました。ありがとうございます!
作者名 浅葱
キーワード R15 残酷な描写あり  異類婚姻譚 紅に染まる 異世界 ハッピーエンド 四神 眷族 侍女 残酷な描写ありは保険 異世界転移(脇役) 溺愛(後半) 中華ファンタジー 胸キュン(笑) 結婚 フェアリーキス大賞
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2013年 07月05日 12時01分
最終部分掲載日 2017年 03月05日 08時05分
感想 39件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 2,028件
総合評価 5,447pt
ポイント評価 693pt  : 698pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 275,716文字
N9265BZ| 小説情報| 連載(全19部分) | エッセイ〔その他〕
2012年6月に産まれた姫様のちょっとしたヒトコマ。浅葱家の第二子を中心とした日常。単なる親ばか記録です。 増えてきたので連載形式にすることにしました。これからもかわいい姫をよろしくお願いします(笑) 10部までは姫視//
N4007EE| 小説情報| 完結済(全7部分) | 異世界〔恋愛〕
夏王朝の末期、桀王に献上された女性は傾国であった。暗愚な王は誅され、彼女もまた。 「待っていたぞ、我らが花嫁」 しかし界を渡った彼女の目の前に、四人の美丈夫が現れて。 戸惑う傾国の美女の、新たな人生が始まる。 「序」に//
N5737DZ| 小説情報| 完結済(全18部分) | 異世界〔恋愛〕
【8/9 第三部完結しました】 ある乙女ゲーム似の世界の悪役令嬢に転生してしまったらしい私。 平凡顔の私は婚約者とかいう王子に暴言を吐かれる。暴言王子はいらないから婚約破棄上等! シスコンの兄やその他の力を借りてがんばり//
N9007ED| 小説情報| 完結済(全3部分) | 純文学〔文芸〕
終戦の翌年、私は妻を連れて帰省した。 過去の家族とのやりとり。大事な人の死を思う。 そんな、追憶の夏。 「和モノ夏企画」参加作品です。 世界観は「蚊」と「人形」と同じです。よろしければこちらも是非お願いします。
N2328ED| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
ずっと昔、願い事を叶えてもらう為に少女は悪魔に魂を売った。現在少女の魂は物置のような部屋に置かれている。少女はつれない悪魔の訪れを待ち続けていた、そんなある日の物語。 もったいなくて傷をつけられなかった不器用な悪魔と、//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8983br

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ