ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8955CQ

バカな幼馴染が賢者として異世界に召喚されたんだが、それに巻き込まれた俺は幼馴染の尻拭いをしている

あらすじ 俺「子曰く、我十有五にして?」 
幼馴染「額をぶち壊す!」 
俺「何のだよ」

こんなバカ丸出しの幼馴染(美少女 *処女)はある日、ファンタジー異世界に勇者パーティーの賢者として召喚された……俺を巻き込んで。
勿論、こんなバカな幼馴染がまともに賢者などできるわけも無く、魔法の詠唱文を間違えまくって、あっちでドカン。こっちでドカン。周りをドンドン騒動に巻き込んでいく。
そして、そんな幼馴染といつも一緒にいる俺がその騒動達に巻き込まれないはずが無い!
――って、ちょっと待て?! 俺は一般人だぞ!?
そんな俺の心の叫びはあえなく無視され、俺は異世界で波乱の人生を送ることになってしまった……もうほんと、どうしろってんだよこれ。

――これは、異世界召喚に巻き込まれてしまったチート能力も何もない主人公が、バカで賢者な幼馴染の騒動の尻拭いに奮闘するギャグファンタジー。

……という仮面をかぶったカオスコメディー。

*基本、バカな幼馴染がボケて、主人公がツッコミを入れるか、バカな幼馴染が問題を起こして主人公がそれを収めるだけの話です。
何も考えず、頭を空っぽにして読むことをお勧めします。
また、前回の話と物語としての連続性が無い事が多々あります。
(イメージ的には『銀〇』とか『生○会の一存』とか『スペースダ○ディー』)
作者名 二十字悠
キーワード 異世界転移  コメディー バカな幼馴染 変人 剣と魔法 幼馴染は賢者 異世界召喚 巻き込まれ ハーレム(仮) 物理法則? 何それ? パロディー カオス 勇者(仮) ギャグ 亜人 シリアス一切無し
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2015年 05月07日 00時56分
最新部分掲載日 2016年 08月30日 18時28分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 33件
総合評価 68pt
ポイント評価 1pt  : 1pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 9,864文字
N2111CM| 小説情報| 連載(全106部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
一人の高校生が神の手違いによって異世界へと転生した。 転生早々調合師としての活動を始めた彼は、ある日、日本から六年前に召喚されたという勇者と出会う。そして、その中には行方不明となっていた幼馴染の少女の姿が。 幼馴染//
N6109DP| 小説情報| 連載(全3部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある日、一人の少年が突如として爆死した。 その少年は死後の世界で女神と邂逅し、己の身に宿った能力を知る。 ――超速度でHPが回復し、最大値を超えても『回復』しつづける。 そして、HPが三十万を超えると体が回復し続けたH//
N8955CQ| 小説情報| 連載(全4部分) | コメディー〔文芸〕
俺「子曰く、我十有五にして?」  幼馴染「額をぶち壊す!」  俺「何のだよ」 こんなバカ丸出しの幼馴染(美少女 *処女)はある日、ファンタジー異世界に勇者パーティーの賢者として召喚された……俺を巻き込んで。 勿論、こん//
N0495CR| 小説情報| 連載(全2部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある日、幼い少年少女三人が異世界へと召喚された。 そこで彼らは、勇者として、隣国「聖国ミコイル」に対抗してくれという「ストレア王国」国王からの願いを聞かされる。 突然与えられた強大な力。時折絡む「転生者」の存在。 それ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n8955cq

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ